人生の教科書



読み上げ動画・音声

きる勇気
30言葉

お気に入り18 読んだ
26

できないと人間
できない人間」になる
できると人間
できる人間」になる

間は、行動する前に、先に思いがあります。

歩く状態を、例に挙げます。

「歩く」という動作は、歩こうと思ってから、体が動き始めます。

思ってから、行動しているのです。

単なる日常の話と思いますが、人間性を決める、重要なポイントでもあります。

何をするにしても「できない」と思う人がいます。

できないだろうと思っているため、何をするにしても、弱気です。

やる気が乏しかったり、気合が抜けていたりしています。

物事に対して消極的になっているため、本当にできません。

「できない」と思っていると、できない人間になるのです。

 

しかし、逆もあります。

何をするにしても「できる」と思う人がいます。

できるだろうと思っているため、何をするにしても、強気です。

やる気に満ちあふれていたり、気合が入っていたりします。

物事に対して積極的になっているため、本当にできるのです。

できると思う人間が「できる人間」になるのです。

世の中には「できない人間」と「できる人間」がいます。

その本当の違いとは「できないと思う人間」と「できると思う人間」です。

できないと思う人間が「できない人間」になり、できると思う人間が「できる人間」になります。

それだけです。

思いが、行動になり、人を作るのです。

生きる勇気が出る言葉 その26

  • できると人間に、
    なる
著者:水口貴博
いきなり100パーセントの本気でなくてもいい。

もくじ
(生きる勇気が出る30の言葉)

同じカテゴリーの作品