人生の教科書



失恋・別れ
別れ話の回数の上限。
失恋・別れ
言いにくいことを笑ってごまかす癖がある人は要注意。
失恋・別れ
一度別れ話を切り出したら、中断をしない。
結果が出るまで突き進む。
失恋・別れ
別れ話を切り出すのに適した時間帯。
失恋・別れ
別れ話は、複数回あってもいい。
失恋・別れ
自分が悪くなくても、素直に謝っておくほうが、スムーズに別れられる。
失恋・別れ

別れ話で話し合いをするときの
30の心得

  • 別れ話は、
    一方的にならず、
    話し合いから入る。
別れ話で話し合いをするときの30の心得

もくじ

1
★0

別れ話は、一方的にならず、話し合いから入る。

「別れたい!」 そう思ったとき、早まった考えで別れを告げるのはよくありません。 「今すぐ別れます」 「今日で恋人関係は終わりにします」 「もう二度と連絡をしてこないでほしい」 決め付けたような言い方をすると、恋人はひどく取り乱すでしょう。 強引で一方的な印象があり、誠意にも欠けます。 頭の整理が追いつかず、状況を正しく理解できないかもしれません。 場合によっては恋人から反感を持たれ、かえって別れにくい状況になる可能性もあります。 別れ話を切り出す状況は、大変デリケートです。 十分配慮する必要があります。 別れ話で最も心がけたいのは、話し合う姿勢です。 別れ話を切り出すときは、一方的にならず、話し合いから始めましょう。 感情的にならず、理性的に話すのがポイントです。 別れについて考えていることを伝えた後、恋人の意見も聞きながら話し合います。 話し合いから始めれば、落ち着いて冷静に話し合えます。 別れたいと思うようになった事情を丁寧に話せば、恋人もだんだん心の整理ができるでしょう。 恋人から問題解決の提案で引き止められれば、別れ話を撤回する可能性もあるはずです。 早く話し合いを終わらせたいかもしれませんが、時間をかけることが大切です。 一つ一つ整理をしながら話したほうが、時間はかかっても、納得してもらいやすくなります。 丁寧に話す姿勢を見せれば、誠意も伝わり、別れ話もスムーズに進みやすくなります。 別れ話は、一方的にならず、相談から入る。

2
★2

別れ話における時間の目安とは。

1回の別れ話は、どのくらい時間をかければいいのでしょうか。 もちろん納得するまで話し合えばいいと思いますが、時間を気にせず、延々と話し続けるのもよくありません。 別れ話が長くなればなるほど、疲れがたまり、集中力も低下してぐだぐだしがちです。 状況にも寄りますが、1回の別れ話は「1時間半」が目安です。 これは「人が集中力を保てるのは90分程度」と言われているためです。 大学の授業が90分であるのも、同じ理由です。 90分を越えると、集中力が落ちてしまい、思考がぼんやりしがちです。 話が支離滅裂になったり、言われたことも聞いているだけの状態になったりする可能性があります。 正常な思考で話し合うのが難しくなるため、建設的な会話もしにくくなります。 別れ話でも、集中力は重要です。 特に別れ話は、お互いショッキングな内容であるため、思考力と集中力の消費が早くなるでしょう。 もちろん90分はあくまで1つの目安です。 状況によっては延長もありますが、長くなりすぎない配慮は必要です。 別れ話は、だらだらすればするほど、まとまりにくくなります。 長くても2時間でまとめたいところ。 話が延々と続くようなら、一度区切りのいいところで話を終わらせ、あらためて別の機会を設けるほうがいいでしょう。 「集中力を保ちながら別れ話をするなら、目安は90分」と覚えておけばいいでしょう。 1回の別れ話は、90分を目安にする。

3
★2

別れには、どのくらい時間を使えばいいのか。

別れ話を切り出してから決着がつくまで、どのくらい時間を使えばいいのか。 1週間か、1カ月か、3カ月か。 もちろんカップルの事情によって異なりますが、やはりお付き合いの期間を基準にして考えるのが一般的です。 3年も付き合っていたカップルが、たった1日の別れ話で決着をつけるのは、不可能ではありませんが難しいでしょう。 付き合いが長ければ長いほど、思い出も思い入れもたくさんあります。 絆や愛着も深いため、別れたくても簡単には実現できないでしょう。 自分はすぐ別れたくても、相手の立場も考えると、決着がつくまでには時間がかかるはずです。 したがって別れにかける時間は、お付き合いの期間に応じて見積もっておくのが賢明です。 たとえば、お付き合いの期間が1年なら、別れには1カ月ほど見積もっておきます。 お付き合いの期間が3年なら、別れには3カ月ほど見積もっておきます。 あくまで一例ですが、お付き合いの期間が長さに応じて、別れの話し合いにも時間をかけるように配慮します。 別れ話が早く決着する分にはいいのですが、相手の立場も考えて、長めの期間を見積もっておくほうがいいでしょう。 時間がかかってもどかしく感じるかもしれませんが、無理に急ぐのはよくありません。 相手が納得してもらってこそ、いい別れ方ができます。 急いで決着をつけようとするのではなく、余裕を持って話し合うようにしましょう。 別れ話にかける時間は、お付き合いの期間に応じて見積もっておく。

4
★0

別れ話は、ゆっくり話したほうが早く終わる。

別れ話をするときは、早口には要注意です。 別れたい気持ちをしっかり伝えようと思い、早口でまくし立てる人もいるかもしれません。 たしかに早く話をしたほうが、短時間で多くの言葉を伝えられます。 しかし早口で話すと、自分はよくても、相手の理解が追いつかなくなるでしょう。 まくし立てる様子は、誤解も招きやすい。 「勢いがあって怖い」 「話についていけない」 「誠意も配慮も足りない」 悪い印象しか残らなくなり、別れ話に納得しにくくなります。 別れ話は、相手に納得してもらわなければ意味がありません。 相手に納得してもらうためには、相手が納得できるスピードで話すことが重要です。 別れ話は、急いで話す必要はありません。 やはりゆっくり話すのが一番。 1回で話がまとまらなければ、2回目の話し合いをすればいいだけです。 2回目でも話がまとまらなければ、3回目の場も設けます。 一言ずつ言葉を選びながら話したほうが、失言を防ぎやすくなります。 話すスピードは遅くても、話の理解は早くなるので、納得してもらいやすくなります。 ゆっくり話す様子は、堂々として決意が固い様子にも見えるため、ますます効果的です。 別れ話は、ゆっくり話したほうが、かえって早く終わるでしょう。 別れ話は、早口で話すのではなく、ゆっくり話す。

5
★0

がっつり食事をしながら、別れ話をしない。

別れ話をする場所として、カフェやレストランで切り出すことがあります。 適度なざわつきのある空間のほうが話しやすくなります。 相手が暴力を振るいやすい性格なら、周りに人がいてくれたほうが、万が一のときにも安心です。 ただし、カフェやレストランで別れ話をするのはいいのですが、食事について注意点があります。 カフェやレストランで切り出すなら、がっつり食事をするのは避けたほうが賢明です。 がっつり食事をしながら別れ話をしようとすると、食べるのか話すのかはっきりしません。 がっつり食事をすると、おなかがいっぱいになって頭がぼうっとします。 きちんと話そうとしても、頭の回転が鈍い状態では、理路整然と話をするのは難しくなるでしょう。 そもそも現実的に、別れ話を始めると雰囲気が深刻になって、食事をおいしく味わうどころではなくなるはずです。 カフェやレストランで別れ話をする場合、食事をするのはいいのですが、軽食の範囲を心がけましょう。 たとえば、スコーン・コーヒー・一品料理などです。 満腹状態になるのは避け、小腹を満たす程度なら、別れ話の妨げにはなりません。 別れ話をするなら、前もって軽い食事を済ませておくのも、1つの方法です。 カフェやレストランで別れ話を切り出すなら、がっつりした食事をするのは避け、軽食程度にする。

6
★0

お酒を飲みながら別れ話をしない。

別れ話を切り出すとき、お酒の力を借りようと思う人もいるかもしれません。 言いにくい話も、酔ってしまえば言いやすくなるでしょう。 ふわふわした気持ちになれば、暗い雰囲気も少しは明るく感じるかもしれません。 しかし、やはり別れ話にお酒は不要です。 話しやすくなると思うのは、自制心が失われているから、そう感じるだけ。 実際は理解力や判断力など、思考力全体が低下した状態になっています。 お酒を飲むと、理性や感情のコントロールが難しくなります。 ただでさえ感情的になりやすい話が、余計に感情的になります。 頭の回転も鈍くなり、冷静な会話が難しくなる。 後になって「言いすぎてしまった」「なぜあんなことを言ったのだろう」と悔やむことになるでしょう。 暗い話をしている最中は、お酒の量も増えやすい傾向があり、よいことはありません。 お酒を飲むと、帰り道も心配です。 車を運転しないから大丈夫という話ではありません。 車を運転しなくても、酔うと危険の予知や回避する力が低下して、帰り道の途中で事故に遭いやすくなります。 別れ話では、お互いお酒を飲まないのが賢明です。 別れ話は、しらふの状態で話し合うのが一番。 ついお酒に手が伸びそうでも、ぐっと我慢です。 別れ話では、お互いお酒を飲まない。

7
★0

カフェインが含まれた飲み物は、別れ話に最適。

別れ話のときにお酒は避けましょう。 お酒を飲むと、理性や感情をコントロールしにくくなり、冷静な話し合いがしにくくなります。 頭の回転も鈍くなり、冷静な会話が難しくなるでしょう。 後になって「なぜあんなことを言ったのだろう」と悔やむことになるはずです。 別れ話のときには、お酒を飲みたくても、ぐっとこらえることが大切です。 では逆に、別れ話のときに適した飲み物もあります。 それは、カフェインの含まれた飲み物です。 たとえば、紅茶・緑茶・コーヒーです。 カフェインが含まれた飲み物を飲むと、中枢神経が刺激され、頭がしゃきっとします。 思考がはっきりした状態になり、頭の回転も速くなります。 夜に別れ話を切り出す場合も、カフェインが含まれた飲み物が役立ちます。 夜は、疲れや眠気が話の妨げになりますが、カフェインが含まれた飲み物を飲めば、疲れも眠気も吹き飛ぶでしょう。 特にカフェインの含有量が多いコーヒーは、別れ話との相性が抜群です。 カフェインの力を借りれば、冷静な話し合いを促せるでしょう。 また、できれば冷たい飲み物より温かい飲み物のほうがいいでしょう。 温かい飲み物は血行がよくなるため、覚醒作用がさらに高まります。 ただし、飲みすぎには要注意です。 カフェインには、利尿作用があります。 飲みすぎると、お手洗いに行く回数が増えてしまうため、別れ話の妨げになることがあります。 飲むときは、適度の範囲を心がけましょう。 カフェインが含まれた飲み物を飲みながら、別れ話を切り出す。

8
★1

恋人からもらったアクセサリーを、別れ話で返却する。

恋人と別れたとしたら、もらったアクセサリーはどうする予定ですか。 指輪・ネックレス・腕時計などです。 基本的にもらったものは、あなたが所有者ですから、どうしようが自由です。 過去を引きずりたくないため「恋人と別れたら、もらったものはすべて処分する」と決めている人もいるでしょう。 もし処分する予定が決まっているなら、ある工夫をおすすめします。 それは「別れ話のときに返却する」という方法です。 別れ話をスムーズにさせるためには、決意と誠意が重要です。 別れ話で、恋人からもらったものを返却しようとすることで、別れの決意と誠意を強調して伝えられます。 「きっぱり別れたい」「けじめをつける」という雰囲気も出やすい。 思い出の品物を処分する手間も省け、一石二鳥です。 返却するときは、素のままより、箱に入れておくほうが丁寧です。 相手が受け取ってくれれば、別れに承諾した雰囲気が生まれ、反論しにくくなるでしょう。 受け取ってもらえるかどうかは相手しだいですが、少なくとも決意と誠意を強調させる効果はあるでしょう。 もらったプレゼントを処分するつもりなら、別れ話のとき、返却してみてはいかがでしょうか。 恋人からもらったプレゼントを別れ話のときに返却して、決意と誠意を見せる。

9
★0

相手を傷つける発言は、余計に別れ話がこじれるだけ。

「相手を傷つければ、自分を嫌いになって、別れやすくなるのではないか」 そんな発想をする人もいるかもしれません。 相手から嫌われるような発言をすれば、愛情もなくなり、別れ話がスムーズに進むと考えることもあるでしょう。 「あなたとは嫌な思い出しかない」 「付き合ったのが間違いだった」 「内面は本当に最低だよね。詐欺師だ」 「私と別れてくれないと、一生恨む」 「顔も見たくない。目の前から消えうせろ」 ひどい言葉を浴びせれば、相手の心は深く傷つくでしょう。 愛していた人から言われるからこそ、言葉が心に深く突き刺さります。 しかし、別れを促すためにわざと相手を傷つけるのはよくありません。 自分を否定されると、別れ話に納得したくない気持ちが強くなります。 そのため、かえって別れ話がこじれてしまい、余計に別れにくくなります。 相手を逆上させると、場合によっては暴力を振るわれ、事件に発展する可能性もあります。 相手を不快にさせれば、別れ話がこじれるだけ。 別れ話では、わざと相手を傷つける発言は控えましょう。 感情的な発言は、1つもないようにしたい。 相手に別れ話を納得してもらうには、一貫して理性的な発言を心がけます。 たとえ相手から傷つく言葉を言われたとしても、自分は冷静を保つように努めましょう。 理性的な発言を心がけたほうが、別れ話はスムーズに進められます。 相手を傷つけるようなことは、言わない。

10
★0

余計なスキンシップは、別れ話に不要。

別れ話をしているとき、相手の体には触れないようにしましょう。 自分から触れるのも、相手から触れてくるのもNGです。 たとえば、相手の手を握りながら別れ話をするのはよくありません。 自分から握るのも、相手から握ろうとしてくるのもNGです。 「手を握りながら別れ話をすれば、しっかり気持ちが伝わるのではないか」と思いますが、逆効果です。 余計なスキンシップがあると、お互い別れたくない気持ちが強くなるだけ。 これから別れようとする相手の体に触れるのは、不自然です。 「別れないほうがいいのではないか」という甘い考えが、お互い生まれやすくなります。 未練がましいだけで、余計に別れがこじれます。 別れ話を切り出した時点で、まだ恋人関係は続いていても、終わりに向かっている状況です。 相手が手を握ろうとしてくれば、振り払いましょう。 冷たい態度に思えるかもしれませんが、はっきり態度で示さなければ、別れの決意が伝わりません。 当然ですが、抱きしめたりキスをしたりするのも控えましょう。 相手から「最後にキスをしてから別れよう」「最後だから抱きしめたい」などの要求があっても、拒否するのが賢明です。 勇気を持って、はっきり断ること。 指1本でも触れないようにするのが一番。 余計なスキンシップは、別れ話に不要です。 相手の体に触れながら別れ話をしない。

11
★1

「別れる」という言葉を、はっきり使ったほうがいい。

「『別れる』という言葉を使うと、相手を傷つける」 そう思い、別の言葉で言い換えようとする人もいるでしょう。 たとえば「別れる」という一言は、次のような言い換えができます。 「距離を置きたい」 「友達関係に戻りたい」 「恋人関係をお休みにしたい」 「お互い、別々の道を歩もう」 「少し違った関係になってみたい」 言い換えた表現を使えば、響きが和らぎ、相手を傷つけないように別れ話を切り出せるでしょう。 配慮は素晴らしいのですが、要注意です。 曖昧な言葉を使うと、誤解を招きやすいからです。 たとえば「別々の道を歩もう」という表現で、別れ話を切り出したとします。 自分は「別れる」という意味で言ったつもりでも、相手は「冷却期間を置く」という意味で誤解するかもしれません。 すると、自分では別れたつもりでも、相手は「まだ付き合っている」と食い違いが起こる可能性が出てきます。 何でも言葉を濁せばいいわけではありません。 別れ話では「別れる」という言葉をはっきり使ったほうがいい。 大事な場面では、はっきりした言葉が必要です。 これは、相手を傷つける意味にはなりません。 自分の気持ちを、ただ正直に伝えるだけのことです。 「別れる」という言葉は、少しとげとげしいですが、ストレートに意味が伝わる一言です。 勇気を出して伝えましょう。 別れ話では「別れる」という言葉をはっきり言うのがベストです。 別れ話には「別れる」という言葉をはっきり使う。

12
★0

別れ話では、余計な冗談を言わないのが賢明。

雰囲気を和らげようと思い、冗談を言うこともあるかもしれません。 ビジネスでは、会議やプレゼンの前に軽い笑い話をして、堅苦しい雰囲気を取り払うことがあります。 たしかに笑いには、場を和ませる力があります。 冗談で相手が笑ってくれれば、別れ話の堅苦しい雰囲気が少し和らぎそうな気がします。 しかし、笑いに場を和ませる力があるとはいえ、別れ話では、余計な冗談を言わないのが賢明です。 別れ話は真剣な話し合いです。 冗談を言うと、真面目な雰囲気が壊れます。 たとえば、別れ話で次のような冗談を言われたら、どう感じるでしょうか。 「鼻毛が長いから別れたい。嘘、嘘。冗談だよ」 真剣な雰囲気が、急にふざけた雰囲気に変わるでしょう。 冗談も下品で、笑うに笑えません。 冗談の内容によっては、相手を怒らせる場合もあります。 もし堅苦しい雰囲気が嫌なら、飲み物を飲みながら話し合えばいい。 紅茶やコーヒーなどの飲み物を飲むと、緊張が和らぎ、リラックスが促されます。 話の流れで普通に笑いがあるのはいいのですが、わざわざ無理に笑わせようとする必要はありません。 別れ話に余計な冗談は不要です。 別れ話は、お互い人生の方向転換に関わる重要な話し合い。 冗談で笑いを誘うのはやめ、真剣に話し合うのが一番です。 別れ話では、余計な冗談を言わない。

13
★1

別れ話をスムーズにするためには、別れたときの素晴らしさを伝えること。

突き詰めて考えれば、別れ話とは「相手を納得させること」に尽きます。 別れは、お互いに納得して成立するもの。 「別れたい」という自分の主張を、いかに納得してもらうかが大切です。 そのためには、できるだけ「別れさせる」という強制は避けるようにします。 誰でも強制は嬉しくありません。 強制は、自発性を奪います。 たとえそれが合理的であっても、強制はつい反発したくなるもの。 押し付けるような印象が強いと、相手も素直に別れに応じてくれません。 相手も「別れたほうがいい」と考えることができるよう話を進めていくことが、別れ話をスムーズにするポイントです。 では、どうするか。 それは、別れたときの素晴らしさを伝えるのがポイントです。 相手の立場になって、別れたときの素晴らしさを考えてみましょう。 別れたときの素晴らしさをいくつか挙げ、別れ話に含めて伝えるようにします。 「私と別れたほうが、あなたは強くなれる」 「別れたら、もっと自分の時間が増えるよ。夢を叶えやすくなる」 「今のままではよくない。あなたにはもっと別の人生がある」 「私と別れたら、最初は嫌でも、後からよかったと思えるようになるはず」 感情で訴えるより、理性で訴えましょう。 丁寧に別れたときの素晴らしさを伝えていけば、だんだん心境に変化が現れるでしょう。 相手も「たしかに別れたほうがいいかもしれない」と思うようになり、別れを前向きに考え始めるでしょう。 別れ話に、別れたときの素晴らしさを伝える。

14
★1

複雑な事情の場合、別れるときに本当の理由を言うべきか。

別れたい理由は、正直に言うのが基本です。 相手に誠意を見せるためにも、嘘はつかず、ありのままの理由を伝えたほうがいいでしょう。 理由を隠したりごまかしたりして別れるのは、誠意に欠けます。 もし言葉が悪くなるようなら、言い換えたりオブラートに包んだりなど工夫をします。 不誠実な理由で別れるなら「ざんげ」という意味でも、非難されるのを覚悟の上、正直に告白したほうがいいでしょう。 しかし、本当の理由が複雑な事情である場合は、そのかぎりではありません。 事情によっては、隠したほうがいい場合もあります。 たとえば、二股です。 付き合っていた当初から二股なら、恋人を騙し続けていたことになります。 本当の理由を言えば、ただでさえ大変な別れ話が、余計に大変になります。 もともと恋人が暴力を振るう性格なら、真実を告白すれば、命に危険が及ぶ可能性もあるでしょう。 この場合については、ケース・バイ・ケースと考えるのが妥当です。 もちろん正直に言うのが誠実ではありますが、状況によっては臨機応変な対応も必要です。 本当の理由を言うことで、重大な問題に発展しそうなら、自己責任の上、隠し通すのも方法の1つです。 不誠実であるものの、人生では嘘が必要になる場面があるのも事実。 穏便に済ませる手段を選ぶのも悪くないでしょう。 とりわけ命に関わるような問題に発展しそうな場合は、慎重な判断が必要です。 自分だけで考えるのではなく、頼りになる人と相談した上で、総合的に判断することをおすすめします。 本当の理由が極めて重大な内容なら、自己責任の上、隠す方法も検討する。

15
★0

言い分を話すときは、話が長くならないように注意する。

別れ話で自分の言い分を話すとき、話の長さには注意しましょう。 事情を詳しく話そうとすると、話が過去の出来事にも及んで、話が広がることがあります。 もちろん誤解がないよう、丁寧に話をするのは大切ですが、話が長くなりすぎるのはよくありません。 あくまで話し合いです。 キャッチボールになるよう、お互いのコミュニケーションが大切です。 自分の言い分を話して、相手の言い分を聞き、また自分の言い分を話す、という繰り返しです。 自分の言い分を話すときは「3分以内」を目安にまとめましょう。 長くても、5分です。 それ以上話が長くなると焦点がぼやけ、かえって言いたいことが伝わりにくくなります。 自分の言い分は、簡潔に分かりやすく話をするようにしましょう。 その場ですぐできる自信がなければ、あらかじめ言い分をまとめておくのが得策です。 あらかじめ話す内容を考えておくのは、おかしなことではありません。 別れ話は人生を決める大切な場面ですから、あらかじめ発言と進行を考えて練習するのは当然のこと。 話を簡潔に分かりやすくまとめれば、別れ話もコンパクトにまとまります。 自分の言い分は、3分以内を目安にして、簡潔に分かりやすくまとめる。

16
★1

別れ話で、必要ない過去まで掘り返しすぎないようにする。

別れ話で、過去に一度決着した問題を取り上げることがあります。 もちろん別れたい理由を話す都合上、過去に触れる程度ならいいのです。 「あのときの暴力が忘れられない」 「○○にデートしたときの大喧嘩で、別れたい気持ちが強くなった」 過去の過ちが、別れたい理由の1つになっていれば、正直に話す必要があるでしょう。 しかし、過去を話すことはあっても、むやみにいくつも掘り返すのはよくありません。 「○○のとき、約束を破ったよね」 「○○で裏切られたことが今でも忘れられない」 「あのときの乱暴がトラウマになっている」 「○○を壊されたことが今でも傷ついている」 不快な過去の話を1つしたとき、芋づる式でほかの過去も思い出すことがあります。 「そういえばこんなこともあった。あんなこともあった」 あれもこれも不快な過去を出して責めると、相手は追い詰められます。 バランスの取れた話し合いがしにくくなってしまい、相手の納得が得られにくくなります。 すでに決着した出来事なら、別れ話で不必要に掘り返さないことです。 不快な過去を取り上げるなら、決定的な出来事を、1つか2つ取り上げる程度で十分です。 具体的な話に絞って話したほうが分かりやすく、不快感も最小限に抑えられます。 言いたいことがあっても、余計な過去まで話に出さないことです。 不快な過去を取り上げるなら、決定的な出来事を、1つか2つ取り上げる程度にする。

17
★0

同情で別れを撤回するのは要注意。

「別れたくない。嫌だ、嫌だ!」 相手が必死で別れを引き止めてきたとき、どうするか。 女性の涙に弱い男性もいるでしょう。 男の涙を見て、母性本能をくすぐられる女性もいるでしょう。 特に普段泣かない人が、別れ話で泣きながら引き止めてくると、決意が揺らぐかもしれません。 くしゃくしゃの顔になって、大粒の涙を流しながら引き止められると、胸が痛むところではないでしょうか。 もちろん愛されていることがきちんと再確認できれば、別れ話の撤回もあっていいでしょう。 相手が悪かったところを直す約束をしてくれたなら、再チャンスを考えるのも悪くありません。 お互いの存在価値を再認識した上で復縁できれば、以前より良好な関係になることもあります。 しかし「相手がかわいそう」という理由だけで別れを撤回するのは要注意。 「相手がかわいそう」というのは「同情」です。 同情で別れを撤回すると、同情で付き合うことになります。 同情で復縁すると、哀れみで接するようになるため、付き合い方のバランスが悪くなります。 情に流されて別れを撤回しても、別れたい気持ちがあることには変わりありません。 愛を再確認して別れを撤回するならまだいいですが、同情だけの復縁は、厳しい現実が待っているはずです。 復縁して最初はよくても、しばらく経って、また別れを考え始めるようになるでしょう。 情に流された復縁は、失敗するパターンが大半です。 別れ話は、相手が泣いたくらいでは揺るがない決意を固めた上で切り出すもの。 一度別れの決意をしたなら、少々のことでは折れないことです。 時間をかけて考え抜いた上の結論なら、自分の意思を尊重すること。 別れ話で相手が泣いても落ち込んでも、情に流されず貫くことが大切です。 同情で別れを撤回しない。

18
★0

相談しつつも、堂々と訴える。

別れ話を切り出すときは、まず相談という形から入るのが基本です。 一方的な言い方は、反感を持たれ、トラブルを招きます。 相手にも言い分があるでしょう。 会話のキャッチボールを意識しながら、無理のないペースで別れ話を進めていくことが大切です。 ただし相談しつつも、別れの意思表示は堂々とした態度が必要です。 声が小さい。 おどおどしている。 目を見て話さない。 弱々しい態度では、しっかり決意が伝わりません。 それどころか「中途半端な気持ちで言っているのではないか」と疑われてしまうでしょう。 別れの主張をはじかれ、引き止められやすくなります。 弱々しい態度では、別れ話がスムーズに進みにくくなります。 一度別れると決めたなら、別れの意思表示は堂々としましょう。 はきはきした声で話す。 背筋をぴんと伸ばし、強気の態度を見せる。 きちんと相手の目を見て訴える。 普段はおっとりした性格であっても、別れのときだけは、言動を引き締めたほうがいい。 堂々とした態度は、本気の証しです。 別れ話は、人生を決める大事な場面。 堂々と訴えることで、別れたい気持ちもしっかり伝わります。 別れ話を切り出すときは、弱気にならず、堂々と訴える。

19
★1

別れるとき、嘘の理由を言ってもいいのか。

少しでもスムーズに別れたいとき、嘘の理由を考える人もいるかもしれません。 単純な理由では、簡単に引き止められます。 「仕事に集中したい」と言って別れようとしても「それなら連絡を減らせばいい」と言い返されるでしょう。 そんなとき「嘘の理由のほうがスムーズに別れられる」と思うかもしれません。 たとえば「ほかに好きな人ができた」です。 ほかに好きな人ができてしまえば、相手の力ではどうしようもないので引き止めにくい。 「どうせ別れる相手だから、嘘をついてもいいのではないか」と考えるかもしれません。 たしかに一理ある方法ですが、事情がないかぎり、基本的に嘘は控えたほうがいいでしょう。 それは次の3つの理由があるからです。 (理由1)誠意に欠ける まず嘘の理由で別れようとするのは、誠意が欠けると言えます。 ばれないからいいと思いますが、平気で嘘をつく自分に納得できない人もいるでしょう。 恋人関係を嘘で締めくくるのは、よい終わり方とは言えないでしょう。 (理由2)嘘をつくと、後が大変になる 一度嘘をつくと、つじつまを合わせるため、別の嘘をつかなければいけなくなります。 嘘を繰り返すたびに、つじつまを合わせるのが難しくなり、話がややこしくなります。 場合によっては、言葉だけでなく態度まで演じる必要があり、かえって面倒が増えることもあります。 (理由3)もしばれると、ややこしくなる もし嘘がばれると、大変やっかいです。 正直に本当の理由を言っても、すでに嘘をついた様子があるため、信じてもらいにくくなります。 相手を不快にさせたり怒らせたりして、別れがややこしくなる可能性が高くなります。 こうした事情のため、別れの理由は、できるだけ正直に言うほうがいいでしょう。 嘘をついたほうが楽に思えるのは、最初だけ。 嘘をつけばつくほどややこしくなり、正直に言うより大変になります。 ただし、絶対嘘が禁止というわけではありません。 別れるためには、嘘が必要な状況もあるはず。 複雑な事情がある場合は、自己責任の上、嘘の理由で別れるのも許容範囲です。 このときも、必要最小限の嘘にとどめておくのが賢明です。 別れるときの理由は、嘘ではなく、正直に言う。

20
★0

別れを切り出す側は、泣きたくても泣かないこと。

別れ話をしているうちに感情が高ぶり、泣きそうになることがあります。 泣いている相手を見ているうちに、心が動かされ、自分も涙が出そうになることもあるでしょう。 別れは、お互いに取ってつらいこと。 悲しい話には、涙がつきものです。 もちろん別れを切り出された側が泣くのは、まだ仕方ありません。 急に悲しい話をされると、心の整理が追いつかず、涙なしでは語れないこともあるでしょう。 しかし、別れ話を切り出す側は、できるだけ泣かないようにしてください。 悲しい気持ちになることはあっても、涙はぐっとこらえましょう。 切り出した側まで泣くと、冷静な話し合いができなくなります。 お互いわんわん泣き合う状態では、話が支離滅裂になり、建設的な話し合いが難しくなるでしょう。 ただの感情のぶつけ合いになります。 どうしても我慢できないときは仕方ありませんが、別れを切り出す側は、できるだけ泣かないように心がけてください。 心を鬼にして、別れ話を切り出します。 相手が泣いたときは「泣かないで」「元気出して」「ごめんね」など、なだめて接します。 別れの決意に涙は不要です。 涙を見せないほうが、別れの固い決意が伝わります。 断固として話し続けるほうが、別れ話がスムーズです。 別れを切り出す側は、できるだけ泣かないようにする。

21
★1

「冷めた」という理由では、物足りない。

別れのとき、よく聞かれる理由があります。 「冷めた」という理由です。 恋人にときめきを感じなくなれば、一緒にいてもつまらないと感じるでしょう。 マンネリを取り除こうと心がけても、一向に改善しない。 完全に冷え切った関係なら、別れを考えるのも仕方ありません。 もちろん冷めたことも、別れの理由になります。 ただし「冷めた」という理由はいいのですが「冷めた」という説明だけで終わるのはよくありません。 「冷めた」という理由だけでは、あまりにも抽象的です。 その続きが大切です。 「冷めた」と理由を伝えても、自然な話の流れで「なぜ冷めたのか」「どこが悪いのか」などの質問があるでしょう。 理由に冷めたことを挙げるなら、もっと具体的に掘り下げておくことが大切です。 「愛情表現がまったくなくなったから」 「お互い忙しくて、すれ違ってばかりだから」 「話しかけても、まったく反応してくれなくなったから」 具体的な話を添えて話したほうが、説得力が強くなります。 別れ話の中でも、別れの理由は最も大事な部分です。 別れの理由については、一言で終わらせるより、具体的な話を添えて話したほうが、別れ話全体が引き締まります。 「冷めた」という理由で別れを切り出すなら、具体的な話も添えて話す。

22
★2

別れ話が重苦しくなり、話し合いが停滞したとき。

別れ話は、重苦しい雰囲気が漂いがちです。 もともと別れ話は暗い要素があるため仕方ありませんが、あまりに暗い雰囲気が漂うのも考えものです。 あまりに雰囲気が重苦しいと、緊張感は張り詰め、息苦しくなるでしょう。 話しにくい雰囲気になり、別れ話が進みにくくなります。 こんなとき、どうすればいいか。 別れ話が停滞すれば、一度トイレ休憩をおすすめします。 トイレに行くと、気持ちもすっきりして、気分が変わります。 ほんのわずかなトイレ休憩でも、雰囲気を変えるためには効果的。 たとえ尿意がなくても、やはり一度トイレに行ったほうがいい。 少し体を動かせば、ほどよい気分転換にもなります。 トイレに行ったとき、洗面台で手を洗うと、水の刺激が覚醒作用をもたらし、ますます効果的です。 別れ話が停滞したときは「少しトイレ休憩を挟もう」と提案してみましょう。 飲み物が減っていれば、この時間を利用して追加するのもいい方法です。 トイレから戻ったとき、停滞していた別れ話が再びスムーズに進み始めるはずです。 別れ話が重苦しくなって停滞したときは、一度トイレ休憩を挟む。

23
★2

「分かった」という一言には要注意。

別れ話で注意したいのは「分かった」という一言です。 誰でも理解できるシンプルな一言。 しかしこの一言は、誤解を作る原因が潜んでいます。 たとえば、別れ話で自分の言い分を話したとき、相手から「分かった」という返事があったとします。 このときの「分かった」には、2つの意味が考えられます。 (1)「話を理解した」という意味の「分かった」 (2)「別れることに同意した」という意味の「分かった」 「分かった」という一言だけでははっきりしません。 普通は前後の文脈で判断できますが、別れ話では、前後の文脈があっても判断しにくいことがあります。 「分かった」という言葉の意味を曖昧にしたまま別れ話を終えると、後からトラブルに発展することがあります。 「あのときに別れたでしょう」 「まだ別れたつもりはない」 お互いの主張がずれてしまい、再び揉めることになるのです。 別れ話で「分かった」という言葉が出たときは、意味をはっきりさせておきましょう。 「話を理解した」という意味の「分かった」なのか。 「別れることに同意する」という意味の「分かった」なのか。 聞きにくいかもしれませんが、大事な部分です。 はっきり意味を確認しておけば、余計なトラブルを防げます。 別れ話で出てくる「分かった」という意味に注意する。

24
★2

相手の悪かったところを言うときの注意点。

別れ話では、相手からよく聞かれることがあります。 「自分のどこが悪かったのか教えてほしい」という質問です。 別れるとなったからには、自分の悪いところを知りたいと思うのは、当然の欲求です。 悪いところが分かれば、何とか改善して、引き止めたいと思うでしょう。 「悪いところを必ず直す」と主張してくれば、別れの考えも揺らぐかもしれません。 引き止められなかったとしても、自分の悪い点は、今後の参考として生かしたいと思うはずです。 相手から悪かったところを教えてほしいと頼まれたときは、答え方が大切です。 嘘で答えるわけにはいきませんから、やはり正直に答えるのが基本です。 ただし、ストレートに表現するのは要注意。 ストレートな表現は、相手を傷つけるだけでなく、怒らせることもあります。 相手の悪かったところは、ストレートに表現するより、柔らかい表現を使うようにしましょう。 たとえば「生理的に受け付けなくなった」という一言は「苦手意識が無視できなくなった」と言い換えます。 「怒りっぽいから嫌い」という一言は「感情的になるところがあって怖い」と言い換えます。 「自己中心的でむかつく」という一言は「少しわがままなところが多い」という表現を使います。 「強引な性格」は「積極的でついていけない」という表現がいいでしょう。 正直に言いつつも、喧嘩に発展しないように、オブラートに包みながら表現するのがポイントです。 相手の悪かったところを言うときは、ストレートな表現は避け、柔らかい表現で言い換える。

25
★1

相手が怒ってきても、できるだけ反論は避ける。

別れ話を切り出したとき、相手が怒ってくることがあります。 別れ話の中には、相手を不快にさせる内容もあるでしょう。 怒ってきた内容に納得できなければ、さらに反論したくなります。 もちろんどうしても言っておきたいことは、きちんと伝えるべきでしょう。 言わなければいけないことは、勇気を持って言わなければいけません。 しかし、小さなことなら、反論は控えておくのが賢明です。 反論すると、火に油を注ぐことになり、喧嘩に発展しやすくなります。 ただでさえ感情的になりやすい話がますます感情的になり、収拾がつかなくなります。 最終的には、別れ話ではなく、ただの感情のぶつけ合いになるのです。 別れ話では、大人の対応を心がけることです。 別れ話で相手が怒ってきたとき、小さなことは気にせず、できるだけ素直に謝っておくのが得策です。 「ごめんね」 「申し訳ない」 「私が悪かったよ」 自分の悪いところがあれば、素直に認めて謝ります。 素直に認めて謝れば、相手はそれ以上責められなくなります。 相手の怒りは静まって、冷静な話がしやすくなります。 別れ話で相手が怒ってきたときは、できるだけ反論は避け、素直に謝っておく。

26
★2

別れ話で、保留をお願いされたときの注意点とは。

別れ話では、相手から保留をお願いされることがあります。 「今すぐ返事はできない。しばらく考えさせてほしい」 たしかに急に別れ話を切り出して、その場で結論を出させるのは少し強引でしょう。 別れ話は、人生にかかわる重要な話し合いです。 気持ちを落ち着かせたり、考えを整理したりするにも、時間はかかって当然です。 もちろん相手の希望で別れ話を保留にするのはいいのですが、注意点が1つあります。 保留にするなら、期限を決めておきましょう。 「いつまでに返事をするか」という話をした上で、保留をすること。 そうしないと、保留の期間がはっきりせず、いつの間にか別れ話が曖昧になる可能性があるからです。 「いつになるか分からない」という状況は避けたい。 期限が延長することはあっていいので、ひとまず保留の期限を決めておくのが賢明です。 たとえば「1週間までに返事がほしい」「今月中には、結論を出してほしい」などとしておくのがいいでしょう。 曖昧にせず、はっきりさせておくのがポイントです。 少し厳しく感じるかもしれませんが、結局はお互いのためです。 一度切り出した別れ話は、何らかの結論が出るまで続けることが大切です。 別れ話を保留にするときは、期限を決めておく。

27
★1

無言になっているときは、考えている時間。

別れ話では、無言の時間を大切にしましょう。 別れ話で話し合っている途中、相手が無言になることがあります。 ただ沈黙の時間が過ぎるばかり。 相手はうつむいたままで、何も話さない。 無駄な時間が過ぎているように思えますが、違います。 相手が無言になっているからとはいえ、ぼうっとしているわけではありません。 無言になっているときは、考えている時間です。 黙ったままであっても、相手は必死で考えや気持ちを整理している最中です。 無言になったとき「なかなか話が前に進まない」と思って一方的に話し続けると、相手を余計に混乱させます。 重大な話ですから、話の整理や理解に時間がかかって当然です。 相手が無言になったときは、あなたも無言になりましょう。 1分でも2分でも待ちます。 無言の時間を大切にすることです。 相手の考えや気持ちが整理するのを、根気よく待ちます。 しばらくして考えや気持ちに一定の整理がつくと、何か話し始めます。 話し合いのペースは遅くなりますが、相手の理解を促す大切な時間です。 無言であっても、話し合いはきちんと前に進んでいます。 自分のペースより相手のペースを大事にしたほうが、別れ話はスムーズに進みます。 無言の時間を大切にする。

28
★0

言いにくいことを笑ってごまかす癖がある人は要注意。

言いにくい話をするとき、笑ってごまかす癖はありませんか。 言いにくいことを笑いながら話せば、気まずさをごまかせます。 もちろん話の流れで自然に笑う程度ならいいのです。 たとえば、過去の2人のトラブルを話したとき、恥ずかしい気持ちがよみがえり、くすくす笑うことはあるでしょう。 しかし、言いにくいことをごまかそうと、へらへら笑いながら話す癖があれば要注意です。 「別れたい」と言いながら、顔がにやにやしている。 理由を話しながら、ときおり鼻で笑っている。 へらへらしながら話すと、不誠実に見えるため、相手に「ふざけているのではないか」と誤解されます。 もしくは、真剣な話し合いを逃げているような印象を与えるでしょう。 相手に反感を持たれ、別れ話がこじれることがあります。 特にシャイな人は、言いにくいことを笑ってごまかす傾向が目立ちます。 自分に笑ってごまかす癖があるのか判断しにくいときは、外国人に外国語で道を聞かれた場面を思い出してください。 外国語でうまく説明できないとき、話を笑ってごまかす自分に心当たりがあれば、癖になっている可能性があります。 へらへらした笑いは、思わぬトラブルを招く原因になります。 別れ話は、2人の将来を決める真剣な話し合いですから、真面目な表情で話し合うようにしましょう。 へらへら笑いながら、別れ話をしない。

29
★2

別れ話には、感謝も伝えるのがマナー。

相手と別れたい段階になると、すでに相手への愛はないかもしれません。 「別れ話」という話題そのものがネガティブのため、暗い雰囲気が漂いがちです。 中には相手への怒りや憎しみなどの感情もあり「顔も見たくない」「話もしたくない」と思うこともあるでしょう。 しかし、どんな相手であっても、共に人生の一時期を過ごしたのは事実のはずです。 いろいろなデートスポットに出かけ、楽しい思い出もたくさんできたでしょう。 恋人のおかげで、成長ができたこともあるはずです。 ですから別れ話には、感謝も伝えるのがマナーです。 これまで一緒に過ごした日々を思い出し、思い出や成長への感謝を存分に伝えましょう。 「今まで仲良くしてくれてありがとう」 「あなたに出会えてよかった」 「あなたのおかげで、たくさん成長できた」 「一緒に過ごした思い出は、一生大切にする」 相手の存在価値を認める言葉を選ぶのがポイントです。 しっかり感謝を伝えて、少しでも相手に自信と満足を感じてもらいます。 相手も「いい人と過ごせた」と思えば、別れにも応じてもらいやすくなるでしょう。 感謝があると、暗い雰囲気が和らぐだけではありません。 別れ話をきれいに締めくくれます。 別れて終わりではなく、また次があると予感させます。 感謝を伝えることで、別れ話もスムーズに進みやすくなります。 別れ話には、感謝も伝える。

30
★0

別れ話が長引いて、終電を逃したとき。

会って別れ話が始まると、長時間に及ぶことがあります。 1時間くらいで終わるかと思っていると、相手の反応によっては、何時間にもわたることがあります。 あまり長引くのはよくありませんが、仕方ない状況もあるでしょう。 終電前に解散したくても、ひどく取り乱したまま、強引に帰らせるわけにもいきません。 相手の取り乱し方によっては、帰り道が心配です。 衝動的な行動を取る可能性もゼロではありません。 相手がひどく取り乱していると、話を途中で切り上げにくく、終電を逃すこともあるでしょう。 そんなときにおすすめなのが、タクシーです。 どんなに取り乱していても、タクシーなら安心です。 こちらでタクシー代を支払っておけば、運転手が安全に家まで送ってくれます。 少し出費が必要ですが「必要な出費」と割り切ります。 もちろん自分も、タクシーを使って帰ることができますが、経済的に厳しい場合があるはず。 そんなときは、近場のネットカフェや24時間営業の飲食店で時間をつぶすのも方法の1つです。 別れ話をする前、念のため、タクシーの電話番号を確認しておくといいかもしれません。 夜に別れ話を切り出す場合、こうした事態にならないよう、あらかじめ時間に余裕を持たせておくのが賢明です。 別れ話が長引いて、終電を過ぎたときは、タクシーを使う。

同じカテゴリーの作品