食生活

食の感動を増やす
30の言葉

1
3

外食には、
人生を変える力がある。

外食には、人生を変える力がある。 | 食の感動を増やす30の言葉

外食の価値をもっと高く評価したい

 

外食には、人生を変える力があります。

「人生を変える力」と聞くと大げさに思うかもしれませんが、大げさではありません。

たとえば、次のような経験はありませんか。

  • 落ち込んでいるとき、おいしい料理を食べたら元気が出てきた
  • ストレスをためているとき、外食でおいしい料理を味わってリフレッシュができた
  • 悩み事を抱えているとき、カフェでリラックスしていると、急に解決策がひらめいた
  • 日常にマンネリを感じていたとき、新作の料理を食べて、新鮮な刺激を感じた
  • 友人と居心地のいいカフェでおしゃべりを楽しんで、友人との絆が深まった
  • 大切な記念日に、大切な人とリッチなレストランで特別な時間を過ごして、いい思い出ができた
  • 高級レストランで素晴らしい接客サービスを学び、その後の人生に生かされた

「たしかにそういうこともあったかもしれない」

心当たりがあれば、その素晴らしい恩恵に気づいてください。

知らず知らずのうちにあなたは外食から助けられています。

外食は、私たちの日常に溶け込んでいることのため恩恵が見過ごされやすい。

あらためて振り返ると、知らず知らずのうちに外食から多大な恩恵を得ていることに気づくはずです。

まず外食から恩恵を受けていることに気づくことが大切です。

 

 

外食は、縁の下の力持ちの存在

 

外食とは何か。

いわば、縁の下の力持ちの存在です。

普段はあまり意識しませんが、いつの間にかあなたの人生に影響を与えている存在です。

「たかが外食」と侮ってはいけません。

外食は私たちの日常に溶け込んでいる存在ですが、人生にプラスの影響を与えています。

腹だけでなく心も満たす力があって助けられています。

おいしい味に癒やされたり、素晴らしい料理に感動したりします。

気分転換になったり、心が軽くなったり、思い出になったりします。

アイデアのヒントが得られたり、生きる力をもらったりしています。

なんて素晴らしいことなのでしょうか。

外食の助けによって、あなたはたくさんの恩恵を受け取っています。

縁の下の力持ちのため、普段外食を意識することは少ないかもしれませんが、確実のあなたの人生にプラスの影響を与えています。

 

いま一度、外食に感謝しましょう。

もっと外食の価値を高く評価してください。

外食は人生のパートナーです。

外食には、人生を変える力があるのです。

食の感動を増やす言葉(3)
  • 外食の価値を再認識する。
新しいお店は「いつもと違った道」にある。

もくじ
食の感動を増やす30の言葉
外食には、人生を変える力がある。 | 食の感動を増やす30の言葉

  1. いい外食をしようと思ったら、自分が何を求めているのか理解しておくことが大切。
    いい外食をしようと思ったら、自分が何を求めているのか理解しておくことが大切。
  2. 「今度行ってみよう」と思ったお店に行ってみよう。
    「今度行ってみよう」と思ったお店に行ってみよう。
  3. 外食には、人生を変える力がある。
    外食には、人生を変える力がある。
  4. 新しいお店は「いつもと違った道」にある。
    新しいお店は「いつもと違った道」にある。
  5. 食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。<br>食費にお金をかけることは、自分のため。
    食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。
    食費にお金をかけることは、自分のため。
  6. 「ラストオーダーです」と言われても焦らない。
    「ラストオーダーです」と言われても焦らない。
  7. にこにこしながら食事をするだけで、お店の雰囲気作りに貢献できる。
    にこにこしながら食事をするだけで、お店の雰囲気作りに貢献できる。
  8. 下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。
    下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。
  9. どれだけ最悪の外食でも、よかったところが1つくらいあるはずだ。
    どれだけ最悪の外食でも、よかったところが1つくらいあるはずだ。
  10. まずくても、いらいらしない。<br>「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。
    まずくても、いらいらしない。
    「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。
  11. 店内に入ったら、まず雰囲気を楽しもう。<br>店内の雰囲気も、1つの芸術作品。
    店内に入ったら、まず雰囲気を楽しもう。
    店内の雰囲気も、1つの芸術作品。
  12. 今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。
    今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。
  13. あなたには「勝負飯」がありますか。
    あなたには「勝負飯」がありますか。
  14. 料理を注文したら、ぼうっと待つのではない。<br>わくわくしながら待つのだ。
    料理を注文したら、ぼうっと待つのではない。
    わくわくしながら待つのだ。
  15. どちらもおいしそうと思ったものは、どちらを選んでも正解。
    どちらもおいしそうと思ったものは、どちらを選んでも正解。
  16. どんな料理かわからないときは、店員さんにきちんと聞く。
    どんな料理かわからないときは、店員さんにきちんと聞く。
  17. 予約ができるお店なら、きちんと予約をしていく。<br>当日であっても、できるだけ予約していくほうがいい。
    予約ができるお店なら、きちんと予約をしていく。
    当日であっても、できるだけ予約していくほうがいい。
  18. 新しい料理との出会いは、行きつけのお店にある。
    新しい料理との出会いは、行きつけのお店にある。
  19. 人気店・有名店を否定しない。
    人気店・有名店を否定しない。
  20. フォーマルなレストランでは、料理に調味料を加えないのがマナー。
    フォーマルなレストランでは、料理に調味料を加えないのがマナー。
  21. まずい食べ物にも感謝しよう。<br>すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
    まずい食べ物にも感謝しよう。
    すべてがおいしければ、それはそれで味気ない世界。
  22. 「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。
    「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。
  23. 完売で断られてもいらいらしない。<br>次の楽しみができたと思えばいい。
    完売で断られてもいらいらしない。
    次の楽しみができたと思えばいい。
  24. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  25. お店は今日もあなたを呼んでいる。<br>「おいで、おいで」という声に気づこう。
    お店は今日もあなたを呼んでいる。
    「おいで、おいで」という声に気づこう。
  26. おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。
    おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。
  27. クローシュは、自分で開けないのがマナー。<br>お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。
    クローシュは、自分で開けないのがマナー。
    お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。
  28. 「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。
    「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。
  29. 食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。
    食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。
  30. 幸せな人は、おいしさの幅が広い。
    幸せな人は、おいしさの幅が広い。

同じカテゴリーの作品