執筆者:水口貴博

おいしく楽しく外食をする30の方法

11

普段なら絶対注文しないものを注文するだけで、チャレンジしたことになる。

普段なら絶対注文しないものを注文するだけで、チャレンジしたことになる。 | おいしく楽しく外食をする30の方法

「チャレンジをする」

そう聞いたとき、どんな取り組みを浮かべるでしょうか。

チャレンジというくらいですから、リスクがあって難しく大変なことに取り組むイメージを浮かべるかもしれません。

もちろんそうした取り組みもチャレンジですが、もっと肩の力を抜いて考えてください。

もっと身近なところにシンプルなチャレンジがあります。

それは、お店で料理を注文することです。

それくらいなら簡単と思うかもしれませんが、ここがポイントです。

普通に食べたいものを注文するのではありません。

普段なら絶対注文しないものを注文するのです。

普段なら絶対注文しないものを注文する

お店に入ってメニューを見たとき、普段なら絶対注文しないものがあるでしょう。

  • おいしくなさそうなもの
  • まったく好みでないもの
  • 見た目が受け付けないもの

普段なら確実に避けている料理があるはずです。

それを注文してみましょう。

普段なら絶対注文しないものを注文するだけでいいのです。

「こんなのは怖い」「どんな味かわからない」と思いますが、だからチャレンジです。

「絶対」という点が重要です。

「たまに注文する」「一度だけ注文したことがある」ではダメです。

過去に食べた経験があるものは2回目になるため、チャレンジをしたことにはなりません。

「普段なら絶対注文しないもの」という点を意識しながら、注文してみましょう。

騙されたつもりで注文してみてください。

「ものは試し」「怖いもの見たさ」のつもりでもかまいません。

仕方なく注文するのではなく、あくまで第一希望として注文することが大切です。

これだけでいいのです。

これだけで、チャレンジしたことになります。

「どんな味かな」とどきどきしますが、だからいいのです。

「おいしくないかもしれない」「涙目になるかもしれない」「食べきれず残してしまうかもしれない」というリスクがあります。

きちんと身銭を切っていて、経済的な負担もあります。

一定のリスクを負っていることになるので、十分なチャレンジとしてカウントできます。

ぜひ、新しい料理を開拓してください。

新しいお店の開拓があるなら、新しい料理の開拓もあっていいはずです。

どんな味かは、食べてからのお楽しみ

食べてみると、意外な発見をすることがあります。

見た目はよくないのに、食べてみると意外とおいしいかもしれません。

味と見た目が一致しないのは日常茶飯事。

食わず嫌いはよくありません。

試しに食べてみると意外とおいしくて、はまってしまう可能性もゼロではありません。

イメージのとおりか、そうでないかは、食べてからのお楽しみです。

普段なら絶対注文しないものを注文するだけで、あなたは勇者です。

リスクを取って、チャレンジしたことになります。

おいしく楽しく外食をする方法(11)
  • 普段なら絶対注文しないものを注文して、チャレンジの数を増やす。
食後のデザートがあるなら、食前のデザートがあってもいいはずだ。

おいしく楽しく外食をする30の方法

  1. 外食には、人生を変える力がある。
  2. いい外食をしようと思ったら、自分が何を求めているのか理解しておくことが大切。
  3. お店に行くときは、車より徒歩を選ぶ。
    少しでも歩く距離を伸ばしておなかをすかせよう。
  4. 食べたいものを食べるために、遠くまで出かけることもあっていい。
  5. きちんとした服に着替えてからレストランに行くと、よりおいしくいただける。
  6. 店内に入ったら、まず雰囲気を楽しもう。
    店内の雰囲気も、1つの芸術作品。
  7. 無料でいただける水もお茶も、店側にとっては有料。
    外食の1つとしておいしくありがたくいただく。
  8. 外食のときくらい、わがままになっていい。
  9. 食の楽しみは、メニューを選ぶところから始まっている。
  10. どちらもおいしそうと思ったものは、どちらを選んでも正解。
  11. 普段なら絶対注文しないものを注文するだけで、チャレンジしたことになる。
  12. 食後のデザートがあるなら、食前のデザートがあってもいいはずだ。
  13. 料理を注文したら、ぼうっと待つのではない。
    わくわくしながら待つのだ。
  14. 「おすすめは何ですか」を聞くと、新しい出会いが待っている。
  15. 完売で断られてもいらいらしない。
    次の楽しみができたと思えばいい。
  16. 「おいしいですか」という聞き方は、相手を困らせる質問。
  17. どんな料理かわからないときは、店員さんにきちんと聞く。
  18. にこにこしながら食事をするだけで、お店の雰囲気作りに貢献できる。
  19. レストランで「ハッピーバースデー」の歌声が聞こえてきたときのマナー。
  20. 季節限定メニューは、今期しか楽しめない。
    「また今度」と思っているうちに販売が終了する。
  21. 食べる前に、どんな味かイメージしてみよう。
    クイズの答え合わせをする感覚で食べてみよう。
  22. 本当に外食を楽しみたいなら、おごってもらうより身銭を切るほうがいい。
  23. テーブルに置かれたキャンドルは、じっと見つめるもの。
    あなたを幻想の世界にいざなってくれる。
  24. 相手の食べ残しは、あなたが代わりに食べてもいい。
  25. タイミングによって味が変わることも、外食の面白さ。
  26. 期待外れのお店であっても、悪口は言わない。
  27. 当たりのお店のときは、遠慮なく、たっぷり褒めていい。
  28. 食べきれないときは、残すよりテイクアウト。
  29. 第一印象の悪いレストランでも、もう一度楽しんでみる。
  30. 外食の理由は何でもいい。
    「今週はまだ外食をしていない」という理由で出かけよう。

同じカテゴリーの作品

3:55

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION