アイデアを出す
30の方法

24
3

1つのアイデアには、
100万円の価値がある。

1つのアイデアには、100万円の価値がある。 | アイデアを出す30の方法

ひらめいたアイデアを生かすためには、書き留める習慣が大切です。

常にペンとメモ帳を持参しておき、アイデアが浮かんだら書き留めます。

きれいな字を意識する必要はありません。

汚い字でもいいので、1分1秒でも早く書き留めることが大切です。

アイデアは流れ星のように、突然現れては、すぐ消えてしまいます。

忘れないうちに書き留めることで、貴重なアイデアを文字として残せ、生かせるようになります。

しかし「アイデアを書き留める」と言うのは簡単ですが、これがなかなか難しい。

頭では「書き留めたほうがいい」とわかっていても、少し手間暇がかかるため、面倒な気持ちが出てきます。

「たまにはメモをサボってもいいよね」

「小さなアイデアだから、メモしなくてもいいだろう」

油断の心が生まれ、書き留める習慣をサボってしまう。

本来アイデアは価値のあるものですが、まだきちんとした形になっていないため、価値が感じられにくい。

雲のようにぼんやりとしていて、存在感が曖昧です。

そのため、つい油断の心が生まれるのです。

もしアイデアを書き留めるのがおっくうでサボりそうになれば、こう考えてください。

「1つのアイデアに、100万円の価値がある」と。

アイデアに「100万円」という値札をつけてみましょう。

アイデアに具体的な金額がつくことで、価値が実感しやすくなり、書き留めるモチベーションが高くなるでしょう。

「今すぐ書き留めておかないと損をする!」と思うでしょう。

もちろん金額の大小はアイデアの内容によりますが、少なくとも経済的価値があるのは事実。

アイデアに「100万円」という値札をつけることで、無駄にできない気持ちが強くなるはずです。

実際、1つのアイデアが100万円に化けるのは十分あり得る話です。

アイデアを形にして、商品化・サービス化まで具体化させ、世の中にインパクトを与えれば、100万円の価値になるでしょう。

むしろ100万円を超える価値を生むことも夢ではありません。

大きなアイデアはもちろん、小さなアイデアも書き留めるようにしましょう。

ひらめいたとき、無駄なアイデアと感じても、後から有効に変わる可能性もあります。

アイデアに無駄は1つもありません。

無駄に感じるのは、まだ具体的な形になっていないからです。

まだ具体的な形になっていなくても、大化けする可能性があります。

小さなひらめきから大きなひらめきまで、頭に浮かんだインスピレーションは、すべて書き留めるつもりになりましょう。

「1つのアイデアには、100万円の価値がある」と考えれば、何が何でも書き留めたくなります。

アイデアを出す方法(24)
  • 「1つのアイデアには、100万円の価値がある」と考えて、書き留めるモチベーションを上げる。
アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。

アイデアを出す30の方法
アイデアを出す30の方法

  1. 「なんとなく」でアイデアは出ない。<br>アイデアを出すには、方法論がある。
    「なんとなく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、方法論がある。
  2. アイデアに、センスや才能は必要ない。<br>必要なのは、方法と努力。
    アイデアに、センスや才能は必要ない。
    必要なのは、方法と努力。
  3. アイデアとは何か。
    アイデアとは何か。
  4. アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
    アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
  5. アイデアを出す第1段階は、資料集め。
    アイデアを出す第1段階は、資料集め。
  6. アイデア発想には、基本の5段階がある。
    アイデア発想には、基本の5段階がある。
  7. アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
    アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
  8. 常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
    常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
  9. アイデアには、好奇心と遊び心が必要。<br>ばかになって考えよう。
    アイデアには、好奇心と遊び心が必要。
    ばかになって考えよう。
  10. 「変わり者」と言われることを恐れるな。
    「変わり者」と言われることを恐れるな。
  11. 逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
    逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
  12. アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。<br>常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
    アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
    常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
  13. 最初から根拠を考えない。<br>根拠は後から考えよう。
    最初から根拠を考えない。
    根拠は後から考えよう。
  14. インターネットに依存した情報収集には要注意。
    インターネットに依存した情報収集には要注意。
  15. 部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。<br>本当のヒントは、外にある。
    部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。
    本当のヒントは、外にある。
  16. 明確な目標を決めておこう。<br>カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
    明確な目標を決めておこう。
    カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
  17. 何でもヒントにする。<br>何でもヒントになる。
    何でもヒントにする。
    何でもヒントになる。
  18. ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
    ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
  19. 制約は、アイデア発想の起爆剤。
    制約は、アイデア発想の起爆剤。
  20. アイデアを探すなら、熟読の必要はない。<br>見出しやまとめを読むだけで十分。
    アイデアを探すなら、熟読の必要はない。
    見出しやまとめを読むだけで十分。
  21. アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
    アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
  22. 気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
    気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
  23. 小さなひらめきを軽視しない。
    小さなひらめきを軽視しない。
  24. 1つのアイデアには、100万円の価値がある。
    1つのアイデアには、100万円の価値がある。
  25. アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
    アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
  26. 最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
    最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
  27. 自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
    自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
  28. アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
    アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
  29. アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
    アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
  30. アイデアは、実行してこそ意味がある。
    アイデアは、実行してこそ意味がある。

同じカテゴリーの作品

3:26
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION