人生の教科書



読み上げ動画・音声

きる勇気
30言葉

お気に入り19 読んだ
27

いきなり100パーセント本気でなくてもいい

気ですか」と尋ねられると、一瞬、答えに戸惑います。

本気だと言ってしまえば、後に引けなくなるため、ためらいます。

怖くて、なかなか本気になれないのです。

本気は「ある」と「ない」の2種類で、考えるからいけないのです。

もちろんいきなり本気になれればいいのですが、難しいこともあるでしょう。

本気に「ある」と「ない」の2種類しかないと思うのは、先入観です。

2種類とは限りません。

2種類でなくてもいいのです。

最初は「1パーセントの本気」です。

少しだけ本気になります。

1パーセントだけ本気になって行動していくうちに、調子に乗っていきます。

部屋の掃除と同じです。

最初は軽い気持ちで、1カ所だけ掃除するつもりが、少しやり始めると、調子が乗ってきます。

達成感が得られると「ついでにここも」と思います。

「もう少しだけ」と思い、だんだんボルテージが上がっていきます。

気づけば、本気になって掃除を始めているのです。

本気は最初、1パーセントでいいのです。

1パーセントの本気は、100パーセント本気の入り口です。

1パーセントが、じわりじわりと増えていき、気づけば100パーセントの本気になっているのです。

生きる勇気が出る言葉 その27

  • いきなり本気そうとするのではなく、
    1パーセントから
夢に出るまで、夢を想像すれば、必ず夢は叶う。

もくじ
(生きる勇気が出る30の言葉)

同じカテゴリーの作品