食生活

食べる力が強くなる
30の言葉

食べる力が強くなる30の言葉

もくじ

「味わう」より「味わわせていただく」。

「味わう」より「味わわせていただく」。

私たちは味を楽しむとき「味わう」と表現します。
「肉を味わう」
「コーヒーを味わう」

食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

生まれ変わるにはどうすればいいのでしょうか。
その方法の1つが「食事マナーの向上」です。
食事マナーとはいえ侮れません。

食事をする時間を「夢の時間」と考える。

食事をする時間を「夢の時間」と考える。

食事の時間を「夢の時間」と考えてください。
「たかが食事」
「夢というほどではない」

食べ物には、人を幸せにする力がある。

食べ物には、人を幸せにする力がある。

食べ物には、素晴らしい力があります。
それは「人を幸せにする力」です。
食べ物は、腹を満たすだけのものではありません。

割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。
厄払いができたと考えよう。

割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。厄払いができたと考えよう。

割り箸がきれいに割れるとは限りません。
ちょうど真ん中で割れればベストですが、きれいに割ろうと注意してもうまくいくとは限りません。
変な割れ方をすることもあるでしょう。

食べたくないものは考えなくていい。
食べたいものだけ考えていればいい。

食べたくないものは考えなくていい。食べたいものだけ考えていればいい。

日常では、嫌いな食べ物を考えることがあるでしょう。
「レバーは食べたくない」
「ピーマンは食べたくない」

「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。

「1粒残す」と「1粒も残さない」は別物と考える。

お茶碗のご飯を食べました。
おいしくいただいて食べきりました。
「完食できた」と思いたいところですが、ちょっと待ってください。

食事をするたびに「ラッキー」と喜ぼう。

食事をするたびに「ラッキー」と喜ぼう。

食事をするたびに、感謝の気持ちを持ちましょう。
感謝の気持ちに加えて、もうひとつ感じておきたいことがあります。
食事をするたびに「ラッキーだなあ」と喜ぶようにしましょう。

雨の日に出前を頼んだら、より気持ちを込めたお礼を言おう。
「雨の中ありがとうございます」

雨の日に出前を頼んだら、より気持ちを込めたお礼を言おう。「雨の中ありがとうございます」

外出がおっくうなとき、自宅まで料理を運んでもらえる便利な手段。
それは「出前」です。
自宅でお店の料理を楽しみたいとき、出前を利用すれば実現できます。

食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。

食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。

食べられないものがあったとき、罪悪感を覚える人がいます。
「食べられないものがあるのは情けない。申し訳ない。恥ずかしい。私の欠点だ」
食べられないものがあることに悩む。

告白は、食べ物にしてもいい。

告白は、食べ物にしてもいい。

食べ物に告白したことはありますか。
ほとんどの人が「ない」と答えるはずです。
これはもったいないことです。

好きな食べ物はどんどん言いふらそう。

好きな食べ物はどんどん言いふらそう。

あなたの好きな食べ物は何ですか。
あなたの食べ物は、きちんと言いふらしましょう。
人の秘密を言いふらすのはいけませんが、自分の好きな食べ物であれば、いくら言いふらしてもOKです。

本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。
食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。

本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。

大事な本番前には、きちんと食事を取りましょう。
本番前は、不安や緊張があって食欲がないかもしれません。
食べることより準備に時間を使いたいと思うこともあるでしょう。

お食事券のプレゼントは、食体験のプレゼント。

お食事券のプレゼントは、食体験のプレゼント。

プレゼントの選択肢の1つとして「お食事券」を検討してみてください。
プレゼントといえば「品物」を贈る印象がありますが、お食事券もれっきとしたプレゼントです。
お食事券は薄くて軽い紙切れのため安っぽい印象を受けるかもしれませんが、誤解です。

