人生の教科書



プラス思考
罪悪感も、ほどほどが大切。
生き方
こっそりしていることが、あなたの本当の好きなこと。
プラス思考
過去と未来を考えるとき、ストレスを感じる。
同棲
同棲解消で罪悪感に悩んだときの考え方とは。
緊張・あがり症
緊張している自分を責めない。
ストレス対策
ポジティブな現実逃避なら、罪悪感を持つ必要はない。
プラス思考

生きる勇気が出る
30の言葉

お気に入り5 読んだ
21

犠牲ではない。
集中しているのだ。

犠牲ではない。集中しているのだ。 | 生きる勇気が出る30の言葉

夢に向かって一生懸命になるとき、独特の罪悪感に悩むことがあります。

夢の実現には、選択と集中が必要です。

必要なことだけを選択して、徹底する必要があります。

その一方で、遊ぶ時間を犠牲にしたり、友達と出かける時間を犠牲にしたりします。

目的達成に必要な労力や時間を捻出するために、仕方ありません。

このとき、どことなく悪いことをしている気分になることがあります。

遊ぶ時間をないがしろにしたり、友達をほうっておいたりする自分が、悪い人であるかのように感じます。

夢に向かって一生懸命になっているにもかかわらず、罪悪感があるのです。

その気持ち、よく分かります。

それは起こるべくして起こることです。

「犠牲」というキーワードがよくありません。

犠牲といえば、かけがえのないものを、無慈悲に捨てているような印象があります。

もちろん意図的に捨てようとしているわけではありませんよね。

もし「犠牲」という文字が浮かんだら、別の言葉で言い換えましょう。

 

「集中」です。

 

「犠牲ではない。集中しているのだ」と考えます。

すると、胸でうずまいていた罪悪感が、すっと消えます。

考え方がポジティブになり、堂々と夢に向かえます。

響きがよくなり、考え方がポジティブになるのです。

まとめ

生きる勇気が出る言葉 その21
  • 「犠牲」ではなく
    「集中」というキーワードを使う。
決める覚悟より、捨てる覚悟。

もくじ
(生きる勇気が出る30の言葉)

同じカテゴリーの作品