食生活

食べる力が強くなる
30の言葉

1
20

久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
普通に食べられるかもしれない。
意外とおいしく感じるかもしれない。

久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。普通に食べられるかもしれない。意外とおいしく感じるかもしれない。 | 食べる力が強くなる30の言葉

昔から苦手な食べ物

 

あなたには苦手な食べ物がありますか。

おそらく「ある」と答えるでしょう。

誰でも苦手な食べ物は、1つや2つあるものです。

「昔からこれが苦手で食べられない」

味・におい・食感など、生理的に受け付けなくて食べられないものがあるでしょう。

無理に食べようとすると「おえっ」と吐き気を感じます。

「食べられないものは一生食べられない」と考えがちです。

しかし、昔から苦手だからといって、ずっと続くとは限りません。

味覚や味の感じ方は年齢によって変わります。

子供のころは食べることができなかった食べ物でも、味の好みが変わったり苦手の範囲も変わったりします。

大人になると、普通に食べられるようになるのはよくあることです。

意外とおいしく感じてしまうことも珍しくありません。

 

久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう

 

久しぶりに苦手な食べ物を食べてみましょう。

最初から「どうせ食べられないに決まっている」と決めつけるのはよくありません。

味の感じ方は、一生同じとは限りません。

以前は生理的に受け付けなかった食べ物でも、年齢を重ねていくうちに感じ方が変わることはあるものです。

「ダメでもともと」の考え方でかまいません。

前回食べてから数年が経過しているなら、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

数年もあれば、食の好みは変わります。

チャレンジの1つとして、昔から苦手というものを食べてみます。

相変わらず抵抗を感じそうですが、実際はわかりません。

嫌悪感がなくなって、普通に食べられるかもしれません。

意外とおいしく感じてしまうかもしれません。

 

おいしく感じないのは「思い込み」が関係していることもあります。

いったん「嫌いな食べ物」ということを忘れ、初めてのつもりで食べてみましょう。

ちょっと難しいかもしれませんが、頭の体操のつもりでやってみてください。

 

 

普通に食べられるかもしれない

 

もし普通に食べることができればラッキーです。

普通に食べられるものが、1つ増えたことになります。

おいしく感じたなら、もっとラッキーです。

好きな食べ物が1つ増えたことになります。

食の楽しみが広がるのは幸せなことです。

嫌いな食べ物が好きな食べ物に変わるのはあり得ないことに思えますが、意外と珍しいことではありません。

「昔は嫌いだった食べ物が、いつの間にか好きな食べ物に変わった」という逆転ケースも多数存在します。

 

久しぶりに苦手なものを食べてみるのも、れっきとした冒険です。

新しい味覚との出会いを楽しめるでしょう。

食べる力が強くなる言葉(20)
  • 昔から苦手な食べ物を、久しぶりに食べてみる。
口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。

もくじ
食べる力が強くなる30の言葉
久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。普通に食べられるかもしれない。意外とおいしく感じるかもしれない。 | 食べる力が強くなる30の言葉

  1. ぼうっと食べるな。<br>命をかけて食べろ。
    ぼうっと食べるな。
    命をかけて食べろ。
  2. 食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
    食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
  3. 食べたくないものは考えなくていい。<br>食べたいものだけ考えていればいい。
    食べたくないものは考えなくていい。
    食べたいものだけ考えていればいい。
  4. 食の幸せは、食べたもので決まるのではない。<br>どれだけ味わったかで決まる。
    食の幸せは、食べたもので決まるのではない。
    どれだけ味わったかで決まる。
  5. 思っていた味と違っていても、むっとしない。
    思っていた味と違っていても、むっとしない。
  6. どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
    どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
  7. 食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
    食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
  8. 食事はできるだけ食べきる。<br>ただし、無理に食べる必要はない。
    食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  9. 完食も、成功体験の1つ。
    完食も、成功体験の1つ。
  10. 生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
    生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
  11. 「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
    「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
  12. 大好物をイメージできますか。
    大好物をイメージできますか。
  13. 大好物は、連続で食べることもあっていい。
    大好物は、連続で食べることもあっていい。
  14. 食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
    食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
  15. 好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
    好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
  16. 本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。<br>食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
    本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。
    食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
  17. 初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
    初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
  18. 「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
    「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
  19. 「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
    「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
  20. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。<br>普通に食べられるかもしれない。<br>意外とおいしく感じるかもしれない。
    久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  21. 口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
    口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
  22. おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
    おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
  23. 歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。<br>二重あごの解消させよう。
    歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。
    二重あごの解消させよう。
  24. お金が理由で、食べることを諦めない。
    お金が理由で、食べることを諦めない。
  25. 口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
    口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
  26. 割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。<br>厄払いができたと考えよう。
    割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。
    厄払いができたと考えよう。
  27. おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
    おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
  28. 嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
    嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
  29. どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
    どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
  30. 食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。
    食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

同じカテゴリーの作品