人生の教科書



失恋・別れ

失恋を忘れる
30の方法

  • 失恋したら、
    おいしいものを食べに行こう。
失恋を忘れる30の方法

もくじ

1
★2

失恋したら、おいしいものを食べに行こう。

失恋したときは、おいしいものを食べに行きましょう。 前から気になっていたお店はありませんか。 自分にとって「高級」と感じるお店はありませんか。 ユニークな料理を出すお店でもかまいません。 こういうときは、少し値段が高くても気にしない。 我慢ばかりでは、つらいだけです。 食べないばかりでは、なかなか元気も出ず、悪循環です。 「失恋記念」ということで、金額は気にせず、おいしいものを食べに行きましょう。 食事は元気の源です。 食欲は、人間の3大欲の1つ。 おいしいものを食べると、それだけで幸せな気分になります。 「何事も気力が大切」と言われていますが、その気力を生み出すエネルギー源がなければ、出る気力も出ません。 おいしいものをしっかり食べるから、エネルギーが満たされ、気力・体力・精神力が回復します。 失恋で食欲がないなら、少量でもかまいません。 おいしい食事は、量ではなく質です。 贅沢な一品料理くらいなら、普通に食べることができるでしょう。 質が高ければ、量は少なくても心を満たしてくれます。 たまにする贅沢な食事は、体の栄養だけでなく、心の栄養にもなります。 食事の後は落ち込んでいることを忘れ、すっかり元気になるでしょう。 あなたが明るく元気になれば、仕事にも人間関係にもよい波及効果が及びます。 金額は気にせず、思いきっておいしいものを食べに行く。

2
★1

失恋は、忘れたいと思えば思うほど、忘れにくくなる。

早く失恋を忘れたいと思うのは要注意です。 忘れたいと思えば思うほど、忘れにくくなるからです。 忘れたいと思った瞬間、失恋のことを考えてしまいます。 記憶を反復してしまうため、結果として、忘れるどころか忘れにくくなります。 勉強でいうと「復習」と同じ効果をもたらすのです。 では、失恋を忘れるためにはどうすればいいか。 忘れようとするのではなく、考えないようにするのが一番です。 完全に記憶を消すのは難しいのですが、弱めることならできます。 暇な時間があるから、つい思い出してしまい、くよくよしてしまいます。 ですから、暇な時間を作らないようにしましょう。 失恋を忘れるなら、考えないのが一番。 何かに集中して、失恋のことを思い出さないようにするのが得策です。 たとえば、仕事・趣味・遊びなどです。 できるだけ好きなことをして、夢中になるのがポイントです。 好きなことは元から興味関心が強いため、集中しやすくなるでしょう。 別のことに集中して取り組めば、失恋を思い出す時間がなくなります。 うっかり失恋を思い出しそうになれば、さらに自分を追い込んで、忙しい環境を作るようにします。 続けているうちに、だんだん失恋の記憶も薄らいでいきます。 気づけば、すっかり失恋を忘れているでしょう。 失恋を忘れようとするのではなく、思い出す時間がないくらい、別のことに忙しくなる。

3
★2

筋肉は、ポジティブな感情の発電機。
スポーツで汗をかきながら、くよくよする人はいない。

失恋をしたら、スポーツを楽しみましょう。 失恋で落ち込んでじっとしていても、何も解決しません。 とにかく外に出て、体を動かすことが大切です。 スポーツなら何でもかまいませんが、汗を流せるスポーツが特におすすめです。 友達を誘って、野球・サッカー・バスケットボールなどのゲームを楽しむのも、もちろん立派なスポーツです。 卓球・スカッシュ・バドミントンなら、少人数でも楽しめます。 もちろん1人でウォーキングを楽しむのもOKです。 手足を大きく振れば、歩くだけでもいい運動になり、気持ちのいい汗をかけます。 大切なのは、体を動かして汗を流すこと。 汗をかくならサウナも悪くありませんが、やはり体を動かすことが大切です。 筋肉は、ポジティブな感情の発電機。 スポーツで汗をかきながら、くよくよする人はいません。 しっかり体を動かすことで、ポジティブな感情が生まれます。 晴れ晴れしい気持ちになり、生きる元気も出てきます。 失恋の苦しみも、汗と一緒に流れ出ていきます。 スポーツを楽しんだ後は、失恋のことなど、すっかり忘れているでしょう。 スポーツは健康にもつながるので、一石二鳥です。 理想は毎日ですが、少なくとも週に1回はスポーツで汗を流したい。 失恋をしたら、日々の習慣としてスポーツがおすすめです。 スポーツで体を動かして、しっかり汗を流す。

4
★0

まだ普通の別れ方でよかった。

恋人と別れて失恋で苦しんでいるときは、こう考えてください。 「まだ普通の別れ方でよかった」と。 失恋で泣いたり落ち込んだりして、元気の出ない時期が続くでしょう。 しばらく未練が残り、くよくよした日々を送ることになるかもしれません。 しかし、泣いたり落ち込んだりしたとしても、まだいいほうです。 世の中には、信じられないほどひどい別れ方が存在します。 ・別れ際、今までに使ったお金を請求された ・妊娠が分かったとたん、音信不通になった ・別れ話のとき、暴力を振るわれ、大けがをした ・実は恋人が既婚者だった ・別れ話がこじれて、裁判を起こされた ・別れた元恋人がストーカーになった ・恋愛詐欺で、大金を騙し取られた ・元恋人に殺されかけた テレビのニュースを見てください。 不謹慎ですが、別れ話のもつれによる事件が全国各地で相次いでいます。 男女間のトラブルは、事件に発展すると、非常に残虐です。 そうした大事件に発展した別れ方に比べれば「まだ普通の別れ方でよかった」と思うことです。 つらくても、致命的ではありません。 大金を奪われたわけでもなければ、訴訟を起こされたわけでもありません。 大きなけがをしたわけでもなければ、命の危険があったわけでもありません。 泣いて落ち込んで済むのですから、まだかわいい話なのです。 「まだ普通の別れ方でよかった」と考える。

5
★2

過去にとらわれず、前を向いて、今を生きよう。

別れによる喪失感を埋める方法は、ただ1つ。 過去にとらわれず、前を向いて、今を生きることです。 過去を振り返ってくよくよしていても、不毛な時間が過ぎるだけ。 振り返るだけでは済まず、あなたから気力を奪っていきます。 別れを振り返っても仕方ありません。 「あのとき、こうすればよかったではないか」「もっと頑張ればよかった」と後悔が生まれるだけ。 後悔したところで、過去は1秒も戻ってきません。 くよくよしているだけでは、現実は停滞したまま。 前を向き、今を生きるのです。 やるべき仕事があるなら、早速取り組みましょう。 寂しいなら、寂しさを忘れるくらい全力投入です。 何かをしていたほうが気持ちも落ち着くでしょう。 やるべきことに集中していれば、前進していることが実感できるので、自然と元気も出てきます。 あなたにはやるべきことがたくさんあるはずです。 学生なら勉強であり、社会人なら仕事です。 悲しみに暮れる時間があるなら、今すぐさっと立ち上がり、次の目標に向かうことです。 まだやる気はなくてもかまいません。 やる気がなくても、体だけ動かして行動します。 体を動かしているうちに、自然とやる気は出てきます。 過去にとらわれず、前を向いて、今を生きましょう。 いつの間にか、別れによる喪失感は消えてなくなっています。 過去にとらわれず、前を向いて、今を生きる。

6
★1

一定期間、とにかく予定を詰め込もう。

早く失恋を忘れたければ、一定期間、とにかく予定を詰め込みましょう。 会議・打ち合わせ・出張。 友達と遊びに出かける約束、家族と食べに行く約束。 大掃除・買い物・デート・映画鑑賞・舞台観劇・旅行・帰省。 とにかく予定表の空欄を埋めるようにします。 予定らしい予定がなければ、知り合いの誕生日を書き込んでもかまいません。 「忘れずにお祝いをする」という意味なら、予定として成立するでしょう。 もちろん本来、むやみに予定を詰め込むのはよくありません。 必要最低限の予定を入れて、ある程度の余裕を持つことが大切です。 しかし、あくまで失恋を忘れる目的として、わざと予定を詰め込む時期もあっていいでしょう。 とにかく予定を詰め込むことで、3つの効果が得られます。 (1)意識が未来に向く (2)しなければいけないことが明確になる (3)忙しくなることで、失恋を思い出す時間もなくなる この3つの相乗効果によって、失恋を早く忘れられる効果をもたらします。 手帳の予定表やカレンダーの空欄に、予定を詰め込めるだけ詰め込みましょう。 びっしり詰め込まれた予定を見れば「失恋で落ち込んでいる場合ではない!」という気持ちになってくるでしょう。 もし後から入れすぎたことに気づけば、キャンセルすればいいだけです。 エリートビジネスマンのような忙しさも、たまには有効です。 手帳の予定表やカレンダーの空欄に、予定を詰め込む。

7
★0

失恋中は、前向きになれる本をカバンに入れておこう。

失恋中は、できるだけくよくよしないことが大切です。 終わった過去は振り返らず、未来に向けて今すべきことに集中したほうが建設的です。 しかし、前向きが大切と分かっていても、くよくよしてしまうこともあるでしょう。 仕事に集中していても、休憩中に別れたことを思い出し、気持ちが落ち込むことがあります。 電車やバスで移動中にじっとしていると、ふと油断した瞬間、失恋の苦しさがよみがえることもあるはず。 そんなときは、前向きになれる本を読みましょう。 失恋中は、いつも前向きになれる本をカバンに入れておきます。 「失恋を思い出しそう」 「くよくよし始めてきた」 そう思ったら、カバンに入れた本をさっと取り出し、読みます。 落ち込みつつあった気持ちが、再び立て直せます。 言葉の力は偉大です。 ささいな言葉でも、心と共鳴すると、大きな励ましになります。 もちろん読んでも効果的ですが、カバンに入れておくだけでも意味があります。 「いざとなったら助けてくれるものがある」という安心感が得られるからです。 つまり、前向きな本がお守りになるのです。 これなら部屋にいるときだけでなく、外出中でも安心です。 失恋中の不安定な時期であっても、ある程度安定した心を保てます。 薄くて小さな本1冊でかまいません。 難しい本より、簡単に読める本で十分。 その1冊が、心の支えになってくれるのです。 カバンに前向きな本を入れて、お守りの代わりにする。

8
★0

罪悪感があって、思い出の品物を処分しにくいとき。

別れた後、恋人との思い出の品物を処分するのは自由です。 一緒に撮った写真、買ってもらった洋服、プレゼントでもらったアクセサリー。 「持っていても仕方ない。むしろ新しい道の妨げになる」 そんなときは、潔く処分するのがいいでしょう。 余計なものを処分すれば、生活がすっきりするだけでなく、身も心も軽くなります。 それだけ失恋も早く忘れられるでしょう。 もちろん処分することは悪くありません。 必要ないから、処分するだけのこと。 ところがこのとき、罪悪感に悩む場合が少なくありません。 愛着や思い出のある品物は、心が引き裂かれるようで、処分しにくいのではないでしょうか。 人として冷酷無情の行為をしているようで、良心が痛むところ。 「自分は恥ずかしい行為をしているのではないか」と自分を責めてしまうかもしれません。 そんなときは、感謝の言葉を伝えながら処分すればいいのです。 「お世話になりました。すてきな思い出をありがとう」 人ではありませんが、人のように接します。 たっぷり感謝の気持ちを込めるのがコツです。 感謝の言葉を伝えれば、処分することの罪悪感が軽くなります。 気持ちよく旅立ってもらいましょう。 人との別れも大切ですが、物との別れも大切です。 感謝を伝えて処分すれば、いい別れ方ができます。 思い出の品物は、感謝の言葉を伝えながら処分する。

9
★0

処分すると決めたら、早く処分しよう。
もたもたしていると、気が変わる。

恋人と別れた後は、思い出の品物をどうするかは自由です。 大切に保管するのもいいですが、必要ないものなら、処分するのも素晴らしい決断です。 いらないものを処分するのは当たり前の行為。 相手からもらったものはあなたが所有者ですから、扱い方も自由です。 もちろん処分前は、確認が必要です。 中には相手に返却しなければいけないものも混ざっているかもしれません。 処分前は「処分していいものだろうか。返却が必要ではないか」と、中身をよく吟味する必要があるでしょう。 しかし、処分すると決めて、返却も不要と確認できれば、余計な先延ばしは不要です。 処分すると決めたなら、早めに処分しましょう。 「時間があれば処分する」 「余裕ができてから処分する」 何かと都合をつけて、処分を後回しにするのはよくありません。 もたもたしていると気が変わるでしょう。 「もったいない気がしてきた」 「やはり残しておくほうがいいのではないか」 処分の決断が弱くなり、残すのか処分するのか、あやふやな状態になるでしょう。 処分すると決めたなら、気が変わらないうちに処分しましょう。 すると決めた行動は、早いほうが吉。 その決断力と行動力が、未練を断ち切る力になります。 どんどん思い出の品物がなくなることで、失恋も忘れやすくなります。 処分すると決めたものは、気が変わらないうちに処分する。

10
★0

高価で処分しにくいものは、誰かにあげてしまおう。

恋人からもらったものを処分するとき、高価なものがあると厄介です。 たとえば、高価な部類である指輪・ネックレス・ブレスレットなどです。 処分すればいいと分かっていても、高価なものは処分しにくい。 値打ちがあるものを無駄にする行為は、良心が痛みます。 「もったいない」という気持ちは、美しい心の証し。 「もったいない」という気持ちがあると、処分に困るのではないでしょうか。 無駄になるのが惜しい。 処分したほうがいいと分かっていても、もったいなくて捨てにくい。 かといって、持ったままでは、別れた人を思い出してしまう。 そんなときは、誰かにあげてしまいましょう。 身近に必要としている人はいませんか。 誰かに使ってもらえるなら、無駄になりません。 すでに使用済みのものであっても、高価なものは、もらい手が見つかりやすいでしょう。 知人や友達だけでなく、職場の人やその家族まで幅を広げれば、必要としている人が見つかりやすくなるでしょう。 身近にもらってくれる人がいない場合の最後の手段は、質屋とネットオークションです。 現金化できる上、誰かに使ってもらえるのですから、一石二鳥です。 ネットオークションを活用すれば、全国の人を対象にできるので、ほとんどのものに買い手が見つかるでしょう。 あくまで処分が目的ですから、価格設定は低く抑えます。 現金化に罪悪感を持つ必要はありません。 燃やして処分するよりは、社会に役立つ処分方法です。 処分しにくいものは、必要としている人にあげてしまう。

11
★2

恋人と別れた日は「自分の独立記念日」と呼ぼう。

恋人と別れた日を、どう呼んでいますか。 おそらく特に名前を付けず、普通に「恋人と別れた日」という呼び方ではないでしょうか。 もしくは、恋人と別れた日に特別な意識すらないかもしれません。 しかし、あらためて考えると、恋人と別れた日は重大な日。 あなたの人生の流れが確実に変わった分岐点です。 恋人と別れた日は「自分の独立記念日」と呼んでみてはいかがでしょうか。 恋人の依存を断ち切り、自分が独立して歩み始めた日。 今までの人生と別れを告げ、新しい人生を歩む決断をしました。 そう考えると、独立記念日と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。 独立記念日といえば、アメリカの7月4日が有名ですが、自分にも独立記念日があっていいはず。 個人的な記念日は、誰でも自由に作れます。 恋人と別れることができれば、素晴らしい記念日が1つ増えたということ。 「自分の独立記念日」という名前で、手帳やカレンダーに自分のオリジナルの記念日を書き込んでみましょう。 書き込むと、その日を境に自分が変わった実感が湧き始めるでしょう。 別れた1年後には、一回り大きくなった自分と出会えるはずです。 恋人と別れた日を「自分の独立記念日」と呼び、手帳やカレンダーに書き込む。

