人生の教科書



失恋・別れ

失恋から立ち直れないときの
30の言葉

お気に入り3 読んだ
19

その人に恋をしているのか。
思い出に恋をしているだけではないのか。

その人に恋をしているのか。思い出に恋をしているだけではないのか。 | 失恋から立ち直れないときの30の言葉

失恋から立ち直れないのは、ちょっとした勘違いが原因かもしれません。

それは、思い出への恋です。

こんな言葉を自分に問いかけてみてください。

  • 「その人に恋をしているのか。思い出に恋をしているだけではないのか」

心当たりがあれば、あなたが恋をしているのは「別れた人」ではなく「思い出」である可能性があります。

 

たとえば、別れた人とのデートを思い出したとき、どきどきしたとします。

このとき、どきどきしている対象を注意深く確認してください。

 

「相手にどきどきしているのか、デートそのものにどきどきしているのか」です。

 

あらためて振り返ってみると、別れた人ではなく、思い出に恋をしていることに気づくことがあります。

 

たしかに楽しかった思い出は、思い出すと心地いい。

「またあのときに戻ってほしい」と思ってしまうでしょう。

 

しかし、あくまで恋をしているのは思い出であり、その人ではありません。

恋をしている対象が、別れた人なら復縁する方法もありですが、思い出なら復縁はやめたほうがいい。

勘違いに気づかないまま苦しみ続けるのは、時間と体力を無駄にします。

もし思い出に恋をしている誤解に気づけば、自分に鞭を打ち、未練を断ち切ることです。

勘違いに気づけば、失恋の苦しさも立ち直りやすくなります。

早く現実に戻り、自分らしい道を歩むことです。

思い出なら、別の人とでも作れます。

まとめ

失恋から立ち直れないときの言葉 その19
  • 「恋をしているのは、
    別れた人ではなく、
    思い出でないか」と自問してみる。
「失恋が少し長引いているだけ」と笑い飛ばせばいい。

もくじ
(失恋から立ち直れないときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品