人付き合い

気が利く人になる
30の方法

9
24

思いやりのある人間社会の土台は、
気を利かせ合うこと。

思いやりのある人間社会の土台は、気を利かせ合うこと。 | 気が利く人になる30の方法

気の利く行動のためには、大前提として「余裕」が必要です。

余裕がなければ、気の利く行動をするお金も時間も体力もありません。

気の利く行動をするためには、最初のステップとして「余裕」を作ることがポイントです。

 

さて、この余裕を作るためにはどうすればいいか。

まず、知恵を振り絞らなければなりません。

大切なことを見極め、無駄を省く必要があります。

気の利く行動をするためには、どれも面倒なことばかりですね。

頭でこうすればいいとわかっていても、面倒だからやめてしまいます。

それは人間だから仕方ありません。

 

しかし、同時に、人間だからこそ、乗り越えることができるはずです。

「余裕がないからできない」というのは、考えることができる人間のする発言ではありません。

人間は、ほかの動物とは違い「深く考えること」ができますから、お金や時間がない状況でも、知恵を振り絞り余裕を作ります。

余裕を作ることで、気を利かせた行動ができるようになります。

秩序のある社会が成り立つのです。

お互いを思いやり、助け合うという気持ちがなくなれば、人間社会は崩壊します。

「ああもうダメだ」

「どうせできない」

「自分には関係ない」

誰でも簡単に言える言葉ですが、これを言っては、終わりなのです。

それ以上の向上がありません。

人としての成長が止まります。

人間だからこそ、知恵を働かせてください。

「ダメでも考える!」

「解決の糸口を見つける!」

「自分には関係なくても、行動する」

そういう立ち向かう姿勢がかっこいいのです。

気を利かせた行動をし合うという文化があるからこそ、思いやりのある人間社会が成り立ちます。

思いやりのある人間社会の土台は「気を利かせ合うこと」です。

気を利かせることで、愛を伝え、お互いの結束を伝え合うのです。

人と人とが結びついたとき、糸になります。

その糸が集まれば、束になり、縄になります。

強いつながりのある社会ができるのです。

気が利く人になる方法(24)
  • 困難があっても、人間だからこそ、知恵を振り絞る。
相手のことを考えて「まとめて一緒に」という習慣を身につけよう。

もくじ
気が利く人になる30の方法
思いやりのある人間社会の土台は、気を利かせ合うこと。 | 気が利く人になる30の方法

  1. 人に喜んでもらうために、気が利く人になろう。
    人に喜んでもらうために、気が利く人になろう。
  2. まずは、受け身が大切。
    まずは、受け身が大切。
  3. 気の利いたサービスを受けたとき、メモに残す習慣を身につける。
    気の利いたサービスを受けたとき、メモに残す習慣を身につける。
  4. ゲーム感覚でもいい。<br>相手がしてほしいことを推察しよう。
    ゲーム感覚でもいい。
    相手がしてほしいことを推察しよう。
  5. 大変そうな人を見て「大変そうですね」と話しかけるだけでいい。
    大変そうな人を見て「大変そうですね」と話しかけるだけでいい。
  6. 当たり前の言葉をかけるだけでいい。
    当たり前の言葉をかけるだけでいい。
  7. 花粉症で困っている人に、そっとティッシュを差し出す。
    花粉症で困っている人に、そっとティッシュを差し出す。
  8. 立場を交代すると、相手の気持ちがわかるようになる。
    立場を交代すると、相手の気持ちがわかるようになる。
  9. いきなり相手の立場になるのではなく、まずお手伝いから始めればいい。
    いきなり相手の立場になるのではなく、まずお手伝いから始めればいい。
  10. 気の利く人になることは、連想ゲームの達人になること。
    気の利く人になることは、連想ゲームの達人になること。
  11. むかつく人との出会いは、自分の器を大きくするチャンス。
    むかつく人との出会いは、自分の器を大きくするチャンス。
  12. 気の利く人は、誕生日前にプレゼントを贈る。
    気の利く人は、誕生日前にプレゼントを贈る。
  13. 「気が利く」とは、少し早めに行動すること。
    「気が利く」とは、少し早めに行動すること。
  14. ささいなことや情報の積み重ねが、大きな仕事の土台になる。
    ささいなことや情報の積み重ねが、大きな仕事の土台になる。
  15. 言いにくい言葉を言えるのが、本当の友達。
    言いにくい言葉を言えるのが、本当の友達。
  16. 気が利く人は、料理の取り分けを積極的にする。
    気が利く人は、料理の取り分けを積極的にする。
  17. 誰もが嫌がるエレベーターのボタンを、押す人になろう。
    誰もが嫌がるエレベーターのボタンを、押す人になろう。
  18. 手伝う人が、手伝われる。
    手伝う人が、手伝われる。
  19. 気の利かない人は、だらだら長いのがかっこいいと思っている。
    気の利かない人は、だらだら長いのがかっこいいと思っている。
  20. 店側が気を利かせて傘入れ袋を用意してくれる理由に、気づいていますか。
    店側が気を利かせて傘入れ袋を用意してくれる理由に、気づいていますか。
  21. 気の利く人は、残らないプレゼントを贈る。
    気の利く人は、残らないプレゼントを贈る。
  22. 気の利かない人は、クレームを人に言わせる。<br>気の利く人は、クレームを自分で言う。
    気の利かない人は、クレームを人に言わせる。
    気の利く人は、クレームを自分で言う。
  23. 気の利く人は、次の人のことを考える。
    気の利く人は、次の人のことを考える。
  24. 思いやりのある人間社会の土台は、気を利かせ合うこと。
    思いやりのある人間社会の土台は、気を利かせ合うこと。
  25. 相手のことを考えて「まとめて一緒に」という習慣を身につけよう。
    相手のことを考えて「まとめて一緒に」という習慣を身につけよう。
  26. 謝らないと、禁煙席に座れない?
    謝らないと、禁煙席に座れない?
  27. 気が利く人は、わざと負ける。
    気が利く人は、わざと負ける。
  28. 気を利かせて、バックアップを取っておく。
    気を利かせて、バックアップを取っておく。
  29. 気の利く人は、予備の傘を会社に置いている。
    気の利く人は、予備の傘を会社に置いている。
  30. 気を利いた行動をする人が1人いれば、どんどん増えていく。
    気を利いた行動をする人が1人いれば、どんどん増えていく。

同じカテゴリーの作品