執筆者:水口貴博

おいしく楽しく外食をする30の方法

30

外食の理由は何でもいい。「今週はまだ外食をしていない」という理由で出かけよう。

外食の理由は何でもいい。「今週はまだ外食をしていない」という理由で出かけよう。 | おいしく楽しく外食をする30の方法

あなたが外食するときといえば、どんなときでしょうか。

  • お祝いのとき
  • 週末に家族がそろったとき
  • 友人から「行ってみよう」と誘われたとき
  • 街で偶然おいしそうなレストランを見つけたとき

単に料理を作るのが面倒なときもあるでしょう。

外食はちょっとお金がかかります。

出費があるので、ちょっと特別なときに向かうことが多いのではないでしょうか。

特に節約しているときは、なおさら外食が遠のくはずです。

もちろん理由があるのもいいのですが、逆に言うと、理由がなければ行かないことになります。

外食する理由は何でもいいのです。

堅苦しい考えは不要です。

きちんとした理由である必要はなく、何でもない理由でかまいません。

そこであなたにおすすめの理由をご紹介します。

「今週はまだ外食をしていない」

これでいいのです。

今週、外食をしましたか

最後に外食をしたのは、いつですか。

今週、外食をしましたか。

「今週」とは、日曜日から土曜日までの7日間を指します。

土曜が終われば、新しい1週間の始まりです。

今週まだ外食をしていないなら、さっそく食べに出かけましょう。

行きつけのレストランでもよし。

初めてのレストランでもよし。

新しくできたばかりのレストランにチャレンジしてみるのもOK。

高級レストランである必要はなく、カジュアルレストランで十分です。

あまりおなかがすいていないなら、軽食を楽しむだけでもかまいません。

自然に機会が来るのを待つのではなく、自分から機会を作る

人生で食事をする回数は有限です。

食事をする回数は限られますが、外食をする回数はさらに限られます。

自然に機会が来るのを待つのではなく、自分から機会を作ることが大切です。

週に1回くらいは外食をしてもバチは当たりません。

むしろ週に1回くらいは外食をしたほうが、積極的な生き方につながります。

理由ができるのを待っていたら、節約はできても行く機会が減ってしまいます。

外食を楽しむ機会はどんどん作っておくものです。

積極的に機会を作って、1回でも外食を楽しむ機会を作ろうではありませんか。

理由があって外食をするのもいいですが、理由がなくて外食するのもOKです。

外食に大きな理由は必要ない

外食をすると、ちょっと贅沢ぜいたくな料理を楽しめるでしょう。

自分ではなかなか作れない料理も、外食なら簡単に楽しめます。

毎日外食するのは経済的に厳しくても、週に1回くらいなら難しくないでしょう。

リッチな気分になれるだけでなく、気分転換・ストレス発散・健康への投資にもなります。

たまには贅沢な料理を楽しんでおけば、満たされた気持ちになります。

心がポジティブな状態を保て、精神的にも安定します。

外食に大きな理由は必要ありません。

「今週はまだ外食をしていないね。よし、食べに出かけよう!」

これでいいのです。

おいしく楽しく外食をする方法(30)
  • 「今週はまだ外食をしていない」という理由で、外食に行く。
まとめ

おいしく楽しく外食をする30の方法

  1. 外食には、人生を変える力がある。
  2. いい外食をしようと思ったら、自分が何を求めているのか理解しておくことが大切。
  3. お店に行くときは、車より徒歩を選ぶ。
    少しでも歩く距離を伸ばしておなかをすかせよう。
  4. 食べたいものを食べるために、遠くまで出かけることもあっていい。
  5. きちんとした服に着替えてからレストランに行くと、よりおいしくいただける。
  6. 店内に入ったら、まず雰囲気を楽しもう。
    店内の雰囲気も、1つの芸術作品。
  7. 無料でいただける水もお茶も、店側にとっては有料。
    外食の1つとしておいしくありがたくいただく。
  8. 外食のときくらい、わがままになっていい。
  9. 食の楽しみは、メニューを選ぶところから始まっている。
  10. どちらもおいしそうと思ったものは、どちらを選んでも正解。
  11. 普段なら絶対注文しないものを注文するだけで、チャレンジしたことになる。
  12. 食後のデザートがあるなら、食前のデザートがあってもいいはずだ。
  13. 料理を注文したら、ぼうっと待つのではない。
    わくわくしながら待つのだ。
  14. 「おすすめは何ですか」を聞くと、新しい出会いが待っている。
  15. 完売で断られてもいらいらしない。
    次の楽しみができたと思えばいい。
  16. 「おいしいですか」という聞き方は、相手を困らせる質問。
  17. どんな料理かわからないときは、店員さんにきちんと聞く。
  18. にこにこしながら食事をするだけで、お店の雰囲気作りに貢献できる。
  19. レストランで「ハッピーバースデー」の歌声が聞こえてきたときのマナー。
  20. 季節限定メニューは、今期しか楽しめない。
    「また今度」と思っているうちに販売が終了する。
  21. 食べる前に、どんな味かイメージしてみよう。
    クイズの答え合わせをする感覚で食べてみよう。
  22. 本当に外食を楽しみたいなら、おごってもらうより身銭を切るほうがいい。
  23. テーブルに置かれたキャンドルは、じっと見つめるもの。
    あなたを幻想の世界にいざなってくれる。
  24. 相手の食べ残しは、あなたが代わりに食べてもいい。
  25. タイミングによって味が変わることも、外食の面白さ。
  26. 期待外れのお店であっても、悪口は言わない。
  27. 当たりのお店のときは、遠慮なく、たっぷり褒めていい。
  28. 食べきれないときは、残すよりテイクアウト。
  29. 第一印象の悪いレストランでも、もう一度楽しんでみる。
  30. 外食の理由は何でもいい。
    「今週はまだ外食をしていない」という理由で出かけよう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION