食生活

食べる力が強くなる
30の言葉

0
16

本番前に食べないのは、
負けに行くようなもの。
食事をしないで本番に挑むことほど、
危険なことはない。

本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。 | 食べる力が強くなる30の言葉

本番前に食べないのは、負けに行くようなもの

 

大事な本番前には、きちんと食事を取りましょう。

本番前は、不安や緊張があって食欲がないかもしれません。

食べることより準備に時間を使いたいと思うこともあるでしょう。

だからといって何も食べないのはよくありません。

本番前は「おなかはすいていなから大丈夫」と思っていても、実際はわかりません。

時間が経てば、腹が減るもの。

本番前は平気であっても、本番が始まってから空腹を感じ始めることがあります。

おなかがぐうぐう鳴り始めて止まらなくなる。

本番中が始まってから腹ごしらえをするのは難しいでしょう。

本番中に食事をするわけにもいきません。

本番中は1分1秒が重要なので余計なことはできません。

空腹を感じると、思うように力を発揮できなくなります。

思考力や集中力に影響して、パフォーマンスの低下を招きます。

エネルギー不足に陥ってからでは遅い。

油断していると、本番で痛い目に遭います。

「きちんと食事を取っておくべきだった」

本番が終わって悔やむことになるでしょう。

大事な試験や重要なプレゼンでは、午前中に設定されていることがよくあります。

普段から朝食抜きの生活をしていると、本番当日も朝食抜きになることがあるため注意が必要です。

本番前に食べないのは、負けに行くようなものです。

 

 

軽食でもいいから、本番前はきちんと食事を取る

 

本番前にはきちんと食事を取りましょう。

食べたものを消化する時間もあるため、本番の2、3時間前がいいでしょう。

がっつり食べる必要はなく、普通程度で十分です。

食欲がないなら、量を少なめにすればいいでしょう。

空腹を感じなくても、軽食でもいいので、何か一口でも食べておくのが賢明です。

勝負飯を食べるのもよし。

縁起ものの1つですが侮れません。

本人が信じていれば、それだけ効力を発揮します。

信じる力は、すさまじいパワーを生み出します。

勝負飯を食べれば、腹ごしらえだけでなく、心を上向きにできます。

元気が出て、気合も入って、ベストコンディションが整うでしょう。

形だけでもいいので、試しに勝負飯を食べてみて、効果があればラッキーです。

きちんと腹ごしらえをするから、全力で本番に挑めます。

本来の実力を発揮でき、しっかり結果を出せるのです。

食べる力が強くなる言葉(16)
  • 空腹でなくても、きちんと食事を取ってから本番に挑む。
初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。

もくじ
食べる力が強くなる30の言葉
本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。 | 食べる力が強くなる30の言葉

  1. ぼうっと食べるな。<br>命をかけて食べろ。
    ぼうっと食べるな。
    命をかけて食べろ。
  2. 食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
    食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
  3. 食べたくないものは考えなくていい。<br>食べたいものだけ考えていればいい。
    食べたくないものは考えなくていい。
    食べたいものだけ考えていればいい。
  4. 食の幸せは、食べたもので決まるのではない。<br>どれだけ味わったかで決まる。
    食の幸せは、食べたもので決まるのではない。
    どれだけ味わったかで決まる。
  5. 思っていた味と違っていても、むっとしない。
    思っていた味と違っていても、むっとしない。
  6. どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
    どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
  7. 食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
    食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
  8. 食事はできるだけ食べきる。<br>ただし、無理に食べる必要はない。
    食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  9. 完食も、成功体験の1つ。
    完食も、成功体験の1つ。
  10. 生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
    生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
  11. 「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
    「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
  12. 大好物をイメージできますか。
    大好物をイメージできますか。
  13. 大好物は、連続で食べることもあっていい。
    大好物は、連続で食べることもあっていい。
  14. 食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
    食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
  15. 好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
    好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
  16. 本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。<br>食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
    本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。
    食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
  17. 初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
    初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
  18. 「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
    「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
  19. 「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
    「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
  20. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。<br>普通に食べられるかもしれない。<br>意外とおいしく感じるかもしれない。
    久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  21. 口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
    口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
  22. おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
    おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
  23. 歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。<br>二重あごの解消させよう。
    歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。
    二重あごの解消させよう。
  24. お金が理由で、食べることを諦めない。
    お金が理由で、食べることを諦めない。
  25. 口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
    口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
  26. 割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。<br>厄払いができたと考えよう。
    割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。
    厄払いができたと考えよう。
  27. おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
    おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
  28. 嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
    嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
  29. どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
    どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
  30. 食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。
    食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

同じカテゴリーの作品