失恋・別れ

失恋を忘れる
30の方法

  • 失恋したら、
    おいしいものを食べに行こう。
失恋を忘れる30の方法

もくじ
  1. 失恋したら、おいしいものを食べに行こう。

    失恋したときは、おいしいものを食べに行きましょう。
    前から気になっていたお店はありませんか。
    自分にとって「高級」と感じるお店はありませんか。

  2. 失恋は、忘れたいと思えば思うほど、忘れにくくなる。

    早く失恋を忘れたいと思うのは要注意です。
    忘れたいと思えば思うほど、忘れにくくなるからです。
    忘れたいと思った瞬間、失恋のことを考えてしまいます。

  3. 筋肉は、ポジティブな感情の発電機。
    スポーツで汗をかきながら、くよくよする人はいない。

    失恋をしたら、スポーツを楽しみましょう。
    失恋で落ち込んでじっとしていても、何も解決しません。
    とにかく外に出て、体を動かすことが大切です。

  4. まだ普通の別れ方でよかった。

    恋人と別れて失恋で苦しんでいるときは、こう考えてください。
    「まだ普通の別れ方でよかった」と。
    失恋で泣いたり落ち込んだりして、元気の出ない時期が続くでしょう。

  5. 過去にとらわれず、前を向いて、今を生きよう。

    別れによる喪失感を埋める方法は、ただ1つ。
    過去にとらわれず、前を向いて、今を生きることです。
    過去を振り返ってくよくよしていても、不毛な時間が過ぎるだけ。

  6. 一定期間、とにかく予定を詰め込もう。

    早く失恋を忘れたければ、一定期間、とにかく予定を詰め込みましょう。
    会議・打ち合わせ・出張。
    友達と遊びに出かける約束、家族と食べに行く約束。

  7. 失恋中は、前向きになれる本をカバンに入れておこう。

    失恋中は、できるだけくよくよしないことが大切です。
    終わった過去は振り返らず、未来に向けて今すべきことに集中したほうが建設的です。
     

  8. 罪悪感があって、思い出の品物を処分しにくいとき。

    別れた後、恋人との思い出の品物を処分するのは自由です。
    一緒に撮った写真、買ってもらった洋服、プレゼントでもらったアクセサリー。
    「持っていても仕方ない。むしろ新しい道の妨げになる」

  9. 処分すると決めたら、早く処分しよう。
    もたもたしていると、気が変わる。

    恋人と別れた後は、思い出の品物をどうするかは自由です。
    大切に保管するのもいいですが、必要ないものなら、処分するのも素晴らしい決断です。
    いらないものを処分するのは当たり前の行為。

  10. 高価で処分しにくいものは、誰かにあげてしまおう。

    恋人からもらったものを処分するとき、高価なものがあると厄介です。
     
    たとえば、高価な部類である指輪・ネックレス・ブレスレットなどです。

  11. 恋人と別れた日は「自分の独立記念日」と呼ぼう。

    恋人と別れた日を、どう呼んでいますか。
    おそらく特に名前を付けず、普通に「恋人と別れた日」という呼び方ではないでしょうか。
    もしくは、恋人と別れた日に特別な意識すらないかもしれません。

  12. 失恋は、人生のちょっとしたイベント。
    イベントが起こるから、人生は面白くなる。

    失恋は、人生のちょっとしたイベントです。
    イベントといえば、大きく賑わう祭りのようなイメージがありますが、失恋も似たようなものです。
    考え方によっては、失恋は人生を面白くさせるために必要なイベントです。

  13. 知らない人に挨拶していくと、だんだん立ち直っていく。

    なかなか失恋から立ち直れないときは、知らない人に挨拶しましょう。
    もちろん知っている人に挨拶するのも大切ですが、それだけでは不十分。
    なかなか失恋から立ち直れないときは、知らない人に挨拶するほうが効果的です。

  14. 失恋を明るく話すことで、どんどん心が軽くなる。

    失恋したときは、誰かに話しましょう。
    失恋は、絶好の話のネタです。
    なかなか普段はできない経験をしたのですから、ユニークな話ができるでしょう。

  15. 失恋の苦しみは、人に話していくことで軽くなっていく。

    失恋してから、何人にその話をしましたか。
    誰にも話していないのはよくありません。
    なかなか失恋から立ち直れないのは、人に話していないからではないでしょうか。

  16. 話すのが恥ずかしい失恋は、匿名でブログに書けばいい。

    失恋の苦しみは、人に話していくことで軽くなります。
    話すことは、ストレスを吐き出す効果があります。
    誰かに打ち明けることで「過去の出来事」という認識も強くなり、心に折り合いがつきやすくなるのです。

  17. 「早く新しい恋人を作ろう」と考えることが、切り替えを早くするコツ。

    失恋中は、自信が失われがちです。
    「新しい恋人ができるかな」
    「もう二度と恋人ができないのではないか」

  18. 恋愛上手な人をイメージすると、失恋から立ち直りやすくなる。

    身近に恋愛経験の豊富なベテランはいませんか。
    年上でなくてもかまいません。
    同性でも異性でもかまいません。

  19. 失恋から立ち直って、卒業宣言をするのではない。
    卒業宣言をするから、失恋から立ち直れる。

    さあ、失恋の卒業宣言をしましょう。
    「まだ失恋で苦しんでいる最中」
    「失恋から立ち直れていないから早すぎる」

  20. 「失恋から立ち直る最短記録を作る」と思えばいい。

    失恋から早く立ち直るために、ある記録に挑戦しましょう。
    「失恋から立ち直る最短記録を作る」という挑戦です。
    「3日で立ち直った」

  21. 励まされたときは「そうかな」ではなく「そうだね」。

    失恋したことを誰かに話したとき、励ましてもらえることがあります。
    相談した相手が優しい心の持ち主なら、前向きな言葉で元気づけてくれるでしょう。
    「これでまた少し大人になったね」

  22. 心のストレスは、紙に書いて吐き出せばいい。

    失恋中、心の中では戦争です。
    「つらい」「苦しい」がぶつかり合って、助長される。
    「寂しい」「悲しい」が混ざり合って、増幅される。

  23. 別れた人からの連絡を期待するのは、もうやめる。

    心のどこかで期待していませんか。
    別れた人から連絡が来ることを。
    「別れた人から復縁の連絡があるのではないか」

  24. 「嫌な思い出」と呼ぶのではない。
    「貴重な出来事」と呼べばいい。

    苦い別れ方をしたとき「嫌な思い出」と呼ぶことがあります。
    もちろん別れるからには、複雑な事情があったのでしょう。
    大きなトラブルがあって、苦い別れ方をすれば「嫌な思い出」と呼びたくなるのも当然です。

  25. 芸術家にとって失恋直後は、創作活動のベストタイミング。

    別れを経験して失恋したら、芸術のチャンスです。
    芸術家が創作活動をするとき、感性が重要です。
    画家・作家・音楽家。

  26. 通学タイプの習い事で、失恋を忘れよう。

    失恋は、習い事を始めるいい機会です。
    習い事とはいえ、独学タイプより通学タイプがおすすめです。
    1人で黙々と学ぶのもいいですが「失恋を忘れる」という点においては、通学タイプのほうが有利です。

  27. ペットは、失恋の悲しみを癒してくれる存在。

    失恋直後は、ペットを飼ってみる、いい機会の1つです。
    ペットは、失恋の悲しみを癒してくれる存在です。
    つぶらな瞳、愛くるしい表情、ふわふわした毛並み、かわいい手足、元気な鳴き声。

  28. どんなタイミングであっても「ベストタイミングで別れられた」と考える。

    別れたタイミングについて、どんな感想ですか。
    「もっと早く別れるべきだった」と思うかもしれません。
    「まだ付き合っていたかった」と思うこともあるでしょう。

  29. 社内恋愛は、別れた後も、仕事と割り切る。

    社内恋愛の場合、別れた後、関係が気まずくなりがちです。
    同じ職場に元恋人がいると、付き合っていたころのなごりがあって接しにくいでしょう。
    別れ方によっては「話したくない。顔も見たくない。声すら聞きたくない」と思うこともあるはず。

  30. 新しい恋は、失恋を癒してくれる特効薬。

    新しい恋を見つけると、失恋から立ち直りやすくなります。
    別れた人のことをずっと考え続けていても仕方ありません。
    恋を失ったなら、新しい恋を見つければいい。

同じカテゴリーの作品