食べる力が強くなる
30の言葉

24
1

お金が理由で、
食べることを諦めない。

お金が理由で、食べることを諦めない。 | 食べる力が強くなる30の言葉

お金が理由で、食べることを諦めていないか

「金欠だから」

「お金がないから」

「節約中だから」

お金が理由で食べることを諦めていませんか。

おいしそうな料理があっても、お金を理由に我慢することがあるでしょう。

たしかにお金は大切です。

お金がなければ食べることができず、生きていけません。

食費は変動費です。

節約してお金を貯めるなら、日々の食費を削るのが手っ取り早いでしょう。

食事は毎日3回することですから、本気で食費を削れば、大幅な節約効果が見込めます。

しかし、食べることは、私たち人間の3大欲求の1つです。

お金が理由で食べることを諦めると、欲求不満になります。

力をもたらす土台が不安定になります。

お金を稼ぐ本来の目的は、食べるため

あなたがお金を稼ぐ理由は何でしょうか。

「欲しいものを買うため」

「旅行に行くため」

「夢を叶えるため」

人によっていろんな理由があるでしょうが、初心を思い出してください。

お金を稼ぐ本来の目的は「食べるため」のはずです。

食べるためにお金を稼いでいるというのに、食べるのを控えていては本末転倒です。

食は、生命に直結する基本でありながら、人生の質に関わる重要ポイントでもあります。

食にお金をかけることで、生活の幸福度も上がっていく

お金が理由で、食べることを諦めないでください。

食べることは、人にとって最優先事項です。

気力・体力・精神力のすべてに影響を及ぼすものです。

食べるからやる気や元気も出て、パワーが生まれ、生き生き活動ができます。

金欠とはいえ、ゼロではないでしょう。

いつも節約のことばかり考えていると、ストレスがたまって、出る元気も出なくなります。

体は、食べたものから作られています。

いいものを食べるということは、いい体を作るということです。

食事を削ると、摂取カロリーが不足するだけでなく、栄養が不足したり栄養バランスが崩れたりして健康に悪影響を及ぼします。

日常生活だけでなく、仕事にも支障を来すようになります。

食は毎日関わること。

食にお金をかけることで、生活の幸福度も上がっていきます。

食生活を豊かにしたいなら、食にお金をかけるのが近道であり王道

お金の心配をすることはあっても、しすぎないでください。

お金がなくなったら、また稼げばいいことです。

基本に立ち返ってください。

もともと食べるためにお金を稼いでいるのですから、食にお金をかけるのは当然です。

私たちが本来お金をかけるべき対象は「食」です。

もちろんむやみにお金をかけるのはよくありませんが、ある程度のお金は食事にかけるのが正解です。

食べたいものを食べましょう。

おいしそうな料理があれば、お金の心配はしないで注文しましょう。

節約で食費を抑えつつも、たまには贅沢も必要です。

食べたいものを食べれば、満足感や達成感があって、また頑張れます。

食にお金をかけることで、生活の質だけでなく、人生の質も高まります。

食生活を豊かにしたいなら、食にお金をかけるのが近道であり王道です。

食べる力が強くなる言葉(24)
  • お金が理由で、食べることを諦めない。
口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。

食べる力が強くなる30の言葉
食べる力が強くなる30の言葉

  1. ぼうっと食べるな。<br>命をかけて食べろ。
    ぼうっと食べるな。
    命をかけて食べろ。
  2. 食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
    食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
  3. 食べたくないものは考えなくていい。<br>食べたいものだけ考えていればいい。
    食べたくないものは考えなくていい。
    食べたいものだけ考えていればいい。
  4. 食の幸せは、食べたもので決まるのではない。<br>どれだけ味わったかで決まる。
    食の幸せは、食べたもので決まるのではない。
    どれだけ味わったかで決まる。
  5. 思っていた味と違っていても、むっとしない。
    思っていた味と違っていても、むっとしない。
  6. どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
    どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
  7. 食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
    食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
  8. 食事はできるだけ食べきる。<br>ただし、無理に食べる必要はない。
    食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  9. 完食も、成功体験の1つ。
    完食も、成功体験の1つ。
  10. 生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
    生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
  11. 「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
    「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
  12. 大好物をイメージできますか。
    大好物をイメージできますか。
  13. 大好物は、連続で食べることもあっていい。
    大好物は、連続で食べることもあっていい。
  14. 食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
    食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
  15. 好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
    好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
  16. 本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。<br>食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
    本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。
    食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
  17. 初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
    初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
  18. 「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
    「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
  19. 「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
    「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
  20. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。<br>普通に食べられるかもしれない。<br>意外とおいしく感じるかもしれない。
    久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  21. 口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
    口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
  22. おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
    おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
  23. 歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。<br>二重あごを解消させよう。
    歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。
    二重あごを解消させよう。
  24. お金が理由で、食べることを諦めない。
    お金が理由で、食べることを諦めない。
  25. 口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
    口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
  26. 割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。<br>厄払いができたと考えよう。
    割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。
    厄払いができたと考えよう。
  27. おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
    おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
  28. 嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
    嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
  29. どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
    どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
  30. 食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。
    食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

同じカテゴリーの作品

4:32
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION