執筆者:水口貴博

食べる力が強くなる
30の言葉

13
1

大好物は、
連続で食べることもあっていい。

大好物は、連続で食べることもあっていい。 | 食べる力が強くなる30の言葉

大好物といえば「たまに食べるもの」という感じがあります。

大好物には特別感があります。

強く気持ちがこもっているためでしょうか。

「たまに食べるものであって頻繁に食べてはいけない」という考えに発展していることが少なくありません。

あるいは、頻繁に食べると飽きてしまう不安もあるのかもしれません。

もちろんたまに食べるのもいいですが、人生で食は有限です。

食の楽しみに制限を設けるのは、食の可能性を制限しているのと同じです。

大好物に制限を設けるのはもったいないことです。

つまらない思い込みを取り払ってください。

無意識に作り出した制限を取り払ってください。

もっと頭を柔らかくして、新しい食の楽しみ方を取り入れましょう。

それが「大好物を連続で食べてみる」です。

大好物は、連続で食べることもあっていい

時には大好物を連続で食べてみましょう。

2回続けて食べてみるということです。

簡単に実現できるにもかかわらず、意外と盲点になっている食生活です。

「連続で大好物を食べていいの?」と思いますが、もちろんOKです。

食事は、法律やルールで決まっているわけではありません。

自分のことなのですから、好きに決めていいのです。

大好物は、たまに1回だけ食べるより2回連続で食べるほうが特別感は増して元気が出るでしょう。

たとえば、大好物がローストビーフ丼だとします。

「昼食にローストビーフ丼。夕食にもローストビーフ丼」という設定はいかがでしょうか。

連続で食べてみると、ちょっとした非日常感を味わえるに違いありません。

一段と贅沢ぜいたくに感じて、やる気や元気もパワフルになるでしょう。

日をまたいで2回続けて食べるのもありです。

夕食にローストビーフ丼で、翌日の朝食にもローストビーフ丼です。

2回連続という特別感がある上、朝食から贅沢な食事をすることにもなるので、さらに贅沢感が高まるでしょう。

朝からスタートダッシュができるに違いありません。

罪悪感は不要

悪いことをしているような気がしますが、気のせいです。

何も悪いことはしていません。

罪悪感は不要です。

誰から叱られることもないので安心してください。

普通に大好物を連続で食べているだけです。

カロリーが心配であれば、あらかじめ量を控えめに食べればいいことです。

ローストビーフ丼なら、ご飯の量を少なめにして炭水化物を減らしておきます。

食べすぎてしまえば、食後に運動をしてカロリーを消費させればいいことです。

そう簡単に飽きることはない

「頻繁に食べると飽きやすくなる」

そんな不安もあるのかもしれませんが、さほど気にする必要はないでしょう。

大好物は特別なので、簡単に飽きることはありません。

万一飽きたとしても、別の大好物に取り組んでいけばいいだけです。

世の中には、すべてを知り尽くせないほど、たくさんの食にあふれています。

食の選択肢はたくさんあって、選ぶのが大変なくらいです。

「3回連続」というチャレンジもあっていい

あなたの食生活に「連続で大好物を食べる」という選択肢を取り入れてみてください。

余裕があれば「3回連続」というチャレンジもあっていいでしょう。

そういう食べ方も、ありです。

もちろん悪いことではないのですから、罪悪感も不要です。

食の許容範囲を広げることで、食生活が豊かになっていきます。

食べる力が強くなる言葉(13)
  • 「大好物を2回続けて食べる」という食べ方も受け入れる。
食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。

食べる力が強くなる30の言葉
食べる力が強くなる30の言葉

  1. ぼうっと食べるな。<br>命をかけて食べろ。
    ぼうっと食べるな。
    命をかけて食べろ。
  2. 食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
    食生活を豊かにするなら、エンゲル係数を上げるのが正解。
  3. 食べたくないものは考えなくていい。<br>食べたいものだけ考えていればいい。
    食べたくないものは考えなくていい。
    食べたいものだけ考えていればいい。
  4. 食の幸せは、食べたもので決まるのではない。<br>どれだけ味わったかで決まる。
    食の幸せは、食べたもので決まるのではない。
    どれだけ味わったかで決まる。
  5. 思っていた味と違っていても、むっとしない。
    思っていた味と違っていても、むっとしない。
  6. どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
    どんなにおいしい料理も、歯の痛みがあると、きちんと味わえない。
  7. 食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
    食べようか迷うくらいなら、素直に食べたほうがいい。
  8. 食事はできるだけ食べきる。<br>ただし、無理に食べる必要はない。
    食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  9. 完食も、成功体験の1つ。
    完食も、成功体験の1つ。
  10. 生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
    生ものに当たった経験があっても、嫌いにならない。
  11. 「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
    「明日もおいしいものが食べられる」という理由だけで、希望を持っていい。
  12. 大好物をイメージできますか。
    大好物をイメージできますか。
  13. 大好物は、連続で食べることもあっていい。
    大好物は、連続で食べることもあっていい。
  14. 食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
    食べられないことに罪悪感を持つ必要はない。
  15. 好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
    好きな食べ物はどんどん言いふらそう。
  16. 本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。<br>食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
    本番前に食べないのは、負けに行くようなもの。
    食事をしないで本番に挑むことほど、危険なことはない。
  17. 初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
    初めて食べるものは、似ている味を思い出せば、すぐ覚えられる。
  18. 「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
    「和食はどう?」と聞かれて「別にいいよ」と返事をしていませんか。
  19. 「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
    「しっかり食べる」と「満腹まで食べる」は似て非なるもの。
  20. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。<br>普通に食べられるかもしれない。<br>意外とおいしく感じるかもしれない。
    久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  21. 口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
    口直しだからといって、雑な食べ方になっていないか。
  22. おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
    おいしいものを食べておかないと、生きることはできても心が死んでしまう。
  23. 歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。<br>二重あごを解消させよう。
    歯ごたえのあるものを食べて、顎の筋トレをしよう。
    二重あごを解消させよう。
  24. お金が理由で、食べることを諦めない。
    お金が理由で、食べることを諦めない。
  25. 口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
    口に合わないものを食べてしまったら、おいしいもので口直しをしよう。
  26. 割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。<br>厄払いができたと考えよう。
    割り箸が変な割れ方をしても、むっとしない。
    厄払いができたと考えよう。
  27. おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
    おいしくないものをおいしく食べるようになるのが、人生の醍醐味。
  28. 嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
    嫌いな食べ物がたくさんあるからといって、その人に欠陥があるわけではない。
  29. どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
    どんな食事にも、最初の一口と最後の一口がある。
  30. 食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。
    食事マナーが向上するだけで、あなたは生まれ変わる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION