人生の教科書



失恋・別れ
失恋から立ち直れないのではなく、立ち直ろうとしていないだけではないか。
失恋・別れ
なかなか失恋から立ち直れない状態すら、楽しんでしまおう。
失恋・別れ
「失恋をして立ち直れない」と思っているから、立ち直れない。
失恋・別れ
「失恋が少し長引いているだけ」と笑い飛ばせばいい。
失恋・別れ

失恋から立ち直れないときの
30の言葉

  • 「失恋で落ち込んで当たり前」と考えたほうが、
    早く立ち直れる。
失恋から立ち直れないときの30の言葉

もくじ

1
★3

「失恋で落ち込んで当たり前」と考えたほうが、早く立ち直れる。

「失恋で落ち込むのはいけないこと」と思っていませんか。 いいえ、そんなことはありません。 失恋で落ち込むのは当たり前です。 「失恋で落ち込むのはいけないこと」と思うと、自分を責めてしまい、立ち直るのが余計に遅くなります。 「自分は何て情けないのだろう」 「なかなか失恋から立ち直れないのは、自分の精神力が弱いからだろう」 どんどんネガティブに考えてしまうため、落ち込みが激しくなる。 結果として、失恋から立ち直りを妨げるのです。 「落ち込むのはいけない」と思うのがいけない。 失恋をすれば、誰でも落ち込みます。 付き合いが親密であればあるほど、別れたとき、大きなショックが伴います。 大切な人と別れたのですから、大きなショックを受けて当然です。 失恋したときは「落ち込んで当たり前」と考えましょう。 落ち込んでいる自分を受け入れます。 自分へのプレッシャーが小さくなり、心も軽くなります。 なかなか立ち直れないなら「なかなか立ち直れなくて当たり前」と考えましょう。 なかなか元気が出ないなら「なかなか元気が出なくて普通だよね」と考えましょう。 時間がかかっていても、悪いことだという意識が小さくなります。 落ち込んでいる自分を認め、ゆっくり起き上がっていきましょう。 落ち込む自分を肯定したほうが自然体でいられるため、本来の回復力が戻り、失恋から早く立ち直れます。 落ち込んでいる自分を責めるのではなく「失恋で落ち込んで当たり前」と考える。

2
★2

交際は、新しい世界への入り口。
失恋も、新しい世界への入り口。

交際は、新しい世界への入り口です。 交際によって、2人の世界に入れます。 恋人との思い出を作ることで、充実した時間を作れます。 2人で出歩けば、平凡な道も華やかな道に変わるでしょう。 肉体的にも精神的にも助けられ、1人でいるより力強く生きられるでしょう。 恋人がいるだけで、同じ場所でも世界が変わったかのような実感が得られます。 そんな交際にも、失恋という終わりがあります。 では、失恋は出口かというと、そうではありません。 失恋も、新しい世界への入り口です。 失恋によって1つの交際が終わりますが、別の新しい生活が始まります。 自由を手に入れたり、1人になって行動できたりします。 自分の時間が増えることで、集中できる環境が手に入ります。 今まで制限されていた合コン・飲み会・パーティーの出席も自由。 もちろん片思いしたり、新しく付き合ったりすることもできます。 人生のステージが変わることで、あなたの生活は一変するでしょう。 自分は今、大きな入り口に立っていると考えることです。 入り口の扉は、大きくて開きにくいかもしれませんが、それだけ大切な入り口である証拠。 大きな扉を両手で押して、新しい1歩を踏み出しましょう。 入り口の先には、どきどきできる新しい世界が広がっています。 交際も失恋も、新しい世界への入り口だと考える。

3
★4

失恋の苦しみは、必ず乗り越えられる。
時間は、すべての人が持っている資源だから。

失恋の苦しみは、必ず乗り越えられると断言します。 それは、あなたに時間があるからです。 時間は、どんな心の痛みも癒してくれる味方。 すべての苦しみは、時間が癒してくれます。 時間は、すべての人が持つ資源。 老若男女、国籍も関係なく、すべての人が平等に持つ資源です。 時間からは、逃げることも隠れることもできません。 起きているときも寝ているときも、晴れの日も雨の日も、あなたと一緒に存在しています。 一生涯、常に時間と生活することになります。 これほど強力な味方はほかに存在しません。 どんな人も時間という味方がいるのですから、失恋の苦しみも、必ず時間が癒してくれます。 あなたは今、時間という偉大な力に守られています。 ほんのわずかですが、1秒過ぎるごとに心の傷が癒えています。 とても小さな回復なので気づきにくいかもしれませんが、確実に回復傾向です。 時間の力を信じましょう。 時間の力を信じることができれば、勇気も出てきます。 失恋の苦しみはあっても、時間という味方が存在するので、必ず乗り越えられます。 時間の力を信じて、別れる勇気を出す。

4
★4

失恋における「粘る」という意味を、誤解していませんか。

失恋でも「粘る」という言葉がよく聞かれます。 「失恋しても粘ることが大切」 「落ち込んでも粘らなければいけない」 さて、失恋したときによく聞かれる「粘る」という表現ですが、誤解しやすいため注意が必要です。 失恋における「粘る」という意味とは何か。 「別れた人とやり直したい」「昔に戻りたい」という意味ではありません。 これは粘っているのではなく、過去にとらわれ、くよくよしているだけです。 粘る意味が誤った方向に解釈されると、人生に悪影響を及ぼし、失恋が長引く原因になります。 失恋における「粘る」の意味とは、未練を断ち切って前を向くことをいいます。 「未練があっても忘れる」 「何が何でも前を向く!」 「絶対前より幸せになってやる」 つまり、失恋における「粘る」は、過去に向けた努力ではなく、未来に向けた努力をいいます。 この方向を正しく意識することが大切です。 絶望を持って後ろばかりを見るのではなく、希望を持って前を向くことです。 粘る努力は同じでも、方向が違っていると、結果も変わります。 同じ力を使うなら、破壊的なことに使うより、建設的なことに使うほうが有意義です。 失恋における「粘る」とは、過去に向けた努力ではなく、未来に向けた努力として解釈する。

5
★1

あなたは、すでにアクセルを踏んでいる。
前に進まない理由とは。

あなたはすでにアクセルを踏んでいます。 では、なぜ前に進めないのか。 アクセルだけでなく、ブレーキも踏んでいるからです。 「早く次のステップに進みたい」という気持ちは、アクセルです。 「別れた人のことが忘れられない」という気持ちは、ブレーキです。 失恋しているときには、この2つの感情が同時に起こりがちです。 アクセルを踏んでいても、ブレーキも踏んでいるなら前に進めません。 この状態があまり長く続くと、気力・体力・精神力の消耗が早くなり、何らかの故障を引き起こすでしょう。 まず踏んでいるブレーキを緩めましょう。 つまり、失恋に関することを考えないようにします。 一気に緩めるのが怖ければ、少しずつ緩めていい。 別れた人のことを思い出さなければ、自然と前に進み始めます。 考えそうになれば、別のことをして気持ちを紛らわしましょう。 仕事なり趣味なり、できるだけ夢中になることをすれば、必然的に失恋を忘れられます。 すると、アクセルだけになり、あなたの人生が自然と前に進み始めます。 「なんだ。たったこれだけのことか」と思いますが、それだけのことです。 気づけば、失恋から立ち直っているでしょう。 ブレーキを踏まない。

6
★0

別れは苦しい。
苦しいから「新しい人生が始まった」という実感が湧く。

別れは苦しいのが特徴です。 以前は、深く愛し合った関係です。 その人と別れるのは、胸を引き裂かれるような心の痛みが伴うでしょう。 不安・緊張・焦り。 寂しさ・悲しさ・悔しさ。 虚無感・孤独感・罪悪感。 別れは、切り出す側も切り出される側も苦しみます。 しかし苦しみがまったくなければ、どうなるでしょうか。 「別れた」という感覚も「新しい人生が始まった」という実感もないでしょう。 「本当に別れたのだろうか」「本当に新しい人生が始まったのだろうか」と、曖昧な印象を受けるに違いありません。 別れは苦しいからいいのです。 嵐の後に青空が広がるから「嵐が去った」という実感があるのと同じです。 苦しい別れを体験した後に開放感が広がるから「新しい人生が始まった」という実感が湧きます。 苦しみは、新しい人生が始まった実感をもたらすスパイス。 別れと苦しみはセットであり、分けようがありません。 苦しみを受け入れましょう。 ありのままの苦しみを味わい、苦しみに身を委ねましょう。 別れに苦しみが伴うから「新しい人生が始まった」という実感が得られるのです。 別れに伴う苦しみを受け入れ「新しい人生が始まった」という実感を得る。

7
★2

失恋とは、トンネルを進んでいるのと同じ。
新しい場所への近道。

旅行に行くときは、トンネルが欠かせません。 トンネルとは、山腹・海底・地下を掘って、向こう側へ抜けられるように作った道です。 トンネルとは、いわば近道です。 視界が悪くて少し息苦しいのが難点ですが、効率よく別の場所に移動できます。 回り道をしなくて済み、長距離の移動には欠かせません。 永遠にトンネルが続くわけではなく、しばらくすれば出口が見えてきます。 出口の先には、新しい風景が広がっているのです。 失恋も同じです。 あなたは今、失恋で暗いトンネルを進んでいる途中です。 真っ暗な道で、先行きが不安に思えるかもしれません。 息苦しい時間を過ごしているのでしょう。 しかし、思い出してください。 トンネルは近道でもあります。 視界が悪くて息苦しいかもしれませんが、効率よく別の場所に移動している最中です。 わくわくしながら暗い道を進もうではありませんか。 真っ暗なトンネルは、期待を膨らませながら進むのがマナーです。 永遠にトンネルが続くわけではありません。 もうすぐすれば光が見え、新しい場所に出られるでしょう。 遠回りをすることなく、新しい場所へ最短の道を歩んでいると考える。

8
★2

成長できる恋愛には、3つの条件がある。

成長できる恋愛には、3つの条件があります。 (1)素晴らしい人と出会うこと (2)情熱的な恋愛であること (3)失恋に苦しむこと 第1の条件は「素晴らしい人と出会うこと」です。 素晴らしい人からは、学べることがたくさんあります。 自分とは違った考え方・生き方・価値観を持つ異性と接することで大きく成長できます。 第2の条件は「情熱的な恋愛」です。 実際のお付き合いを通して、教科書では学べないことをたくさん学べます。 深く愛し合うことで、恋愛の素晴らしさが「知る」から「分かる」に変わります。 第3の条件は「失恋に苦しむこと」です。 健康なときは健康の大切さが分かりにくいように、恋愛が順調なときは、人や愛の大切さ分かりにくい。 恋人と別れることで、人や愛の大切さを思い知ります。 この3つをクリアしてこそ、成長できる恋愛の完成です。 あなたは今、最後の条件である失恋に苦しんでいる状況です。 第1と第2の条件をクリアして、最後の条件に挑んでいるところ。 最悪に思えるかもしれませんが、とんでもありません。 ちょうどいい流れで、成長できる恋愛の条件をクリアしています。 成長できる恋愛の成立まで、あと少し。 失恋で落ち込んでいるかもしれませんが、だからいいのです。 失恋の苦しみは、避けるより体当たりをしましょう。 条件がクリアできれば、大きく成長した自分と出会えます。 失恋とは、成長できる恋愛の、最後の条件であることに気づく。

9
★6

失恋から立ち直ろうとする瞬間のあなたが、一番輝いている。

どんなときに人は輝くのでしょうか。 最初に思い浮かぶ場面といえば、挑戦や集中している場面ではないでしょうか。 たしかに目標に向かっているときのまなざしは、誰でも輝いています。 しかし、本当に輝いているのは、もっと意外な場面です。 本当に輝くのは、めげずに這い上がろうとする瞬間です。 ボクシングを思い出してください。 戦っている姿もかっこいいですが、ダウンした後、起き上がろうとする瞬間もかっこいい。 むしろ起き上がろうとする瞬間のほうが、諦めない力が感じられ、ひときわ印象的です。 レフェリーによるカウントダウンのとき、よろめきながら立ち上がる光景が目に焼き付きます。 失恋も同じです。 恋愛中も輝いていますが、失恋で立ち直ろうとする瞬間も輝いています。 むしろ失恋から立ち直ろうとする瞬間のほうが前向きな力が感じられ、ひときわ印象的です。 失恋でくよくよしているばかりではいけません。 過去にとらわれず、前を向いて立ち直ろうとすることで輝き始めます。 今回の失恋は、あなたがもっと輝くためにあるイベントです。 「立ち直ろう!」と意気込んだほうが早く立ち直れます。 知人友人・家族が見守る中、もう一踏ん張りです。 失恋から立ち直ろうとする瞬間のあなたが、一番輝いているのです。 失恋から立ち直ろうとしているとき、自分が輝いていることに気づく。

10
★0

失恋ができるのは、まだ若い証拠。
はるか年上の人からすれば、贅沢な悩み。

失恋ができるだけ、まだ贅沢と思うことです。 いずれ失恋したくてもできなくなる日がやってきます。 ある程度の年齢が上がると、恋愛も難しくなります。 もちろん年を取ってからも恋愛はできますが、条件は厳しくなるでしょう。 しみ・しわ・白髪は大人の勲章ですが、恋愛ではプラスに働きにくい。 あるよりないほうがいいと考える人が大半でしょう。 また結婚すれば、基本的に新しい人との恋愛はできなくなります。 恋愛をすることがなくなれば、失恋することもなくなります。 社会人になれば「学生時代、もっと勉強しておけばよかった」と嘆くのと同じです。 既婚者になれば「未婚のとき、もっと恋愛を経験しておくべきだった」と嘆くでしょう。 人生では、若いときのほうが経験しやすいことがあるのも事実。 「今しか経験できない」と思って、ありがたく苦しんでおくことです。 失恋ができるのは、まだ若い証拠。 あなたが苦しんでいる失恋は、はるか年上の人からすれば、贅沢な悩みです。 失恋は、贅沢な悩みであることに気づく。

11
★1

振られたときの苦しみは、振られた人しか味わえない。

振られた後にやってくるのは、失恋の苦しみです。 中には「振られてすっきりした」という人もいるかもしれませんが、少数でしょう。 やはり実際は、苦しく感じる人が大半でしょう。 恋人から振られたときの苦しみは、告白して振られたときの苦しみとはひと味違います。 好きな人から「別れたい」と言われることほど、つらいことはありません。 振られて大事な人を失うと、心に大きな穴がぽっかり空きます。 生きがいを失い、ぼうっとして、立ち上がるのさえやっと。 振られても、好きな人のことがなかなか忘れられず、しばらくもんもんとした日々が続くでしょう。 しかし今のうちに、振られたときの苦しみをしっかり味わってください。 振られたときの苦しみは、振られた人しか味わえません。 「振られた苦しみを味わう貴重な機会」と思い、今のうちにしっかり体験しておきましょう。 中途半端に悲しむより、しっかり悲しんで涙を流しておくほうが、すっきりします。 ハンカチがびしょびしょになるまで、泣いてもいい。 自分の悪いところを反省するなら、しっかり反省します。 汚い字でもいいので、反省点や改善点をノートに書き留め、忘れないようにしておくといいでしょう。 指が痛くなるまで、書きまくります。 振られる経験は、人生でほんの数回しかない貴重な機会。 悔しさ・恥ずかしさ・情けなさという負のパワーが、後から「二度と経験したくない」というバネに変わります。 振られた苦しみを今のうちに味わった分だけ、あなたは強くなります。 これからの新しい人生を歩むときの、大事なモチベーションに変わります。 振られた後は「振られた苦しみを味わう貴重な機会」と思い、しっかり体験しておく。

12
★4

別れを引きずっているから、まだ好きであるとは限らない。

「別れてかなり時間が経つのに、別れた人を忘れられない」 しばらく失恋を引きずるのはよくあることですが、長期間引きずるのは珍しいでしょう。 失恋の傷があっても、普通は時間が癒してくれます。 振られた側だけ悩むとは限らず、意外と振った側も悩むことがあります。 ずっと引きずったままなら「心の底では恋愛感情が残っているのではないか」と考えるかもしれません。 もちろん相手が好きで引きずることもありますが、結論づけるのはまだ早い。 こうしたとき、2つのパターンが考えられます。 (1)好きだから引きずっている (2)過去を見る癖があるから引きずっている 自分に問いかけて、よく考えてみましょう。 もちろん「好きだから引きずっている」という状況もあり得ます。 好きな気持ちが本物なら、状況が許せば、復縁を考えたほうがいいかもしれません。 しかし、実際は別の要因が影響している可能性があります。 それは、過去を振り返る癖です。 日常的に過去を振り返る癖があると、事あるたびに失恋を思い出します。 思い出すたびにくよくよすれば、いつまで経っても失恋の苦しみから逃れられません。 自分はどちらが原因なのか、よく考えてみてください。 頻繁に過去を振り返るのは、健全な人生を妨げます。 過去を振り返る癖で失恋を引きずっているなら、前を向くことに集中しましょう。 そうすれば、自然と失恋を引きずることがなくなります。 過去を振り返る癖で失恋を引きずっているなら、前を向くことに集中する。

13
★1

失恋で苦しんでいるときに励ましてくれるのが、本当の友達。

失恋しているとき、励ましてくれた人を大切にしてください。 その人こそ、本当の友達だからです。 失恋した人との接し方は、特に難しい。 ごたごたした話を聞かされるでしょう。 泣きつかれるのも面倒でしょう。 落ち込んでいる人を励ますのは、疲れるでしょう。 長話を聞かなければいけません。 ですから、あなたが失恋したと分かれば「面倒なことには巻き込まれたくない」と思い、逃げようとします。 気づいても気づかないふりをする。 励まし方も表面的。 同情の表情はしますが、気持ちがこもっていない。 中途半端な友達なら、必要最低限の接し方で済ませようとするはずです。 失恋で苦しんでいるときに逃げるのは、友達のふりをした友達です。 しかし、本当の友達は違います。 本当の友達なら、失恋で苦しんでいるときこそ親身に接してくれます。 ごたごたした話も、自分のことのように聞いてくれるでしょう。 泣きついても、ハンカチで涙を拭いてくれるでしょう。 落ち込んでいても、力強く励ましてくれるでしょう。 長話になっても、快く最後まで聞いてくれるでしょう。 落ち込んでいるからこそ、小さな親切も温かく感じます。 あなたが失恋したときは、本当の友達を見つけるチャンスでもあります。 そういう友達を大切にしてください。 失恋で苦しんでいるときに励ましてくれるのが、本当の友達です。 その人こそ、一生の財産です。 失恋しているとき親身に接してくれた人を、大切にする。

14
★4

なかなか失恋から立ち直れない状態すら、楽しんでしまおう。

失恋をしたときは、楽しむ姿勢が大切です。 失恋という経験は、失恋しているときしかできません。 悲しい気分でふらふらになることを楽しむ。 「人生を見直す機会」として楽しむ。 「自分の視野が広がる経験」と思って楽しむ。 失恋の経験ができれば、話題が増えたり話に共感しやすくなったりするでしょう。 楽しむことが、失恋から立ち直る近道。 独特の苦しい精神状態かもしれませんが「人生の貴重な経験」と思えば、前向きに受け止めることができるでしょう。 ところが楽しむ姿勢を心がけても、時にはなかなか失恋から立ち直れないこともあるかもしれません。 もし失恋が長引けば、どうするか。 やはり楽しむのです。 なかなか立ち直れないくらいで諦めてはいけません。 長引いているから途中で楽しむのをやめると、ますます長引きます。 失恋のショックが大きいと長引くこともありますが、心がける方向は間違いありません。 楽しんでもなかなか立ち直れないなら、立ち直れるまで楽しみ続ける姿勢を維持しましょう。 失恋ですら珍しい経験ですが、長引く失恋はもっと貴重な経験です。 「なかなか失恋から立ち直れない。これも珍しい経験になる」 「なかなか失恋から立ち直れないネタができた」 長引く失恋すら楽しんでしまいましょう。 そのくらい大胆になって前向きになっていい。 気づいていれば、いつの間にか失恋から立ち直っているでしょう。 なかなか失恋から立ち直れない状態すら、楽しむ。

15
★7

失った自信を取り戻すのは、時間がかかっていい。
むしろ時間をかけたほうがいい。

失恋の後は自信を失いがちです。 恋愛がうまくいかなかったことで、自分の力不足や能力不足を責めてしまいがちです。 自信喪失によって、元気を出したくてもなかなか元気が出ない。 しかし、早く自信を取り戻したくても、焦りは禁物です。 焦りながら行動すると、失言や失態が増えるでしょう。 単純なミスが増え、自信を取り戻すどころか、ますます自信をなくすことがあります。 失った自信を取り戻すのは、時間がかかっていいのです。 むしろ時間をかけたほうがいい。 時間をかけたほうが、一つ一つ慎重になれるため、単純なミスが減ります。 根気や集中力も発揮しやすくなるため、成功率も上がります。 1つずつ着実に仕事を達成することで、小さな成功体験が積み重なり、自信を取り戻していけます。 成功体験は、小さくて十分。 小さな成功体験も、積み重なると山のように大きくなります。 失われた自信は、ゆっくり取り戻していきましょう。 あらためて考えると、制限時間があるわけではありません。 時間がかかってもペナルティーもありません。 「時間をかけて自信を取り戻していく」と考えたほうが、結果として、早く自信を取り戻せます。 失われた自信は、焦るのではなく、ゆっくり取り戻していく。

16
★0

別れの苦しみを癒やすのは、新しい出会いなのか。

「別れの苦しみを癒したい」 そう思ったときに求めやすいのが、新しい出会いです。 もちろん別れた後、偶然いい出会いに恵まれたならいいのです。 話も価値観も合い、相性がよければ、そのまま恋愛関係に発展するでしょう。 新しい恋人ができれば、寂しさや悲しみが消え、傷ついた心が癒えるでしょう。 ぽっかり開いた心が、新しい愛情で満たされるでしょう。 新しい恋人ができれば、失恋の苦しみがすぐ解決するはずです。 だからとはいえ、好きでもない人と付き合うのはよくありません。 相手から軽く思われ、遊ばれやすくなります。 心の穴を埋める目的で付き合うと、恋人への依存が強くなり、恋人関係がアンバランスになります。 一時的に別れの苦しみが癒えても、しばらくして恋人関係がこじれ、苦しむことになる。 再び別れを経験することになるのです。 別れの苦しみを癒やすために無理やり恋人を作っても、一時的な解決にしかなりません。 恋愛の目的がずれないように注意してください。 自分を癒やすために付き合うのではありません。 好きだから付き合うようにすること。 情緒不安定な時期かもしれませんが、自暴自棄になった恋愛には要注意です。 愛を中心とした、正しい恋愛を心がけるようにしてください。 別れの苦しみを癒したくても、好きでもない人と付き合わないようにする。

17
★3

失恋をして、ますます恋愛力が強くなる。

失恋をすると、恋愛力が弱くなると思う人が多いようです。 普通に考えると、恋愛がうまくいかなかったのですから、失恋すれば恋愛力も弱くなると考えがちです。 たしかに落ち込んだり泣いたりしている様子は、円満な恋愛とは、ほど遠い様子に見えるでしょう。 しかし、そこが誤解です。 実際のところ、失恋をして、ますます恋愛力が強くなります。 失恋から学べることが多いからです。 たとえば、スポーツの試合では、勝ったときより負けたときのほうが、たくさん学べます。 負けることで自分の弱みや課題が見つかり、次の成長につなげられるからです。 この原理は失恋でも同じです。 恋愛でも、交際が順調なときより失恋したときのほうがたくさん学べます。 失恋によって、自分の弱みや課題が見つかり、次の成長につなげられます。 失恋が新しく発見をもたらしてくれるため、恋愛観を深めるいい機会にもなるでしょう。 結果として、恋愛力が強くなるのです。 失恋は、恋愛力を強くするための大事なイベントです。 失恋で見つかった弱点は、真剣に受け止め、改善に取り組みましょう。 気づいたことは、恋愛観の拡大と向上に役立てましょう。 失恋を生かしてバネにすれば、失恋の後、恋愛力が強くなります。 失恋を通して、自分の弱みや課題を見つけて、恋愛力を強くする。

18
★1

本当は失恋に逃げているだけではないのか。

本当は失恋に逃げているだけではありませんか。 「そんなつもりはない」 「逃げているなんてとんでもない」 そう思うかもしれませんが、いつの間にか失恋に逃げていることがあります。 失恋で落ち込んでいるときは、みんな優しく接してくれます。 悲劇のヒーロー・ヒロインとして、自分に酔うのも気持ちいい。 失恋しているときに飲むお酒もおいしい。 失恋後の放心状態も、慣れてしまえばちょっとした快感です。 失恋の話をすると、周りに注目してもらえるので、一時的に人気者にもなれる。 いつの間にか「ずっとこのままでもいいかもしれない」と思い、失恋から立ち直る努力を怠ることがあります。 「本当は失恋に逃げているだけではないのか」と自分に問いかけてみてください。 心当たりがあるなら、弱々しい自分に鞭を打ち、今すぐ卒業宣言です。 失恋に逃げても、何も解決しません。 失恋に逃げるのは、現実から逃げることでもあります。 あなたには、まだまだやるべきことがたくさんあるはずです。 失恋で足止めを食らっていると、人生が停滞するだけ。 失恋に逃げるのは、もうおしまいにしましょう。 たっぷり失恋を苦しんだら、もう下を向くのはやめ、前を向くようにします。 「このままではいけない。もう十分苦しんだよね。もう終わりにしよう!」 自分に言い聞かせて、次のステップに向かいましょう。 失恋に逃げるのをやめる。

19
★3

その人に恋をしているのか。
思い出に恋をしているだけではないのか。

失恋から立ち直れないのは、ちょっとした勘違いが原因かもしれません。 それは、思い出への恋です。 こんな言葉を自分に問いかけてみてください。 「その人に恋をしているのか。思い出に恋をしているだけではないのか」 心当たりがあれば、あなたが恋をしているのは「別れた人」ではなく「思い出」である可能性があります。 たとえば、別れた人とのデートを思い出したとき、どきどきしたとします。 このとき、どきどきしている対象を注意深く確認してください。 「相手にどきどきしているのか、デートそのものにどきどきしているのか」です。 あらためて振り返ってみると、別れた人ではなく、思い出に恋をしていることに気づくことがあります。 たしかに楽しかった思い出は、思い出すと心地いい。 「またあのときに戻ってほしい」と思ってしまうでしょう。 しかし、あくまで恋をしているのは思い出であり、その人ではありません。 恋をしている対象が、別れた人なら復縁する方法もありですが、思い出なら復縁はやめたほうがいい。 勘違いに気づかないまま苦しみ続けるのは、時間と体力を無駄にします。 もし思い出に恋をしている誤解に気づけば、自分に鞭を打ち、未練を断ち切ることです。 勘違いに気づけば、失恋の苦しさも立ち直りやすくなります。 早く現実に戻り、自分らしい道を歩むことです。 思い出なら、別の人とでも作れます。 「恋をしているのは、別れた人ではなく、思い出でないか」と自問してみる。

20
★0

「失恋が少し長引いているだけ」と笑い飛ばせばいい。

なかなか失恋から立ち直れないときに、やってほしいことがあります。 「少し長引いているだけ」と笑い飛ばしましょう。 人生には、予定より早く終わることもあれば、予定より長引くこともあります。 たとえば、仕事を思い出してください。 予定より早く仕事が片付くこともあれば、予定より長引くこともあるでしょう。 いろいろな事情や条件が偶然重なってプラスに働くこともあれば、マイナスに働くこともあります。 避けようにも避けられないこともあります。 予定はあくまで予定。 予定どおりに進まないことは日常茶飯事です。 失恋も同じです。 予定より少し長引いているだけです。 条件や偶然が重なった結果、少しマイナスに働いているだけです。 「なかなか立ち直れない。どうしよう」と思い悩んでいると、余計に気持ちが暗くなり、立ち直りがさらに長引きます。 どんな理由であっても「少し長引いているだけだ。大したことない」と思って、笑い飛ばしましょう。 「そういうこともあるよね。仕方ない」とにこにこ笑い飛ばすほうが、早く立ち直れます。 そうしたほうが、心も器も大きくなります。 立ち直れない失恋はありません。 笑い飛ばしているうちに、いつの間にか失恋から立ち直っているでしょう。 なかなか立ち直れない失恋は「少し長引いているだけ」と笑い飛ばす。

21
★0

失恋で精神科に行くのは、おかしなことではない。

「失恋の悩みを、親にも友達にも話せない」 「いくら時間が経っても、失恋から立ち直る兆しがない」 「失恋の落ち込みがひどく、鬱症状のように感じる」 失恋の状態がひどいとき「病院で診てもらいたい」と思うこともあるかもしれません。 もちろんおすすめの方法です。 「失恋くらいで病院に行くのは、変ではないか」と思いますが誤解です。 失恋も、状態がひどくなれば、鬱病・睡眠障害・過呼吸に発展する可能性があります。 気づかないうちにPTSDのような、ストレス障害に陥っていることもあります。 たとえば、いくら時間が経ってもまったく回復の兆しが見えないなら、一度疑ってみる必要があるでしょう。 「自分では耐えきれない。心配で誰かに相談したい」と思ったときは、専門医の力を借りるのが得策です。 専門医によるカウンセリングによって、考え方が前向きになったり、心が軽くなったりするでしょう。 話を聞いてもらうだけでも、心のストレスが和らぐはず。 医師には、プライバシーを厳守してくれる安心感もあります。 どんな話の内容であっても、外部に漏らすことはありません。 医師はどんな深刻な話も受け止めてくれ、真剣に向き合ってくれます。 誰にも言えない内容でも、思いきって話をすれば、すっきりした開放感が得られるはずです。 病院で薬を処方されれば、ある程度楽になることも期待できるでしょう。 大ごとになってからでは回復に時間がかかります。 「おかしいな」と思ったら、早めに診てもらうのがいいでしょう。 なかなか失恋から立ち直れないときは、専門医に相談する。

22
★0

前を向いているつもりになっているだけではないか。

「気持ちは前を向いているのに、なかなか現実が変わらない」 それは、前を向いているつもりになっているだけではないでしょうか。 人間とは、器用な生きものです。 「顔は前を向いていても、気持ちは後ろを向いている」という芸当ができる生きものです。 自分は前を向いているつもりでも、実際は後ろばかりを見ていることがあります。 ・別れを忘れたくても、別れた人との写真を捨てられない ・時間があると、別れた人とのデートを思い出してしまう ・新しい恋人を作りたくても、前の交際を考えてしまう ・前向きに生きようと思いつつ、実際は部屋に閉じこもったまま ・気持ちは前を向いているつもりでも、ふとした瞬間、くよくよしてしまう 心当たりがあるなら要注意です。 前を向いていても、実際は「つもり」になっている可能性があります。 前を向こうという意気込みは素晴らしいですが、まだ気合が不十分。 もう少し本気を出したい。 つもりではなく、本当に前を向くようにしましょう。 「つもりになっているだけではいけない。本当に前向きになろう!」 強く自分に言い聞かせてください。 つもりで終わらせるのではなく、実際に行動してこそ、前向きな気持ちが現実にも反映されます。 そして心に火がついたら、その勢いで行動しましょう。 気持ちも大切ですが、それ以上に大切なのは行動です。 気持ちと行動の両方が前を向くから、現実も前向きになります。 前を向いているつもりではなく、本当に前を向く。

