人生の教科書



同棲
同棲の生活費が足りない場合、どう補うか。
同棲
同棲中に見栄を張ると、結婚が遠のく。
同棲
お金のゆとりは、心のゆとり。
同棲
同棲に疲れたら、きちんと原因を見極める。
同棲
2人で丁寧に決めたルールであっても、時には見直しも必要。
同棲
家事や生活費は、男性が多めに負担しておくとよい。
同棲

同棲のお金と生活費を考える
30のポイント

お気に入り0 読んだ
3

同棲で一番大切なルールは、
お金。

同棲で一番大切なルールは、お金。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

同棲を始めるときには、多くのルールを決めるでしょう。

家事の基本的なルールから始まり、生活に関することを一つ一つ決めていくはずです。

適度なルールは、2人の負担やストレスを減らす効果があります。

2人が快適に暮らすために、あらかじめルールを決めておくことが大切です。

 

では、同棲で決めるルールの中で一番大切なのは何でしょうか。

お金のルールなのです。

同棲を始めるなら、お金の管理についてしっかり話し合って決めておきましょう。

家賃・食費・水道光熱費・通信費。

生活費は、どう分担するか。

折半なのか、一方が全額負担なのか。

貯金のルールも忘れてはなりません。

お金の話はデリケートなので、話し合いにくいかもしれません。

 

しかし、お金は2人の生活に直結する問題です。

離婚の原因の上位に「金銭トラブル」があるように、同棲解消の原因の上位も「金銭トラブル」があります。

お金は、金額が小さくても、トラブルを招きやすい特徴があります。

お金のルールが曖昧になっていると、後からトラブルに発展する可能性があります。

お金のトラブルは、どんなに仲のいい2人でも、簡単に引き裂く力があります。

仲むつまじいカップルが、お金のトラブルのせいで壊れた事例は数多くあります。

2人の仕事が違うなら収入も違うでしょう。

「こうしなければいけない」というルールはなく、2人で相談しながら決めることが大切です。

借金があるなら、同棲中にパートナーに伝えておくといいでしょう。

自分の未熟と汚点をさらすようで恥ずかしいかもしれませんが、極めて重要です。

自分の問題であっても、結婚すれば、いずれ2人の問題になるからです。

金額によっては「聞いていない」「知らなかった」では済まされない場合もあります。

お金はデリケートなテーマ。

だからこそ、きちんと話し合ってルールを決めておきましょう。

まとめ

同棲のお金と生活費を考えるポイント その3
  • お金のルールは、
    曖昧にせず、
    しっかり話し合って決めておく。
お金の価値観は、必須の確認事項。

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品