12
★3

失恋は、人生のちょっとしたイベント。
イベントが起こるから、人生は面白くなる。

失恋は、人生のちょっとしたイベントです。 イベントといえば、大きく賑わう祭りのようなイメージがありますが、失恋も似たようなものです。 考え方によっては、失恋は人生を面白くさせるために必要なイベントです。 たとえば、トラブルが1つもない映画があるとします。 映画が始まり主人公が登場して、何のトラブルもないまま、エンドロールが流れ始める。 これほどつまらない映画はありません。 映画を見ている間に、10回はあくびをするでしょう。 あまりに刺激がなく、退屈で眠くなるでしょう。 本来ならトラブルがなくてよいはずですが、実際はつまらないと感じます。 映画は、主人公にトラブルが起こり、困難から這い上がっていく様子が面白いのです。 これは、人生でも同じです。 本来ならトラブルがないほうがいいと思います。 しかし実際は、トラブルがない人生ほどつまらないものはありません。 トラブルがない人生なんて、自分を甘やかすだけ。 失恋は、人生のちょっとしたイベントと考えましょう。 失恋というイベントが起こり、ひどく落ち込んで、困難から這い上がっていく様子が面白いのです。 いいタイミングでイベントが発生したと考えることです。 後は、そこから這い上がるだけ。 だから、人生は面白くなります。 失恋は、人生のちょっとしたイベントと考える。

13
★1

知らない人に挨拶していくと、だんだん立ち直っていく。

なかなか失恋から立ち直れないときは、知らない人に挨拶しましょう。 もちろん知っている人に挨拶するのも大切ですが、それだけでは不十分。 なかなか失恋から立ち直れないときは、知らない人に挨拶するほうが効果的です。 知らない人に挨拶するには、次の3つの作用があります。 (1)新しい人との出会いがある 知らない人にターゲットを絞ることで、新しい人との出会いになります。 新しい人との出会いは、自分の人生に変化を与えることでもあります。 自分の人生が変わっていく実感が得られることで、心境にも変化が現れます。 (2)勇気を振り絞る機会にもなる 知らない人に挨拶するには、少しだけ勇気を振り絞る必要があります。 少し緊張しますが、挨拶をした後、相手が返事を返してくれると、ほっとした安心と嬉しさがあります。 (3)明るい話をせざるを得ない状況になる 知らない人と話すときは、心理的に明るい話をせざるを得ない状況になります。 嘘でも演技でもいいから明るいふりをしていると、本当に明るくなっていきます。 ---------- この3つの理由から、知らない人に挨拶すればするほど、あなたの心に火がつき、テンションが上がっていきます。 相手から挨拶されるのを待つのではなく、自分から挨拶をしに行きましょう。 自分から挨拶のちょっとした雑談でもできれば、ますます効果的です。 なかなか失恋から立ち直れないときは、知らない人に挨拶していく。

14
★0

失恋を明るく話すことで、どんどん心が軽くなる。

失恋したときは、誰かに話しましょう。 失恋は、絶好の話のネタです。 なかなか普段はできない経験をしたのですから、ユニークな話ができるでしょう。 つらい出来事は、無理にため込まず、きちんと誰かに話したほうがいい。 話すことでストレスが発散でき、心が軽くなります。 ただし、人に話すときに心がけたいことが1つあります。 できるだけ明るく話すようにしてください。 失恋の話は、暗い雰囲気になりがちです。 大ごとのような話し方をしていると「自分は悲劇の主人公」という意識が強くなります。 ストレスは発散できても、被害者意識が強くなり、失恋から立ち直る足かせになる場合があるのです。 できるだけにこにこしながら明るく話しましょう。 乗り越えたから明るく話せるのではありません。 明るく話すから乗り越えられます。 明るく話すことは、失恋のネガティブな要素が取り払われます。 「実はこんなことがあってね。もう本当に大変だったよ!」 にこにこしながら失恋の話をしましょう。 笑い飛ばすように話しましょう。 明るく話していくうちに、大きな問題であっても「実は大したことではない」と感じ始めてくるでしょう。 明るく話していくことで、失恋をバネに変えられます。 ますます失恋を乗り越えていけるのです。 にこにこしながら失恋の話をする。

15
★0

失恋の苦しみは、人に話していくことで軽くなっていく。

失恋してから、何人にその話をしましたか。 誰にも話していないのはよくありません。 なかなか失恋から立ち直れないのは、人に話していないからではないでしょうか。 人に話さないと、自分の中でため込んだままになります。 ため込んだままにしていると、腐って悪臭を放ち始めます。 なかなか失恋から立ち直れず、長期にわたって苦しみやすくなります。 失恋をしたら、誰かにその話をしましょう。 心のごみ出しです。 失恋の苦しみは、人に話していくことで軽くなっていきます。 誰かに話を聞いてもらうことで「過去の出来事」という認識が強くなり、諦めも決心もつきやすくなります。 もちろん失恋はプライベートな話題で話しにくいでしょうが、信頼できる人なら話しやすいはずです。 心のバリアーを外しましょう。 自分から心を開いて話していくことが大切です。 信頼できる人なら、親身になって聴いてくれるはずです。 許せるなら、行きつけのお店の人に聞いてもらってもかまいません。 1人に話すだけでは足りない。 心が軽くなるまで、何人でも話していきましょう。 相手が心の大きな人なら、同じ話を2回話しても、快く聞いてくれるでしょう。 ただし、具体的なプライベートな情報には注意が必要です。 元恋人の秘密は、別れた後も守り続けます。 個人情報や生々しいプライベートについては、明言を避け、ぼかすのがいいでしょう。 大まかな事情だけ話すようにするのが得策です。 失恋の話を、誰かに話す。