23
★2

「振った」「振られた」と考えるから、苦しみが強くなる。
「別れた」と考えればいい。

別れ話を切り出した側は、振った立場になります。 振った側は「相手に申し訳ないことをした」と思って、罪悪感に悩みがちです。 逆に別れ話を切り出された側は、振られた立場になります。 振られた側は「愛する人から嫌われた」というショックがあり、心に大きな傷を受けるでしょう。 振った側も振られた側もつらい。 失恋は、どちらの立場でも悩みがちです。 しかし「振った」「振られた」が事実であっても、考えすぎるのはよくありません。 「振った」「振られた」のどちらも、一方的な印象があってよくありません。 傷つける印象も強くなり、苦しみが強くなります。 では、どうするか。 普通の状態で考えましょう。 「別れた」とだけ考えるのです。 振った側であっても「恋人と別れた」と普通に考えます。 振られた側であっても「恋人と別れた」と普通に考えます。 そうすれば一方的な印象が小さくなるので、心も軽くなるでしょう。 事実の捉え方で、感じられる苦しみも変わります。 一方的ではなく、普通に考えることです。 普通に「別れた」と考えるほうが、失恋を落ち着いて受け止められます。 一方的に「振った」「振られた」と考えず、普通に「別れた」と考える。

24
★0

失恋は、お付き合いをしたことがある人なら、大半が経験すること。

失恋は、珍しい経験ではありません。 恥ずかしい経験でもありません。 実際のところ失恋は、お付き合いをしたことがある人なら、大半が経験することです。 「自分だけが苦しんでいる」「失恋は恥ずかしい経験」と思うから、孤独を感じ、余計につらく感じます。 周りを見てください。 今その人は平気な顔をしているかもしれませんが、以前恋人と別れるときは、失恋で苦しんでいたでしょう。 「この人も大変だったのだな」 「この人も苦しみながら乗り越えたのだな」 「つらい時期を頑張ったのだね」 失恋で苦しんでいるのは自分だけではないことが分かれば、心がふわっと軽くなるでしょう。 仲間外れではありません。 むしろ仲間入りです。 「みんなが経験していることを経験できてよかった」と思ってもいいくらいです。 みんなが経験していることを、自分が今、経験しているだけのこと。 これでまた1つ、大人になりました。 胸を張って「私も失恋したよ」と言えばいいのです。 みんなが経験していることを、今自分が経験しているだけだと考える。

25
★0

失恋とは、数多くある人生経験のうち、しくしくする出来事が起こっているだけ。

人生には、いろいろな出来事があります。 どきどきする出来事。 にこにこする出来事。 いらいらする出来事。 しくしくする出来事。 どんな出来事をしたいですか。 普通は、どきどきする出来事・にこにこする出来事がたくさんあってほしいと思うでしょう。 もちろん嬉しいことや楽しいことにあふれた毎日のほうが、明るい人生が送れます。 しかし、そればかりではアンバランスになります。 楽しいことや嬉しいことばかりでは、人生を甘く見るようになります。 調子に乗ってしまい、油断したり横柄になったり過信を招いたりする原因になります。 たまには自分に鞭を打つ出来事も大切です。 それが、しくしくする出来事です。 失恋とは、数多くある人生経験のうち、しくしくする出来事が起こっているだけです。 そこに善悪を取り入れるからいけません。 しくしくする出来事がよくないと思うのは、固定観念です。 考え方によって、しくしくする出来事はいい出来事ともいえます。 油断を防ぎ、謙虚を促し、人生を引き締めることができるからです。 人生は、いろいろな出来事をできたほうが豊かです。 たまにはしくしくする出来事を経験したほうがいい。 人生のバランスが整います。 たまたま今は、そういう時期。 しくしくする出来事を通して、大切なことを学びましょう。 数多くある人生出来事のうち、失恋は「しくしくする出来事」として受け入れる。

26
★3

「もうあの人以上の人は現れない」と思うのはやめる。

最愛の人と別れたときに、よく思うことがあります。 「あの人くらい愛せる人はもう現れない」という思いです。 お付き合いが濃ければ濃いほど、運命的なものを感じます。 絆も愛着も思い出もたくさんできれば「最高の人だ」と思うでしょう。 だからこそ、別れたときの苦しみもひとしおです。 「あの人くらい愛せる人はもう現れない」と思うから、先の人生も真っ暗に思えます。 しかし「もうあの人以上の人は現れない」と思うのはやめることです。 「もうあの人以上の人は現れない」と思っていると、どんな出会いも否定から入るようになります。 どんな出会いも拒むようになると、思っていることが本当の現実になってしまいます。 そもそもその人以上の人が現れるかどうかは、まだ分かりません。 これから人生の出会いの中で、もっといい人が見つかる可能性は十分あるでしょう。 「もうあの人以上の人は現れない」と思うのはやめましょう。 代わりに「あの人以上の人がきっと現れる」と信じましょう。 信じたくなくても、信じないといけません。 希望がなくても、希望を持たないといけません。 「あの人以上の人はきっと現れる」と信じることが、よい出会いを引き寄せる力になります。 「もうあの人以上の人は現れない」と思うのはやめ「あの人以上の人はきっと現れる」と信じる。

27
★3

「人生は別ればかり」と思ったときに気づきたいこと。

友達との別れ。 恋人との別れ。 先生との別れ。 別れを繰り返していると、あるときふと「人生は別ればかりだ」と思うことがあるかもしれません。 たしかに別れは強く記憶に残ります。 特に深い付き合いをしていた人ほど、別れには大きなショックが伴います。 場合によっては、しばらく別れの苦しさを引きずることもあります。 しかし「人生は別ればかり」と考えるのは誤解です。 別れの数だけ、出会いの数もあるからです。 別れしか見ていないのではないでしょうか。 別れは、ショッキングな出来事なので記憶に残りやすいですが、実際は別れの数だけ出会いも経験しています。 出会っていることに気づかないまま「人生は別ればかりだ」と考えるのは誤解です。 別れだけでなく、出会っていることにも気づいてください。 別れの数だけ、出会いの数も経験しています。 最近、出会った人を思い出してください。 そのときは普通に出会ったのかもしれませんが、あらためて「素晴らしい出会いだ」と思うことが大切です。 出会いに感謝すれば、その人との接し方も変わるでしょう。 このことに気づけば、人生は、別れだけでなく出会いもたくさんあることに気づくはずです。 新しい人と出会うことは、別れるときくらいショッキングな出来事です。 そう考えると、実はプラスマイナスゼロ。 出会いと別れが、ちょうどよいバランスが保たれています。 いずれ自分がこの世から去るとき、出会った人とはすべて別れなければいけなくなります。 人生は全体として、うまくバランスが保たれているのです。 別れの数だけ出会いの数もあることに気づく。

28
★2

「もう二度と恋愛をしたくない」と思ったとき。

「もう恋愛はこりごり」 「もう二度と恋愛はしたくない」 「一生独身のままでいい」 恋愛に疲れ果てて別れた後に、よく思うことです。 中には、ひどい恋愛を経験して、男性不信・女性不信に陥る人もいるでしょう。 「自分は恋愛に向いていない」と自覚する人もいるかもしれません。 もちろん恋愛をするもしないも自由です。 周りの人がどう言おうと、それを決めるのはあなた。 「恋愛をしなければいけない!」と、気を張って無理やり考えるのは疲れます。 「一生恋愛はしない」と思うのも、あなたの判断しだいです。 恋人と別れることができたなら、大きな自由を手に入れられます。 無事に別れられたことに喜び、自由を満喫して、孤独を楽しむのもいいでしょう。 世間では「孤独は寂しい」と思われがちですが、誤解です。 孤独はぜいたくな時間です。 恋人の存在に気遣う必要なく、自分のペースで行動できます。 世の中には、孤独が合っている人もいます。 恋人のいない人生を楽しむのもいいでしょう。 まずは1人で散歩を楽しむことから始めてみるのもいいかもしれません。 「今は一生独身でいい」と思っていても、時間が経つと「また恋愛をしてみたい」と思うようになるかもしれません。 再び恋愛をしたい気持ちになれば、そのときに再出発しても間に合います。 「もう二度と恋愛をしたくない」と思ったときは、無理に恋愛に挑戦せず、素直に恋愛を休んでみる。

29
★5

人生には数多くの別れがある。
今回もその1つにすぎない。

人生には、数多くの別れがあります。 友達や先生との別れ、職場の人との別れ、恋人や家族との別れ。 出会いがあれば、いつか別れも迎えます。 今回もその1つにすぎないと考えることです。 もちろん今回の別れは、ほかの別れとは違い、特に感傷的なのかもしれません。 特別な存在の人であり、思い入れも深いのでしょう。 大切な人と別れることになれば、泣き崩れ、未来が真っ暗に思えて当然です。 だからとはいえ、無理に別れを拒んでいると、お互い新しい道に歩めません。 新しい道に進むには、別れが必要です。 別れの直後は、寂しくて惜しい気持ちはあるでしょうが、しばらく経てば、きっとまた普通に戻ります。 時間が、どんな心の傷も癒してくれるからです。 そして別れの後には、再びいい出会いがあります。 人生は、出会いと別れの連続です。 人生の流れに逆らわないこと。 その出会いと別れを、無理に拒むのではなく、ありのまま受け入れましょう。 出会いと別れを交互に経験することが、人生が進んでいる目印です。 あなたはただ、いつもよりつらい別れに戸惑っているだけです。 人生は出会いと別れの連続であり、今回もその1つにすぎません。 別れを拒むのではなく、自然な形で受け入れれば、次の人生にステップアップできます。 人生は出会いと別れの連続であり、今回もその1つにすぎないと考える。

30
★2

失恋は通過点。
その先には、まだまだ道が続いている。

プロが大きな試合を終えた後、よく口にするセリフがあります。 「ここはまだ通過点」という一言です。 さっと気持ちを切り替え、目線が上向きになっている。 試合の結果を謙虚に受け止め、次に向かう様子がうかがえます。 目指している夢はもっと先にあると分かり、前向きな意気込みが感じられます。 プロがよく使う一言ですが、失恋にも応用できます。 失恋を経験したときも、自分に言い聞かせましょう。 「ここはまだ通過点」と。 平気な様子で言い切るのがコツです。 この一言を言った瞬間、あなたはきらりと輝きます。 失恋を終わりと考えるのは誤解です。 恋人と別れても、人生は終わりません。 人生は1秒も止まらず、いつもどおり時間は進んでいます。 失恋は通過点と思えば、大げさに騒ぐことではないと分かるでしょう。 失恋はただの通過点ですから、立ち止まらず、次に向かわなければなりません。 失恋の後にも、まだまだ道が続いています。 失恋の後のほうが、長い道が続いています。 過去を振り返ってくよくよしても、仕方ありません。 気持ちを切り替えて進もうではありませんか。 「今までで最悪の失恋」と感じるなら「今までで最高の通過点」と考え直しましょう。 最高の通過点の後には、最高にいい出来事が待ち受けているはずです。 人生のメリハリもできて、ちょうどいい。 先にはまだまだ道が続いているのです。 「ここはまだ通過点」と言い聞かせる。

同じカテゴリーの作品