割引券を使うなら、早めに使おう。

割引券を使うなら、早めに使おう。

お店のレジでお会計を済ませる際、割引券をもらうことがあります。
割引券を使うなら、早めに使いましょう。
もちろん必ず使わなければいけないものではありません。

「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。

「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。

人と食べに行くとき、相手から好みを聞かれることがあります。
たとえば、相手から「和食はどう?」と聞かれたとします。
このとき、どう答えるかです。

高級なものが贅沢な食事とは限らない。
安いものが贅沢な食事ということもある。

高級なものが贅沢な食事とは限らない。安いものが贅沢な食事ということもある。

贅沢を「値段」で決めないことです。
「贅沢な食事」と聞けば、すぐ「高級料理」を思い浮かべる人がいます。
たしかに高級レストランで高級料理をいただけば、リッチな気分を味わえ、贅沢に感じるでしょう。

ストローをかじる癖ほど見苦しいものはない。

ストローをかじる癖ほど見苦しいものはない。

ストローをかじる癖はありませんか。
ストローを飲んでいると、何気なくストローを噛んでしまう。
かちかち噛んでは、舌先でちょっと触れてみることもあるかもしれません。

大好物をイメージできますか。

大好物をイメージできますか。

突然ですが、あなたに質問です。
大好物をイメージできますか。
ぼんやりしたイメージではNGです。

チョコレートは、口の中で溶かしながら食べると、もっとおいしく味わえる。

チョコレートは、口の中で溶かしながら食べると、もっとおいしく味わえる。

チョコレートは、どんな食べ方をするかです。
普通の板チョコであれば、噛みながら食べるのが普通でしょう。
固いものは噛むもの。

食べるという行為は、生きているうちしかできない。
「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。

食べるという行為は、生きているうちしかできない。「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。

食べるという行為は、生きているうちしかできません。
当たり前のことですが、この素晴らしさに気づくことが大切です。
食べるという行為は毎日行うことであり、まったく普通で日常的なことです。

お箸の正しい持ち方ができていますか。

お箸の正しい持ち方ができていますか。

お箸の持ち方を振り返ってみてください。
正しい持ち方ができていますか。
ときどきお箸の持ち方がおかしな人がいます。

食事とは、腹を満たすだけでなく、心を満たすもの。

食事とは、腹を満たすだけでなく、心を満たすもの。

食事とは何でしょうか。
「腹を満たすもの」と思う人がほとんどでしょう。
もちろん正解です。

食べ飽きたものであっても、新鮮な感覚を取り戻すチャンスはある。

食べ飽きたものであっても、新鮮な感覚を取り戻すチャンスはある。

食の可能性は「食べ飽きたもの」にあります。
あなたには食べ飽きたものがありますか。
毎日同じものを食べていると「食べ飽きた」という状態になります。

プレゼントをもらったときの袋は、自分が使うときのために取っておこう。

プレゼントをもらったときの袋は、自分が使うときのために取っておこう。

人からプレゼントをされたとき、袋に入れてもらうことが多いでしょう。
シンプルな袋・おしゃれな袋・ブランドものの袋など、さまざまです。
もらった袋はどうしていますか。

食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。

食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。

「食べようかな」と迷うことはありませんか。
おなかがすいて何か食べようかなと思うものの、今ひとつ行動できない。
「ちょっとおなかがすいてきた。何か食べようかな。もう少し我慢できそう。どうしようかな。もう少し経ってからがいいかな」

おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。

おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。

あなたにはおいしくないと思う食べ物がありますか。
おそらく「ある」と答えるでしょう。
苦手な食べ物は誰にもであるものです。

出前のメリットは、手間暇を省けることだけではない。
ユニークな食体験を楽しめること。

出前のメリットは、手間暇を省けることだけではない。ユニークな食体験を楽しめること。

あなたは出前をよく利用するタイプですか。
それとも、ほとんど利用しないタイプですか。
「出前は割高になるから利用しない」

シンプルな食べ物の中に「美」を見いだす。

シンプルな食べ物の中に「美」を見いだす。

シンプルな食べ物の中に「美」を見いだしてください。
シンプルな食べ物には、必ず美が存在します。
シンプルな食べ物は、普段から見慣れていて、特別感はないかもしれません。

どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。

どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。

どんな食事にも、最初の一口と最後の一口があります。
最初の一口と最後の一口は、それぞれ1回しかありません。
当たり前のことと思いますが、あらためて意識しておきたいところです。

同じカテゴリーの作品