16
★0

話すのが恥ずかしい失恋は、匿名でブログに書けばいい。

失恋の苦しみは、人に話していくことで軽くなります。 話すことは、ストレスを吐き出す効果があります。 誰かに打ち明けることで「過去の出来事」という認識も強くなり、心に折り合いがつきやすくなるのです。 しかし、中にはどうしても恥ずかしくて話せない人もいるでしょう。 面識があるからこそ言えない場合もあれば、失恋の仕方が非常識で言いにくい場合もあるはず。 そんなときにおすすめなのは「匿名でブログに書く」という方法です。 匿名なら、思いのまま吐き出せるでしょう。 人に話を聞いてもらうとき、長話になると迷惑になりがちですが、ブログならその心配はありません。 文章量に制限はありません。 気が向いたときに書け、満足したらいつでもやめることができます。 気兼ねなく吐き出せるため、人に話すより、ブログで書くほうが合っている人も多いはず。 無料のブログを使えば、お金はかかりません。 それどころか、一定のアクセス数があれば、ブログに貼った広告でお小遣いを稼ぐチャンスが得られます。 やって損はないので、余裕があれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。 失恋のストレスを人に話して吐き出しつつ、ブログにも書いて吐き出せば、相乗効果でさらに立ち直りやすくなるでしょう。 ただし、注意点もあります。 ブログに失恋のことを書くなら、個人が特定されないように注意してください。 個人が特定されると、不都合が生じてトラブルに発展する場合があります。 失恋はデリケートな内容です。 失恋のことを書くなら、匿名を徹底した上で書くと安心です。 人に話すのに抵抗があれば、匿名でブログに書く。

17
★0

「早く新しい恋人を作ろう」と考えることが、切り替えを早くするコツ。

失恋中は、自信が失われがちです。 「新しい恋人ができるかな」 「もう二度と恋人ができないのではないか」 「私なんて誰も相手にしてくれないのではないか」 不安と憂鬱でいっぱいのときは弱気になりがちですが、ここが重要です。 自信がないと、ますます気持ちが沈むばかり。 暗い雰囲気が漂い、立ち直るのにも時間がかかります。 「別れてなかなか元気が出ない」 そんなときは「早く新しい恋人を作ろう」と考えましょう。 根拠も自信も必要ありません。 実際に恋人ができるかどうかは別にして、まず「早く新しい恋人を作ろう」と考えることが大切です。 「早く新しい恋人を作ろう」と考えると、実現に向けて行動したい気持ちが出てくるでしょう。 自分が新しい恋人とデートしている様子を想像すると、どきどきしてくるでしょう。 失恋の落ち込みを吹き飛ばしてくれる効果があります。 強く意識できればベストですが、少し考えただけでも効果があります。 頭の片隅で少し考えるだけでもかまいません。 今すぐ考えれば、今すぐ心が変わります。 くよくよした気持ちを振り払い、建設的な考えを持ちましょう。 「早く新しい恋人を作ろう」と考えることが、切り替えを早くするコツです。 「早く新しい恋人を作ろう」と考えて、切り替えを早くする。

18
★1

恋愛上手な人をイメージすると、失恋から立ち直りやすくなる。

身近に恋愛経験の豊富なベテランはいませんか。 年上でなくてもかまいません。 同性でも異性でもかまいません。 自分より恋愛経験が豊富で尊敬できる人なら、年齢も性別も関係ありません。 恋愛上手なお手本を見つけましょう。 もし身近にいなければ、映画・漫画・アニメの世界でもかまいません。 お手本として、恋愛上手な人を見つけることが大切です。 恋愛上手な人が見つかれば、その人が失恋からさっと立ち直る様子をイメージしましょう。 「恋愛上手な○○さんなら、きっとこんなふうに失恋から立ち直るだろう」 その人が失恋したとき、さほど気にしていない様子で次に向かう様子をイメージします。 涙を流しても、すぐ笑顔に切り替わる様子。 失恋話を楽しそうに話す様子。 別れた人に執着せず、次の恋愛に向かう様子。 「失恋なんて大したことない」と言わんばかりで振る舞っている様子。 むしろ失恋した後のほうが、幸せになっている様子。 できれば、動いている様子まで鮮明にイメージするのがコツです。 恋愛上手な人の様子をイメージしていると、その振る舞いに刺激を受け、勇気をもらえるでしょう。 尊敬や憧れの気持ちが後押しして「そうなりたい」「同じように振る舞いたい」と思うはず。 恋愛上手な人をイメージすると、失恋から立ち直りやすくなるのです。 恋愛上手な人が失恋からさっと立ち直る様子をイメージして、勇気をもらう。

19
★0

失恋から立ち直って、卒業宣言をするのではない。
卒業宣言をするから、失恋から立ち直れる。

さあ、失恋の卒業宣言をしましょう。 「まだ失恋で苦しんでいる最中」 「失恋から立ち直れていないから早すぎる」 そう思うかもしれませんが、大丈夫です。 先に失恋の卒業宣言をすることが大切です。 卒業宣言は、卒業してからするものだと思われがちですが、誤解です。 あくまで宣言ですから、卒業する前でもいい。 周りの人に「失恋から卒業する」と言いふらしてしまいましょう。 早めに卒業宣言をしてもおかしくありません。 まだ立ち直っていなくても、先に卒業宣言をすると、強引にけじめをつけることができます。 心の中に「もう終わったこと」という明確な区切りができます。 「早く次に進もう」という合図を自分に送ることができ、失恋からの立ち直りを促せるのです。 まず卒業宣言をしましょう。 そして卒業宣言をすれば、何があっても失恋のことを考えないようにします。 考えそうになれば、仕事・趣味・掃除などをして気を紛らわせます。 過去に執着せず、とにかく前を向いて生きるようにします。 仮に卒業が少し遅れたとしても、何も罰則はありません。 あなたが卒業宣言をした瞬間が、本当のスタートラインです。 失恋から立ち直って、卒業宣言をするのではありません。 卒業宣言をするから、失恋から立ち直れるのです。 立ち直りが中途半端であっても、先に卒業宣言をして、強引にけじめをつける。

20
★0

「失恋から立ち直る最短記録を作る」と思えばいい。

失恋から早く立ち直るために、ある記録に挑戦しましょう。 「失恋から立ち直る最短記録を作る」という挑戦です。 「3日で立ち直った」 「1週間で立ち直った」 「1カ月で立ち直った」 あくまで記録に挑戦するつもりになれば、前向きな気持ちで失恋に立ち向かえるでしょう。 もちろん失恋から立ち直る行為は、試験でもスポーツでもありません。 あくまで個人的なことであり、誰かに褒められることでも表彰されることでもありません。 しかし考え方として、記録に挑戦するような仕組みを取り入れれば、少しは立ち直りが早くなるのではないでしょうか。 あくまで自分を強くさせる工夫として取り入れる分には悪くないでしょう。 悪影響は何もない。 プロセスは何であれ、最終的に立ち直ることができれば、結果オーライ。 自分で自分を評価すると、面白く感じるでしょう。 さて、あなたは何日で失恋から立ち直れるでしょうか。 最短記録に挑戦しようではありませんか。 ライバルは、過去の自分です。 めそめそしている場合ではありません。 今までの失恋の中で、最も短い記録を作ろうではありませんか。 本気で挑めば、今日中に立ち直れることも可能です。 失恋から立ち直る最短記録に挑戦する。

21
★1

励まされたときは「そうかな」ではなく「そうだね」。

失恋したことを誰かに話したとき、励ましてもらえることがあります。 相談した相手が優しい心の持ち主なら、前向きな言葉で元気づけてくれるでしょう。 「これでまた少し大人になったね」 「大丈夫。きっとすぐ立ち直れるよ」 「今回の失恋は、いい経験になったと思うよ」 さて、このときにどんな返事をするかです。 とっさに「そうかな」と返事をしていませんか。 「そうかな」という返事は、相手の発言をそらしたり否定したりする言葉です。 自分に自信がないときは、どんな励ましの言葉も拒否したくなるもの。 しかし、せっかくの励ましの言葉を受け止めないのでは意味がありません。 わざわざ励ましてくれた相手の行為を無視しているのと同じです。 薬は飲まないと効果がないように、励ましも受け入れないと効果がありません。 励まされたときは「そうだね」と受け入れましょう。 納得できなくても、まず素直になって受け入れます。 素直になることが大切です。 信じにくい言葉も照れくさい言葉も、まず一度受け止めましょう。 素直に受け止めたほうが、言葉の本来の力が得られます。 心が元気になって、失恋からの立ち直りも早くなります。 励ましてくれた相手も、元気な様子になるあなたを見て「よかった」と思うでしょう。 励まされたときは「そうかな」と拒まず「そうだね」と素直に受け入れる。

22
★0

心のストレスは、紙に書いて吐き出せばいい。

失恋中、心の中では戦争です。 「つらい」「苦しい」がぶつかり合って、助長される。 「寂しい」「悲しい」が混ざり合って、増幅される。 さまざまな感情が心の中で行き交い、対処に困ります。 小さな程度ならいいのですが、あまり感情が大きくなると、対処が難しくなるでしょう。 さて、こうした感情のもつれは、よい発散方法があります。 「紙に書いて吐き出す」という方法です。 「寂しくて苦しい」と思ったら「寂しくて苦しい」と紙に書きましょう。 「つらい、泣きたい」と思ったら「つらい、泣きたい」と紙に書きましょう。 ありのままの感情を書いて表現します。 書くことで、ネガティブな感情を上手に吐き出せます。 さらに大切なのは、書いた後です。 書いた紙はごみ箱に捨てましょう。 紙をくしゃくしゃに丸めて「バイバイ」「さようなら」と語りかけてから、ごみ箱に捨てます。 たったこれだけで、自分の心のストレスを吐き出す効果があります。 ごみ箱に捨てることで「処分した」「吐き出した」「お別れをした」という認識が強くなり、心がすっきりするでしょう。 一仕事を終えた感じが出て、達成感も得られるでしょう。 心のストレスは、ためたままではいけません。 きちんと外に吐き出し、処分して、すっきりしましょう。 心の中のお掃除です。 心のストレスは、紙に書いて、ごみ箱に捨てる。

23
★5

別れた人からの連絡を期待するのは、もうやめる。

心のどこかで期待していませんか。 別れた人から連絡が来ることを。 「別れた人から復縁の連絡があるのではないか」 「実はまだ私への未練があって、連絡をくれるかもしれない」 小さく期待しながら電話やメールをちらちら確認する。 当然連絡があるはずもなく、確認のたびにがっかりする。 そんな行為が1回や2回くらいならいいですが、何十回・何百回と積み重なれば、大きな負担になります。 待ち続けるのも疲れます。 本当に小さな期待ですが、心のどこかで「もしかして」という気持ちがあるもの。 しかし、その小さな期待が命取りです。 「もしかしたら」と期待するのも、過去を振り返る行為の1つ。 失恋から立ち直れない原因になります。 もう期待するのはやめましょう。 別れた人との恋愛は、もう済んだ話です。 もちろん連絡が来る可能性もゼロではありませんが、その期待は余計な邪念です。 中途半端に期待するくらいなら、完全に期待しないほうが潔い。 別れた人からの連絡を期待するのは、もうやめることです。 時間は前にしか進みません。 だから、前だけを見続けましょう。 「永遠に連絡は来ない」ときっぱり諦めたほうが、過去を振り切れます。 期待するのをやめると、がっかりする機会も減り、現在と未来に集中できるようになります。 前を向くしかなくなるので、生きる力も大きく発揮できるのです。 別れた人からの連絡を期待するのはやめる。

24
★2

「嫌な思い出」と呼ぶのではない。
「貴重な出来事」と呼べばいい。

苦い別れ方をしたとき「嫌な思い出」と呼ぶことがあります。 もちろん別れるからには、複雑な事情があったのでしょう。 大きなトラブルがあって、苦い別れ方をすれば「嫌な思い出」と呼びたくなるのも当然です。 しかし、苦い別れ方を「嫌な思い出」と呼ぶのはよくありません。 「傷ついた」「苦しんだ」「犠牲になった」という自覚が促され、被害者意識がますます強くなるからです。 暗い過去を背負っていると、自然と表情も悪くなり、老けやすくなります。 苦い過去を思い出すたびに、心の中で恨みや憎しみが生まれ、疲れやすくもなります。 肉体的にも精神的にも悪影響。 苦い別れ方を「嫌な思い出」と呼んだところで、いいことは1つもないのです。 苦い別れ方は「嫌な思い出」ではなく「貴重な出来事」と呼びましょう。 いいことも悪いこともすべて含めて「貴重」と呼ぶようにします。 めったにできない経験をしたなら「貴重」と呼べるはずです。 苦い別れ方の暗くて重い印象が、明るく軽やかになるでしょう。 「そんなふうには考えられない」と思うかもしれませんが、意地を張っても、自分の首を絞めるだけ。 罪があれば、許します。 揉めた相手とは、和解します。 自分にも過ちがあれば、素直に受け入れます。 苦い別れ方は「貴重な出来事」と呼び、受け入れましょう。 そうすれば、暗い過去から解放されます。 過去の受け止め方を変えることで、マイナスからプラスに変わるのです。 苦い別れ方をしても「嫌な思い出」ではなく「貴重な出来事」と呼ぶ。

25
★1

芸術家にとって失恋直後は、創作活動のベストタイミング。

別れを経験して失恋したら、芸術のチャンスです。 芸術家が創作活動をするとき、感性が重要です。 画家・作家・音楽家。 彫刻家・漫画家・写真家。 お笑い芸人も、芸術家として考えていいでしょう。 芸術家は、自分の繊細な感性を表現して、創作活動に打ち込みます。 そのため、自分が経験していないことは表現が難しい。 創作活動において、やはり実際に自分が経験しているほうが有利です。 そこで利用したいのが、別れの経験です。 芸術家にとって、別れは大きなチャンスです。 別れを経験している最中は、複雑な感情があふれ、感性が鋭く研ぎ澄まされています。 そのとき別れのテーマで創作活動に打ち込めば、今までにない具体的な表現ができます。 寂しく悲しくて苦しくてたまらないときは、芸術に取り組む絶好の機会。 失恋直後は、創作活動のベストタイミングです。 恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、ぜひ数少ないチャンスを生かしてください。 失恋直後は、失恋直後しかできない繊細な表現ができます。 きっと素晴らしい作品が出来上がるでしょう。 恥ずかしい内容も、形で表現すれば、立派な芸術です。 内側から吹き上がる感情を芸術で表現すれば、質の高い作品ができるだけでなく、失恋からの立ち直りも早くなります。 別れを経験しているときこそ「別れ」をテーマにした創作活動に打ち込む。

26
★0

通学タイプの習い事で、失恋を忘れよう。

失恋は、習い事を始めるいい機会です。 習い事とはいえ、独学タイプより通学タイプがおすすめです。 1人で黙々と学ぶのもいいですが「失恋を忘れる」という点においては、通学タイプのほうが有利です。 通学タイプの習い事は、失恋を忘れさせるメリットが3つあるからです。 (1)新しい出会いがある 教室を通して、新しい人との出会いがあります。 同じ志を持つ人たちが集まりますからすぐ仲良くなれ、友達が増えます。 新しい人と出会って仲良くなることで、寂しさや孤独感も解消できます。 (2)新しい自分に生まれ変われる 新しいことを学ぶことで、世界観や見識が広がります。 新鮮な知識を得ることで、新しい自分に生まれ変われます。 新しい知識が頭に入り続けることで、失恋を考える暇もなくなります。 (3)サボりを防止できる せっかく新しい知識を学ぶ機会があっても、途中でやめてしまっては意味がありません。 通学タイプの場合、だらしない人でも怠けにくい環境です。 「怠けると先生から怒られる」というプレッシャーが適度な緊張感を生み、サボりを防止する効果があります。 周りの生徒から熱意も伝わり、怠けやすい人でも勉強を続けやすくなるでしょう。 ---------- 少しお金はかかりますが、自分への投資です。 強制力はありますが、見方を変えれば「失恋を忘れさせるための強制力」とも言えるでしょう。 余裕があれば、マンツーマンがさらに効果的です。 興味のある習い事を始めてみてはいかがでしょうか。 興味は、わくわくするだけでなく、満たすためにあります。 「いつか学びたい」と思っていた習い事があれば、今が始めるチャンスです。 失恋を忘れられるだけでなく、新しい学びも得られ、一石二鳥です。 通学タイプの習い事を始める。

27
★0

ペットは、失恋の悲しみを癒してくれる存在。

失恋直後は、ペットを飼ってみる、いい機会の1つです。 ペットは、失恋の悲しみを癒してくれる存在です。 つぶらな瞳、愛くるしい表情、ふわふわした毛並み、かわいい手足、元気な鳴き声。 無邪気にはしゃいでいる姿を見るだけで、ほっと癒されるでしょう。 もちろん心の穴を埋めるために、ペットを利用するわけではありません。 あくまで「失恋の機会に新しい生きがいを見つける」という意味で、ペットを検討します。 ペットが新しい生きがいになれば、失恋を忘れさせてくれるでしょう。 小さな体でも、大きな存在感があります。 ペットは仲のいい友達でもあり、偉大な先生でもあります。 いつも元気と励ましを与えてくれる友達です。 無邪気に楽しく生きることの大切さを教えてくれる先生です。 失恋を忘れさせてくれるだけでなく、生活に新しい潤いをもたらしてくれるでしょう。 ペットを飼い始めると、自分の生活に活気が生まれます。 結果として、失恋の悲しみを癒してくれます。 自分に合っているなら、犬でも猫でもかまいません。 ペットショップに出かけてみると、運命的な出会いがあるかもしれません。 ただし、ペットを飼うなら注意点もあります。 まずしっかり責任を持つこと。 飼い始めるなら、家族の一員として迎え、最後まで責任を持つことが大切です。 家族と同居しているなら、あらかじめ相談することも必須です。 責任と覚悟があるなら、失恋を機にペットを飼い始めるのもいいでしょう。 失恋をきっかけに、ペットを検討してみる。

28
★0

どんなタイミングであっても「ベストタイミングで別れられた」と考える。

別れたタイミングについて、どんな感想ですか。 「もっと早く別れるべきだった」と思うかもしれません。 「まだ付き合っていたかった」と思うこともあるでしょう。 中には「最悪のタイミングだった」と嘆く人もいるかもしれません。 しかしどんなタイミングであっても「ベストタイミングで別れられた」と考えましょう。 ベストタイミングでなくてもかまいません。 とにかく「ベストタイミングだった」と言い切るのがポイントです。 どんなタイミングであっても、後から「ベストタイミング」ということにすればいい。 条件や都合は、考え方によっていかようにも変わります。 「ベストタイミングだった」と思えば、そう言える条件だったことに気づけ、本当にベストタイミングに思えてきます。 「それでいいのか」と思いますが、それでいいのです。 そもそも現実は考え方しだいで見え方が変わるもの。 自分の都合のいいように、現実をとらえた人の勝ちです。 「できない」と思わず、やってみてください。 頭を柔らかくして視野を広げて考えれば、きっとできます。 「もう少し遅ければ、別れに失敗していたかもしれない」 「もう少し早ければ、余計なトラブルが増えていたかもしれない」 消去法で考えれば、別れたタイミングがちょうどいいように思えてきます。 遅すぎず早すぎず、ちょうどいいタイミングでした。 「ベストタイミングで別れられた」と納得できれば、気持ちよく新しい人生がスタートできます。 ベストタイミングで別れることができたあなたは、幸せなのです。 タイミングが悪くても「ベストタイミングで別れられた」と考えよう。

29
★1

社内恋愛は、別れた後も、仕事と割り切る。

社内恋愛の場合、別れた後、関係が気まずくなりがちです。 同じ職場に元恋人がいると、付き合っていたころのなごりがあって接しにくいでしょう。 別れ方によっては「話したくない。顔も見たくない。声すら聞きたくない」と思うこともあるはず。 いっそのこと退職という方法もありますが、少し大げさです。 今まで積み上げてきたキャリアを、失恋のせいでリセットするのはもったいない。 再就職も容易ではありません。 別れた後も同じ職場で働き続けるなら、元恋人と気まずくても、仕事と割り切って接することが大切です。 仕事は仕事です。 ビジネスであることを意識しましょう。 接し方が堅苦しくてもいいので、仕事だけはきちんと処理しなければいけません。 必要なら、報告・連絡・相談もきちんとします。 「気まずいが仕方ない。これは仕事だ。この仕事を待っている人がいる」 自分に言い聞かせると、接する勇気も出てくるでしょう。 「精神力を鍛える機会だ」と前向きにとらえるのも、いいアイデアです。 余計な会話は省き、最低限の会話で済ませるようにすれば、仕事への悪影響もありません。 最初は気まずい雰囲気が漂っていても、仕事と割り切って接していくうちに慣れてきます。 何度か接していくうちに慣れてくれば、気まずい雰囲気も軽くなるでしょう。 一定の時期が過ぎれば、人事異動でお互い離れることになるはずです。 元恋人が同じ職場にいても、仕事と割り切って接する。

30
★2

新しい恋は、失恋を癒してくれる特効薬。

新しい恋を見つけると、失恋から立ち直りやすくなります。 別れた人のことをずっと考え続けていても仕方ありません。 恋を失ったなら、新しい恋を見つければいい。 終わった恋愛は忘れ、新しい恋愛を探しましょう。 新しい恋をすると、どきどきした高揚感が生まれ、失恋の苦しみが消えます。 もちろんすぐ恋人を作るのは難しいでしょう。 新しい恋人を作りたくても、縁がないと始まりません。 そんなときは、片思いでもかまいません。 片思いも立派な恋愛。 あなたは誰を好きになっても自由です。 誰かを好きになるだけで、世の中の見方が変わり、笑顔や元気が増えます。 心や自分が強くなり、生活が輝き始めます。 どきどきしてホルモンの分泌もよくなり、いいことずくめ。 あなたの周りに「この人はすてきだな」と思う人はいませんか。 すてきな人がいれば、今すぐ片思いをしましょう。 「この人はすてきだな」と思う人がいると、その人に注意が向きます。 誰かに魅力を感じているとき、あなたの心に火がつきます。 勇気を出して話しかければ、仲良くなれます。 知り合って意気投合すれば、付き合えるチャンスが高まります。 付き合い始めれば、前の恋人のことはすっかり忘れられます。 新しい恋は、失恋を癒してくれる特効薬なのです。 片思いでもいいので、新しい恋を始める。

同じカテゴリーの作品