食べる力が強くなる
30の言葉

14
0

食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。

食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。 | 食べる力が強くなる30の言葉

食べられないことに罪悪感を持っていないか

食べられないものがあったとき、罪悪感を覚える人がいます。

「食べられないものがあるのは情けない。申し訳ない。恥ずかしい。私の欠点だ」

食べられないものがあることに悩む。

好き嫌いがあることを心苦しく思う。

みんなが普通に食べられるものが食べられないと「どうして私だけ食べられないのだろう」と悩むこともあるでしょう。

苦手な味という理由だけでなく、アレルギー体質の関係で食べられないこともあるはずです。

たしかに食べられないものがあるのは残念なことですが、だからといって罪悪感を覚える必要はありません。

食べられないものがあるのは仕方ありません。

生理的に受け付けないものがあるのは仕方ありません。

食べられないものは、無理に食べなくてもいい

食べられないものがあるからといって、無理に食べる必要はありません。

無理やり食べたところでストレスがたまるだけです。

むかむかしたり気分が悪くなったりして、ろくなことになりません。

嫌いなものが、ますます嫌いになってしまいます。

うっかり吐いてしまう可能性もゼロではありません。

アレルギー体質なら健康に悪影響が出て、寿命を縮めてしまいます。

生理的な反応には素直に従っておくのが賢明です。

食べられないものがあっても、食べられるものだけ食べていれば生きていけます。

工事中で通れない道は、回り道を通ればいいように、嫌いで食べられないものは、普通に避ければいいことです。

「いつか食べられるといいな」という希望は持ちたいですが、だからといって無理に食べる必要はありません。

食べられないものは、無理に食べなくてもいいのです。

マナー違反でも非常識でもありません。

仕方のないことであり、普通のことです。

人間なら誰でも苦手な食べ物があるものです。

苦手な食べ物は食べられなくて当然であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

食の神様から叱られる心配もないので安心してください。

栄養が偏る心配はない

食べられないものがあると栄養が偏りそうですが、心配は無用です。

その食べ物しか得られない栄養はありません。

食べられないものがあっても、ほかの食べ物から栄養を取ればいいことです。

世の中には無数の食べ物が存在します。

食べられる範囲でやりくりすれば、きちんとバランスよく栄養を取ることが可能です。

主食で栄養をまかなうのが難しいなら、サプリメントを頼る方法もあります。

サプリメントは、時代が生み出した「健康ツール」の1つです。

サプリメントだけで栄養を取るのは要注意ですが、あくまで補助食品として頼る分には問題ありません。

食べられないことに罪悪感を持つ必要はない

食べられないものは、ありのままの自分として受け入れましょう。

食べられないものがあっても、恥じることはありません。

「私はこれが苦手です」

「私はこれが食べられません」

はっきり言っていいのです。

それはそれで正直な自分です。

好き嫌いも、あなたのアイデンティティーの1つです。

好き嫌いは誰にでもあることですから、きちんと伝えておくほうが好都合です。

食べられないことに罪悪感を持つ必要はないのです。

食べる力が強くなる言葉(14)
  • 食べられないことに罪悪感を持たない。
好きな食べ物はどんどん言いふらそう。

食べる力が強くなる30の言葉
食べる力が強くなる30の言葉

  1. ぼうっと食べるな。<br>命をかけて食べろ。
    ぼうっと食べるな。
    命をかけて食べろ。
  2. 食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
    食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
  3. 食べたくないものは考えなくていい。<br>食べたいものだけ考えていればいい。
    食べたくないものは考えなくていい。
    食べたいものだけ考えていればいい。
  4. 食の幸せは、食べたもので決まるのではない。<br>どれだけ味わったかで決まる。
    食の幸せは、食べたもので決まるのではない。
    どれだけ味わったかで決まる。
  5. 思っていた味と違っていても、むっとしない。
    思っていた味と違っていても、むっとしない。
  6. どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
    どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
  7. 食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
    食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
  8. 食事はできるだけ食べきる。<br>ただし、無理に食べる必要はない。
    食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  9. 完食も、成功体験の1つ。
    完食も、成功体験の1つ。
  10. 生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
    生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
  11. 「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
    「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
  12. 大好物をイメージできますか。
    大好物をイメージできますか。
  13. 大好物は、連続で食べることもあっていい。
    大好物は、連続で食べることもあっていい。
  14. 食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
    食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
  15. 好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
    好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
  16. 本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。<br>食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
    本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。
    食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
  17. 初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
    初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
  18. 「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
    「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
  19. 「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
    「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
  20. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。<br>普通に食べられるかもしれない。<br>意外とおいしく感じるかもしれない。
    久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  21. 口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
    口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
  22. おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
    おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
  23. 歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。<br>二重あごを解消させよう。
    歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。
    二重あごを解消させよう。
  24. お金が理由で、食べることを諦めない。
    お金が理由で、食べることを諦めない。
  25. 口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
    口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
  26. 割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。<br>厄払いができたと考えよう。
    割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。
    厄払いができたと考えよう。
  27. おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
    おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
  28. 嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
    嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
  29. どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
    どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
  30. 食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。
    食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

同じカテゴリーの作品

4:27
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION