心の健康

人生の幸福感を高める
30の方法

読んだ お気に入り2
8

靴は、
あなたと地面の仲介役。
たまには靴の労をねぎらおう。

靴は、あなたと地面の仲介役。たまには靴の労をねぎらおう。 | 人生の幸福感を高める30の方法

たまには靴の労をねぎらいましょう。

毎日あなたに踏まれている靴は、文句の1つも言わず、一生懸命仕事をしています。

夏は熱い地面に耐え、冬は冷たい地面に耐えています。

雨の日であっても、濡れながら頑張っています。

靴は、あなたと地面の仲介役です。

あなたと地面が直接接すると摩擦が大きいので、靴が仲介役になり、摩擦を和らげています。

地面に金属片やガラス片が落ちていても、スムーズに歩けます。

おかげで、足にけがをしないで済んでいます。

靴の履き心地が快適なのは、それだけ靴がしっかり仕事をしている証拠です。

靴は、履けば履くほど、足になじむのが特徴です。

靴があなたに合わせてくれているのです。

少しでも足の違和感やストレスを減らそうと、靴は自分の身を削りながら使命を全うしようとしています。

靴は、私たちの一番下にあるので目立ちにくいですが、靴がなかったら外出が難しくなり、生活に不便が生じます。

靴のおかげで、今日も快適に歩けます。

なぜ靴磨きをするのか。

それは、毎日頑張っている靴の労をねぎらうためです。

靴は、あなたのために毎日黙々と頑張っているのですから、あなたもたまには靴のために頑張りましょう。

定期的に靴の手入れをするだけでいいのです。

ビジネス向けの革靴だけではありません。

スニーカー・パンプス・ブーツ・ハイヒール・サンダルなど、靴ならすべて対象です。

ほこりや汚れがあるなら、ティッシュで拭き取る。

革靴なら、ブラシとクリーナーを使って、きちんと磨く。

靴を手入れすれば、再び輝きを取り戻し、靴も喜びます。

「いつもありがとう」と感謝しながら手入れをすれば、ますます靴も喜ぶでしょう。

靴の洗濯も、定期的に行うことが大切です。

洋服の洗濯をすることはあっても、靴の洗濯を見落としている人は多いのではないでしょうか。

靴は、使用頻度が高いのですから、部屋より汚れやすいと考えてください。

靴がにおい始めたら、洗濯のサインです。

靴は一般の洗濯機でも洗えますが、靴が洗えるコインランドリーもあるので、近場にあれば検討してみてください。

自分で洗濯するのが手間なら、クリーニング店でも対応しているので、相談してみるといいでしょう。

靴の手入れに時間やお金がかかっても、毎日頑張っている靴の労に比べれば、大したことはありません。

きちんと靴を手入れすると長持ちするので、結果として節約につながり経済的です。

靴がきれいになれば、外を歩きたくなる気分にもなります。

靴に感謝をするあなたは、靴からも感謝されます。

まとめ

人生の幸福感を高める方法 その8
  • 靴に感謝して、定期的に手入れをする。
早起きがつらいのは、就寝時間が遅いから。
睡眠時間が短ければ、早起きがつらくて当然。

もくじ
人生の幸福感を高める30の方法
靴は、あなたと地面の仲介役。たまには靴の労をねぎらおう。 | 人生の幸福感を高める30の方法

  1. 朝、眠りから目覚めることができただけで、すでに幸せ。
  2. 達成感を得るチャンスは身近にある。
    食事を完食するだけでいい。
  3. 今日は、一番お気に入りの服を着て出かけよう。
  4. 自覚の嘘は怖い。
    無自覚の嘘は、もっと怖い。
  5. 夕方以降の電話には要注意。
    仲良くなりたい人とは、日中に電話をしよう。
  6. 「自分にも責任があるのではないか」と振り返る人に、悪い人はいない。
  7. 結論のあるコミュニケーションもいい。
    結論のないコミュニケーションもいい。
  8. 靴は、あなたと地面の仲介役。
    たまには靴の労をねぎらおう。
  9. 早起きがつらいのは、就寝時間が遅いから。
    睡眠時間が短ければ、早起きがつらくて当然。
  10. ベストタイミングは、すでに決められていることではなく、自分が決めていくもの。
  11. 満足の基準は、上げるのではなく下げるのが、幸せの近道。
  12. 失敗の多い人生でも、何もない人生に比べれば、はるかに幸せ。
  13. 上司の厳しさは、期待の裏返し。
  14. 爪の手入れも、自己管理の一環。
  15. あなたはもっと時間が増せる。
    しなくてもいい仕事をやめるだけでいい。
  16. 決まり文句に一言付け加えるだけで、日常が豊かになる。
  17. イメージチェンジは、自分らしくない服を買ってこそ意味がある。
  18. 海には、表情がある。
  19. 見ることができるだけで、十分幸せなこと。
  20. 第三者の褒め言葉は伝えるためにある。
    ウィンザー効果を活用しよう。
  21. プレッシャーを与えている本当の犯人は、自分。
  22. 冷たい飲み物も温かい飲み物も、1秒ごとに味わいが変わっている。
  23. 「私も同じ考え、同じ気持ち」と言うだけでも、話のネタになる。
  24. 忙しい日常もいい。
    暇な日常もいい。
  25. 人を喜ばせる趣味を持とう。
    相手も自分も幸せにできる。
  26. 日付は日記の代わりになる。
    日付を付けるだけで、日記を書いたことになる。
  27. 「最悪」と騒いでいるなら、まだ最悪ではない。
  28. 感動して大泣きできる経験は、人生最高の贅沢。
  29. 文句ばかり言う人こそ、陰で文句を言われる。
  30. 価値観が同じなのもいい。
    価値観が違うのもいい。
    出会いはすべて素晴らしい。

同じカテゴリーの作品