執筆者:水口貴博

食べる力が強くなる30の言葉

30

食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。 | 食べる力が強くなる30の言葉

生まれ変わるにはどうすればいいのでしょうか。

その方法の1つが「食事マナーの向上」です。

食事マナーとはいえ侮れません。

あなたの評価や印象につながるポイントです。

食事マナーがよくなるにつれて、あなたの評価も印象もよくなります。

「生まれ変わる」と言っていいほど、別人として見られるようになるでしょう。

大げさに思うかもしれませんが、まったく大げさではありません。

たとえば、食事マナーの悪い人といい人がいるとします。

食事マナーの悪い人は、お箸の持ち方が悪く、くちゃくちゃ音を立てて、下品な食べ方をしています。

ほとんど食事を味わうことがなく、がつがつ早食いをしています。

一方、食事マナーのいい人は、お箸の持ち方がよく、もぐもぐ音を立てて、上品な食べ方をしています。

一口一口ゆっくり食べていて、じっくり味わっています。

両者を見比べたとき、まったく違った印象を受けるでしょう。

仮に同じ人物であっても、食事マナーの違いだけで別人のように感じるはずです。

これと同じ状態が、あなたにも起こります。

食事マナーが向上すると、同じ人でも別人のように見られます。

食事マナーが向上するにつれて印象や評価も向上します。

どんどん雰囲気が洗練され、知的で教養があり、上品に見られます。

食事マナーがよくなれば、印象もよくなる

生まれ変わりたいなら、食事マナーを向上させてください。

食事マナーがよくなれば印象がよくなって、イメージアップにつながります。

「上品になったね」「大人っぽくなったね」と言われるようになり、周りの見る目が変わるでしょう。

食事マナーが一定ラインを越えれば、貴族や上流階級のような雰囲気が出るようになります。

「お坊ちゃまですか。お嬢さまですか」と言われるかもしれません。

そのくらい食事マナーはあなたの印象に関わるポイントです。

知識教養を身につけて視野を広げることも大切ですが、食事マナーを身につけて品格を向上させることも大切です。

食事マナーの本を1冊買っておく

食事マナーを身につけるには、日々の積み重ねが大切です。

書店で食事マナーに関する本を1冊買っておきましょう。

本は、基本的なレベルの本で十分です。

しっかり読み込んで、食事の場で実践しながら身につけていくといいでしょう。

読むだけでは知識で終わるだけですから、きちんと実践して体に染み込ませておくことがポイントです。

いったん慣れてしまえば、体が動きを覚え、勝手に動き始めるでしょう。

食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わります。

食べる力が強くなる言葉(30)
  • 生まれ変わるために、食事マナーを身につける。
まとめ

食べる力が強くなる30の言葉

  1. ぼうっと食べるな。
    命をかけて食べろ。
  2. 食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
  3. 食べたくないものは考えなくていい。
    食べたいものだけ考えていればいい。
  4. 食の幸せは、食べたもので決まるのではない。
    どれだけ味わったかで決まる。
  5. 思っていた味と違っていても、むっとしない。
  6. どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
  7. 食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
  8. 食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  9. 完食も、成功体験の1つ。
  10. 生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
  11. 「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
  12. 大好物をイメージできますか。
  13. 大好物は、連続で食べることもあっていい。
  14. 食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
  15. 好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
  16. 本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。
    食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
  17. 初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
  18. 「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
  19. 「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
  20. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  21. 口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
  22. おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
  23. 歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。
    二重あごを解消させよう。
  24. お金が理由で、食べることを諦めない。
  25. 口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
  26. 割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。
    厄払いができたと考えよう。
  27. おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
  28. 嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
  29. どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
  30. 食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

同じカテゴリーの作品

3:36

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION