人生の教科書



失恋・別れ

別れを決意する
30の言葉

  • いい人になりすぎると、
    恋人と別れられない。
別れを決意する30の言葉

もくじ

1
★3

いい人になりすぎると、恋人と別れられない。

「恋人と別れたくても、別れにくい」 そう思っているあなたは、いい人になりすぎているのかもしれません。 いい人になりすぎていると、恋人と別れにくくなります。 たしかに相手を傷つけるような別れ方はよくありません。 乱暴な言い方や態度で別れようとすると相手から反感を持たれ、逆に別れにくくなるでしょう。 人生の一時期を共に過ごしたのは事実です。 「できるだけよい別れ方をしたい」と考えるのは大切です。 しかし、相手を傷つけないことを意識しすぎるのもよくありません。 「嫌われたくない」 「相手を傷つけてはいけない」 「相手を不快にさせてはいけない」 傷が1つもなく別れようとすると、言いたいことが言えなくなります。 態度をはっきりさせなければいけない場面で、つい曖昧な態度を取ってしまう。 いい人になりすぎると、思いきった発言やはっきりした態度ができなくなり、別れにくくなります。 いい人になりすぎていませんか。 いい人を演じるのは、しばらくお休みにしましょう。 傷つけないように注意することは必要ですが、限界もあります。 言わなければいけないことは、やはり言わなければいけません。 決断しなければいけないことは、やはり決断しなければいけません。 時には、鬼にならなければいけないときもあるでしょう。 いい人になるのは、少しお休みしましょう。 人生の大きな分かれ道では、あえて厳しい態度を取るほうが物事はスムーズに進みます。 自分がいい人になりすぎていないか、確認する。

2
★1

別れに勝ち負けはない。

別れに勝ち負けを持ち込もうとしていませんか。 プライドの高い人は、別れに勝ち負けを持ち込もうとするかもしれません。 話し合いの日程を指定できたら勝ち、指定されたら負け。 謝らせたら勝ち、謝ったら負け。 泣かせたら勝ち、泣いたら負け。 相手の要求を拒否したら勝ち、容認したら負け。 引き止めを振り払えたら勝ち、引き止められたら負け。 振ったら勝ち、振られたら負け。 どれも誤解です。 「勝ったらよい」「負ければ悪い」と考えるのは、誤った思い込みです。 別れに勝ち負けはありません。 勝ち負けにこだわるのは、自分に偉そうな気持ちがあります。 勝ち負けの価値観を持ち込むと、勝つことに執着してしまい、冷静な話し合いができなくなります。 相手の話が素直に受け止められなくなり、不毛な時間が増えてしまうでしょう。 別れ話が子供の喧嘩のようになってしまうのです。 大人の対応を心がけましょう。 別れに勝ち負けを持ち込まないことです。 別れ話は、お互いが対等になってする話し合いです。 話し合いの日程も、一緒になって決めるもの。 自分が間違っていれば、素直に謝ります。 つらくて我慢できなければ、泣くこともあって当然です。 別れに勝ち負けは必要なのです。 別れに勝ち負けを持ち込まない。

3
★1

ベストな別れ方は難しい。
ベターな別れ方なら実現しやすい。

ベストな別れ方を目指していませんか。 もちろん丸く収まるよう、ベストな別れ方を目指すのは大切です。 入念な計画と抜かりのない準備ができれば、別れ話もスムーズに進むでしょう。 完璧な別れ方を目指す姿勢も素晴らしい。 しかし、本当にベストな別れ方を目指すと、なかなか別れ話を切り出せなくなります。 本当に都合のいい時期を探すと、なかなか日程が決まりません。 相手を1つも傷つけてはいけないと思うと、何も話せなくなります。 自分の言い分を完全に分かってもらうのも難しいでしょう。 1つでも条件に合わないことがあると実行できません。 完全にミスや間違いを防ごうとすると、極端に難易度が上がり、計画も準備が大げさになります。 完璧を目指すのは素晴らしいですが、現実では難しいのです。 ベストな別れ方を目指すのではありません。 ベターな別れ方を目指しましょう。 ベストな時期でなくても、おおむね都合のよい時期でいい。 まったく傷つけない言い方ではなく、できるだけ傷つけない言い方を心がければいい。 完璧に理解してもらうのではなく、ほぼ理解してもらえればいい。 ベターな別れ方なら、許容範囲が広がるので別れを切り出しやすくなります。 別れ話を切り出すときは、ベストよりベターで考えたほうが、全体としてスムーズに進みます。 ベストよりベターを考えるのがベストなのです。 ベストな別れ方ではなく、ベターな別れ方を目指す。

4
★4

別れは、大人になるための大切な経験。

別れは何でしょうか。 辞書で確認すると、次のような記述があります。 「お互い離れて別々になること。人との関係を絶つこと」 たしかに別れは説明のとおりですが、それがすべてではありません。 別れには、辞書に書かれていない大事な意味もあります。 「大人になるための大切な経験」ということです。 つらいことや苦しいことを受け入れるのは、大人になるための登竜門です。 別れは誰でもつらい。 試験での不合格や仕事の失敗とは違った、独特の精神的な苦しみがあります。 別れには、心の奥まで突き刺さるような痛みがあり、回復まで長引きやすい。 精神的な苦しみの中でも、最もつらい部類に入ります。 そんな別れと失恋を経験することで、心が一回り大きくなります。 別れを経験した後、あなたはきっと、世の中が一風変わって見えるようになっているでしょう。 映画やドラマの別れの場面で共感できるようになります。 誰かが別れで苦しんでいるときは同情できるようになります。 苦しい経験を乗り越えたので、度胸がついて、ほかの経験が易しく思えます。 どれも別れを経験して、心が一回り大きくなったおかげです。 精神的な苦しみは、心が大きくなっている成長過程と考えましょう。 苦しんだ分だけ心が大きくなり、大人になっています。 別れを経験しているときは「大人になる大切な経験をしている」と考えましょう。 別れは、大人になるための大切な経験と考える。

5
★4

決断できるあなたが、幸せになれないはずがない。

いつの時代も、決断できる人は強い。 自分の生きる道を自分で決めるのは、自分を幸せにする行為でもあります。 別れ話を切り出すのも、人生の大切な決断です。 じっくり考えた上で出した結論なら間違いありません。 決断を避けて、中途半端な関係を続けて不毛な時間を送るよりは、はるかによい行動です。 これだけは、1つ言えます。 「決断できるあなたが、幸せになれないはずがない」と。 決断をするのは簡単にできそうですが、意外と難しい。 人生に影響する大きな決断であればあるほど、リスクが怖くて、なかなか実行できません。 別れという大きな決断ができるなら、それだけの覚悟と勇気が備わっている証拠です。 覚悟と勇気があれば、何も怖くありません。 別れた直後はつらくても、しばらくすれば立ち直れるでしょう。 一見よくないことも、後から振り返ると、よかったことに気づくでしょう。 「今はその途中」と思うこと。 自分が「正しい」と思った道は、正解です。 別れた後に寂しさや孤独が襲ってきても、自分が望んで下した決断なら、前向きに受け止められるはずです。 たとえ恋人と別れる決断であっても、結果として、あなたを幸せに導く選択になるでしょう。 さあ、勇気を出して1歩踏み出しましょう。 決断とは、新しい人生を切り開く行為。 別れ話を切り出すのは、自分を幸せにする行為。 自分を幸せにするのは、自分です。 決断をするあなたは、必ず幸せになれます。 決断をする自分は、必ず幸せになれると信じる。

6
★3

「大丈夫。
問題ない」という一言には、心を強くさせる力がある。

別れを考えるとき、弱気の考えは要注意です。 別れた後の生活が不安になるかもしれません。 今までずっと一緒にいた人が急にいなくなれば、不安になって当然でしょう。 不安が大きければ大きいほど、別れの決意もしにくくなります。 しかし「別れた後が不安」と思うことはあっても、考えすぎるのはよくありません。 不安を理由にしていると、いつまで経っても別れられません。 不安になっていると、気持ちが安定しないため、本当に不安な状況を引き寄せます。 どんなに別れた後が不安でも「別れが必要」と確信したなら、不安を振り切って実行しなければいけません。 では、どうするか。 「大丈夫。問題ない」と自分に言い聞かせてください。 しっかり言い切ることが大切です。 弱気のときこそ、強気の発言です。 別れを決意するときは、相手を説得する前に、自分を説得しなければいけません。 自分に強い言葉を言い聞かせたほうが、自分を説得しやすくなります。 自分の心も引き締めることができ、本当に強い心になっていきます。 「大丈夫。問題ない」という一言には、自分の心を強くさせる力があります。 不安であっても、強気の発言です。 寂しくても孤独になっても「大丈夫。問題ない」と自分に言い聞かせる。 「大丈夫。問題ない」と言い聞かせることで、それが現実になります。 別れた後が不安であっても「大丈夫。問題ない」と自分に言い聞かせる。

7
★2

振る・振られるという立場に執着すると、別れがこじれやすい。

振る・振られるという立場に執着しないことです。 プライドの高い人は「振られる側より振る側になりたい」と思う傾向があります。 客観的に見ると、振られる側より振る側のほうが、高い立場に感じます。 振る側になったほうが、失恋の苦しみも小さくて済むような気もする。 自分が振られそうになったとき「相手の弱みにつけ込んで、立場を逆転させてやりたい」と思うかもしれません。 しかし振る立場に執着して、変に画策しないことです。 振る・振られるという立場に執着すると、別れがこじれやすくなります。 相手を言いくるめたり、不快にさせたりしてしまい、別れの印象も悪くなる。 つまらないプライドが邪魔をして、別れの印象が悪くなるのは避けたい。 相手の言い間違い・言い損ないを取り上げて責めても仕方ありません。 振られる立場になってしまったのは、自分の責任でもあります。 相手から嫌われるような行為があったのでしょう。 「振られることになったのは自分が悪い」と思うほうが、苦しくても、心が整理しやすくなります。 別れ話も早く決着します。 振る立場・振られる立場のどちらであっても、気にしないこと。 「振る立場が勝ち、振られた側が負け」と考えるのも誤解です。 上も下も関係ありません。 年齢・性別・キャリアも関係ない。 別れのとき、振る立場でも振られる立場でも、ありのまま受け入れましょう。 別れのとき、振る立場でも振られる立場でも、ありのまま受け入れる。

8
★1

別れ方で悩むあなたは、優しい心の持ち主。

別れ方は本来、たくさん悩んだほうがいいのです。 むしろたくさん悩むべきです。 「別れ方なんてどうでもいい」 「別れる人のことなんて、知ったことではない」 そう思う人が多い中、あなたは時間をかけて別れ方に悩んでいます。 別れ話のよりよい段取りを考えている。 相手を傷つけない言葉を考えている。 できるだけ未練や禍根が残らない方法を探している。 だから、素晴らしい。 別れ方に悩むのは、あなたに優しい心がある証拠だからです。 いい別れ方を考えているあなたは、いい人です。 複雑な事情でスムーズに別れにくいのかもしれませんが、やはりしっかり悩むことは立派です。 まだ悩んでいる途中かもしれませんが、投げやりにならず、その調子で別れ方を考えましょう。 なかなかいい案が見つからなくても、諦めずに考え続けていれば、いつかいい言葉やアイデアが浮かびます。 1人で考えにくいなら、人に相談してもかまいません。 恋愛経験が豊富な人のアドバイスは、ストレスを感じるかもしれませんが、ためになります。 解決できない別れはありません。 まったく傷つけない方法はなくても、傷を最小限にする方法ならたくさんあります。 せっかく優しい心があるのですから、その素晴らしい良心にしたがって別れ方を考えていきましょう。 悩んで、悩んで、悩みましょう。 悩んだ分だけ、いい別れ方ができます。 別れ方に悩む自分は、優しい心の持ち主だと気づく。

9
★1

「別れたい」と思っているだけでは、別れられない。

「別れたいのに別れられない」と嘆いている人がいます。 「別れられない原因は何だろう」と思って話を聞くと、拍子抜けするような理由でした。 実はまだ何も行動していないのです。 1人で悩んでいるだけで、まだ別れの意思を相手に伝えていない。 それどころか、連絡もデートも今までどおり続けています。 別れようと話し合っているにもかかわらず、別れられないならまだ分かります。 きちんと別れの意思を相手に伝えているので、別れの第一歩は踏み出せています。 しかし「別れたい」と思っているだけでは、別れられません。 別れるためには、具体的な行動が必要です。 だんだん連絡やデートの頻度を減らしていく。 少しずつ冷たい態度を見せていく。 余計な思いは作らない。 別れ話をするタイミングを計画する。 スムーズに話す自信がなければ、別れ話の台本を作る。 余裕があれば、練習もしておく。 「別れたい」と思っているだけでは、別れられません。 別れるためには、別れるための行動が必要です。 当たり前のことですが、あらためて自分に問いかけてみてください。 「別れられない」という悩み以前の問題である可能性があります。 もし心当たりがあるなら、早速できるところから少しずつ始めていきましょう。 別れるためには、ただ思うだけでなく、別れるような行動をする。

10
★1

別れの決意や理由を書面にする方法も、時には有効。

「別れの決意が相手に伝わらない」 そんなとき、別れの決意を促す工夫があります。 別れの決意を書面にして渡す方法です。 例えて言えば、会社を辞めるときに提出する退職願のようなものです。 退職願は法律で定められたものではありませんが、あったほうがお互いのためになります。 書面で決意を表示することで、後々のトラブルを防げます。 はっきり意思表示すれば、自分にとってもけじめや区切りをつけやすくなるでしょう。 別れるときも同じです。 退職願に似た存在として、別れの決意を表明した書面を準備すると、スムーズになる場合があります。 別れ話は、口頭だけのやりとりで曖昧になりがちですから、目に見える形があると効果的です。 決意を書面にすることは、自分の考えや気持ちを整理する上でも役立つでしょう。 書いているうちに、もやもやした気持ちもはっきりするはずです。 書面にするときは、はがきより便せんがおすすめです。 はがきより便せんのほうが形式張っているため、誠意と本気を伝えやすくなります。 ごちゃごちゃ書かず、短くシンプルにまとめたほうがスマートです。 できれば、便せん1枚。 多くても、便せん3枚までがいいでしょう。 便せんを白の封筒に入れて、相手に渡せば完璧です。 書面による提出は、あくまで任意です。 普通はここまでする必要はありませんが、別れの決意をはっきり示したいなら、利用する価値はあるでしょう。 別れの決意や理由を書面にして、恋人に渡す。

11
★1

別れると決めたら「素晴らしい決断」と呼ぼう。

「よし、決めた。恋人と別れよう!」 ついにある日、あなたは決断しました。 別れると決めたら、まず「素晴らしい決断」と呼びましょう。 今までの人生と別れを告げ、新しい人生を歩む決断をしました。 不安と困難が待ち受けていることを知りながら、別れることを決めました。 これから1人になって寂しくなることが分かっていながら、別れることを決意しました。 ですから、素晴らしい決断です。 そんな素晴らしい決断をした自分に拍手をしてあげてください。 「ついに決めたのだね。素晴らしい決断!」と拍手をします。 自分に拍手するのはおかしなことではありません。 もちろん拍手する相手が自分であってもいいのです。 いばらの道だと分かっていながら決断したのはすごいこと。 強い意志と決断がなければ、できることではありません。 別れてしばらくは、大変な日々が待っているかもしれません。 素晴らしい決断をしたあなたのことですから、きっとうまくいくでしょう。 自分の人生は、雨のち晴れになることを信じましょう。 自分の正直な決断を尊重して、新しい道を切り開きましょう。 自分が決めたことですから、後悔のない人生が待っています。 間違いなく自分らしい道が歩めるでしょう。 別れると決めたら「素晴らしい決断」と呼んで、拍手する。

12
★1

別れの難易度は、準備と計画しだいで変わる。

別れには、面白い特徴があります。 それは「別れの難易度は、準備と計画しだいで変わる」という特徴です。 別れは、いつ、どこで、どう切り出しても同じと思うかもしれません。 しかし、違います。 話す相手や話す内容が同じであっても、準備と計画しだいで、難易度が変わります。 たとえば、別れ話を昼にするか、夜にするかで、成り行きが変わります。 昼の場合、明るさのおかげで冷静になれ、落ち着いて話しやすくなるでしょう。 夜の場合、暗い雰囲気のせいで感情的になり、自制心を失いやすくなるでしょう。 詳しい事情から話し始めるのか、結論から話し始めるのかでも、成り行きは変わります。 詳しい事情から話し始めると、何が言いたいのか伝わりにくくなり、相手をいらいらさせるでしょう。 結論から話し始めると、すぐ趣旨が分かり、話がスムーズに進みやすくなるでしょう。 ちょっとした選択と判断で、難易度が変わります。 平日か、休日か。 メールにするか、電話にするか、直接会うか。 賑やかな場所か、落ち着いた場所か。 だらしない身だしなみか、きちんとした身だしなみか。 その場で思いついたことを話すのか、あらかじめ論理武装をしておくのか。 当然ですが、準備や計画がなければ、別れは難しくなります。 それどころか、トラブルに発展する可能性もあるでしょう。 スムーズに別れられるかは、別れる前に大半が決まっていると言っても過言ではありません。 別れの準備と計画は手抜きをせず、用意周到であることが大切です。 別れの準備と計画は手抜きをせず、用意周到にする。

13
★1

別れは、難しそうに見えるが、本当は難しくない。

別れが難しく思えたら、こう考えてください。 「難しそうに見えるが、本当は難しくない」と。 たしかに別れは、難しそうに見える場面がたくさんあります。 いちいち会わないといけない。 わざわざ事情を説明して、説得しないといけない。 引き止められたら、振り切らなければいけない。 別れるまでに時間もかかる。 未練や禍根が残って、気持ちの整理が大変。 何も準備や計画をしなければ、実際別れは難しいところだらけです。 しかし、それはあくまで計画や準備をしていない場合の話です。 別れを必要以上に難しく考えすぎていませんか。 別れは、難しそうに見えるが、本当は難しくありません。 「本当は難しくない」と考えましょう。 きちんと段取りさえできていれば、うまく説得できます。 話の場所やタイミングを正しく選択できていれば、落ち着いた雰囲気で話を進められます。 あらかじめ論理武装をしておけば、引き止められたときにも簡単に振り切れます。 別れ話の準備がスムーズなら、最短で別れられるでしょう。 恋愛中は相手と仲が悪くても、きれいな別れ方さえできれば、いい思い出で締めくくれるでしょう。 それだけのことです。 別れを必要以上に難しく考えすぎないことです。 別れが難しくても、準備と計画に応じて、簡単になります。 きちんと準備と計画ができていれば、あなたにもできます。 別れは、難しそうに見えるが、本当は難しくないのです。 別れを必要以上に難しく考えすぎない。

14
★2

別れ話で涙を抑えやすくする工夫。

別れ話を切り出す側は、できるだけ泣かないことが大切です。 泣いてしまうと、自分の感情が乱れてしまうため、話がスムーズにしにくくなります。 涙で声がかすれると、はっきり発音もできないでしょう。 涙を流して苦しげな表情になると、決意が弱いと思われます。 相手から引き止められやすくなり、別れ話がもつれたりこじれたりしやすくなります。 もともと泣きやすい性格の人なら「別れ話のとき、涙を我慢できるだろうか」と不安になるはず。 こんなとき、涙を抑えやすくする工夫があります。 別れ話の前にたっぷり泣いておけばいいのです。 別れ話を切り出す前なら、いくら泣いてもいい。 意図的に泣くような状況を作り、気が済むまで涙を流しておきます。 前もってたっぷり泣いておくと、涙に対する耐性ができます。 実際に別れ話を切り出したとき、涙を我慢しやすくなります。 たとえば、別れの音楽です。 情緒的なメロディーを聴いているうちに、悲しい気持ちが高まり、自然と目に涙が浮かんでくるでしょう。 思い出の手紙や写真を見るのもいいアイデアです。 過去の思い出にふけっていれば、だんだん切ない気持ちが強くなり、涙を流す状態を作れるでしょう。 泣いて、泣いて、泣きまくりましょう。 誰かに見られる心配もないので、気が済むまで思いきり泣けます。 完全に抑えることはできなくても、抑えやすくなります。 前もって泣いておけば、堂々と別れ話を切り出せるようになるでしょう。 別れ話のときに泣きそうなら、別れ話の前にたっぷり泣いておく。

15
★1

自分の人生を無駄にしないことが、相手の人生を無駄にしないことでもある。

失望した。 愛情もなくなった。 付き合っていても、未来もないと分かった。 別れの決意も固まれば、都合のいいタイミングで早く別れを切り出すことです。 もじもじしていると、貴重な時間が過ぎていくばかり。 嫌々付き合っていたところで仕方ありません。 「2人の関係に未来はない」と分かれば、お付き合いに費やす時間・お金・労力も無駄になるでしょう。 未来のない関係なら、早く別れたほうが自分のため。 早く別れを切り出せば、それだけ早くあなたは次のステップに進めます。 そして、自分の人生を無駄にしないことが、相手の人生を無駄にしないことでもあります。 あなたが早く別れを切り出すことで、相手も方向転換が早くでき、次のステップに進めます。 もちろん実際はスムーズに別れられるとは限りませんが、説得を続けていれば、いずれ納得してもらえるでしょう。 別れは、短期的にはつらい出来事でも、中長期的には人生を好転させる出来事になるでしょう。 結局のところ、お互いのためです。 「自分のためだけでなく、相手のためでもある」と考えましょう。 お互いのためと考えると、別れを切り出す勇気も出るはずです。 「お互いのため」と考えて、別れを切り出す勇気を振り絞る。

16
★1

別れられない別れはない。

別れられない別れはあるのでしょうか。 たしかに別れにくい別れはあります。 別れ話をすると、泣きわめきながら強く引き止めてくる。 もしくは、相手が取り合ってくれない。 何度別れ話をしても、納得してくれない。 相手が頑固だったり自己中心的だったりすると、なかなか思うように別れられません。 別れるまでには時間もかかります。 1日で決着がつくことは珍しく、長い時間がかかることも珍しくありません。 しかし「別れられない」と諦めたら、最後です。 ぐだぐだした関係が続くばかり。 相手のいいなりの人生はよくありません。 「別れられない」と思っていると、出るはずの勇気も出てきません。 別れにくい別れはあっても、別れられない別れはありません。 どんな別れでも、必ず別れることができます。 難しいかもしれませんが、実現できる手段を探しましょう。 同じ方法でうまくいかなければ、別の方法を探ることです。 別れたい気持ちは、もっとはっきり伝えましょう。 自分だけで対処できないなら、第3者に助けを求めるのもいいでしょう。 親や友達だけでは難しければ、地域の相談窓口に問い合わせる方法もあります。 どうしても別れられなければ、強硬策を取らなければいけない場合もあります。 別れられなくても、諦めてはいけません。 あなたの人生は、まだまだ長い。 「必ず別れられる」と信じて、別れられる手段を考えてください。 どんな恋人関係でも、必ず別れられると信じる。

17
★1

恋人を敵だと考えていませんか。

別れ話のとき、恋人を敵だと考えていませんか。 「別れたい」と思うくらいですから、恋人との間に複雑な事情があるのでしょう。 暴言・暴力・裏切り・浮気。 嫌な思い出もあれば、忘れにくいはずです。 以前は愛し合った関係でも、今では憎み合う関係に変わってしまっているのかもしれません。 好きな気持ちはとっくになくなり、恨み・憎しみ・嫌悪感しかないこともあるでしょう。 すると、別れ話のとき、恋人を敵だと考えがちです。 大好きな人が大嫌いになることは珍しくありません。 もはや恋人ではなく「自分を不幸にした人」と思ってしまう。 自分の人生を悪化させた人と思うと、憎しみがこみ上げてくるのです。 しかし、敵だと考えるのは大げさです。 害を与える存在と思うと、敵対心が出てきます。 「勝たなければいけない。傷つけなければならない」と考えてしまいがちです。 別れ話が戦いのようになり、醜くなります。 恋人を敵のように考えるのは、お互いが苦しいだけです。 敵と思いたくても、考えないようにしましょう。 では、どう考えればいいのか。 「パートナー」と考えるようにします。 人生の一時期を過ごしたパートナーとして考えれば、心の折り合いがつくでしょう。 別れとは、パートナーとの関係を解消するだけのこと。 恨まず、憎まず、許します。 自然と接し方が優しくなるはずです。 恋人は「敵」と考えず「パートナー」として考える。

18
★0

別れる勇気が出ないのは、別れのメリットを考えていないから。

別れのデメリットばかりを考えていませんか。 別れには次のようなデメリットがあります。 ▼別れのデメリット ・1人になって、暇になる ・寂しくなって、孤独の時間が増える ・将来が不安でたまらない ▲ たしかに別れには、いくつかデメリットがあります。 しかし、別れのデメリットばかり考えていれば、勇気が出なくて当然です。 ひとまずつらいことは考えないようにしましょう。 別れのデメリットを考えるのではなく、別れのメリットを考えましょう。 別れることができれば、数多くのメリットを享受できます。 ▼別れのメリット ・1人の自由な時間が増える ・異性と自由に出歩けるようになる ・合コンに行けるようになる ・独立心が強くなり、心が鍛えられる ・恋人の世話をしなくてすむ ・浮気の心配の必要がなくなる ・出費が減ってお金が貯まりやすくなる ・自分を大きく変えるチャンスになる ▲ 別れのメリットを考えているうちに、別れが魅力的なものに感じてくるはずです。 思いついたメリットを紙に書き出すと、目に見えるため、より実感が湧きやすくなるでしょう。 別れた後には、素晴らしいことがたくさん待っています。 別れのメリットを考え、勇気を出そうではありませんか。 別れのメリットを考え、勇気を出す。

19
★2

一緒にいて傷つけ合うくらいなら、まだ1人でいるほうがいい。

恋愛感情はとっくに消えた。 それどころか今では嫌悪感しかない。 嫌いな人と無理やり一緒にいても仕方ありません。 恋人との間に大きなトラブルがあると「大好き」が「大嫌い」に変わることがあります。 「嫌い」というだけなら、まだいいのです。 最もよくないのは、傷つけ合ってしまう状況です。 会う度に大喧嘩になる。 心が傷つく言葉を言い合ってしまう。 時には暴力もある。 会うと、お互い傷つけ合ってしまう関係になれば、いよいよ致命的です。 一緒にいて傷つけ合う関係なら、まだ1人でいるほうがましです。 もちろん仲直りの努力も必要ですが、致命的に悪化すれば、改善は極めて難しいでしょう。 無理やり一緒にいても、嫌な思い出が増えるばかり。 あまり傷が深くなると、一生消えない傷ができる可能性もあります。 嫌いな人と一緒にいても、幸せになれません。 一緒にいればいるほど、どんどん不幸になってしまいます。 我慢にも限界があることを思い出してください。 「もうこの恋は完全に終わった。一緒にいると、かえって不幸になる」 その自覚があるなら、勇気を持って自分から自由を求めに行きましょう。 「もう傷つくのは最後だ」と思えば、別れ話を切り出す勇気も出てきます。 あなたは、人生を自由に選択する権利があります。 誰もあなたの道を邪魔できません。 たとえ相手が別れを拒んでも、あなたの人生はあなたが決めること。 一緒にいて傷つけ合うくらいなら、1人でいるほうがまだいいのです。 一緒にいて傷つけ合うくらいなら、1人になる勇気を出す。

20
★2

謝罪と感謝の言葉があると、別れ話がスムーズに進みやすい。

別れ話がスムーズに進むポイントは、謝罪と感謝です。 どんな別れ話であっても、謝罪と感謝を含めるようにしましょう。 別れ話では、まず謝罪しましょう。 相手を幸せにできなかったことへの謝罪です。 「ごめんなさい。あなたを幸せにできなかった」 「自分は悪くない。むしろ謝ってほしいくらい」と思うかもしれませんが、怒りをぶつけたところで、別れが醜くなるだけ。 事情はあれ、相手を幸せにできなかったのは事実です。 幸せにできなかったことを謝っておけば、相手も怒りにくくなり、別れ話もまとまりやすくなります。 そして、感謝の言葉も伝えます。 今まで楽しい思い出を作ってくれたことへの感謝です。 「たくさんの思い出をありがとう。あなたがいてくれたおかげで、すてきな思い出を作ることができた」 感謝を伝えることで、どんよりした別れ話に明るい光が差し込みます。 謝罪と感謝は、別れ話を美しくするために大切な言葉。 別れ話になくてもいいですが、あったほうがいい。 スムーズな別れには、どちらか一方だけでも効果的ですが、両方があるとさらに効果的です。 あなたが切り出そうとしている別れ話にも、ぜひ謝罪と感謝を取り入れてみてください。 謝罪と感謝を取り入れ、別れ話を美しくする。

21
★1

別れるとは、相手を嫌いになることではない。
無理に相手を嫌いになる必要もない。

相手を愛し続けたまま、別れることもあっていいのです。 別れるとは、相手を嫌いになることではありません。 無理に相手を嫌いになる必要もありません。 「別れるためには相手を嫌いになる必要がある」と思う人もいるかもしれませんが、誤解です。 たしかに別れると、もう恋人関係ではなくなりますが、別れた人のことを愛し続けるのは自由です。 仕方ない事情があって、別れなければいけないこともあるでしょう。 2人だけでは解決できない問題もあるはず。 愛し続けたまま、別れなければいけないこともあるでしょう。 愛しているからこそ、別れを受け入れなければいけないときもあるでしょう。 特に別れ話を切り出される側は、不本意であっても、受け入れなければいけないときもあります。 好きなものは好き。 自分の感情は、あくまで自分のもの。 自分の恋愛は、自分の好きにできます。 事情にかかわらず、あなたがまだ愛しているなら、別れた後も愛し続けることは可能です。 相手を愛し続けたまま、別れることもあっていいのです。 不本意な別れなら、愛し続けたまま、別れを受け入れる。

22
★4

自分の変な優しさのせいで、別れ話を切り出せない。
変な優しさの正体とは。

「自分の変な優しさのせいで、別れ話を切り出せない」 「相手を傷つけるのが申し訳なくて、別れられない」 ときどき自分の優しさを理由に、別れ話を切り出せない人を見かけます。 たしかに相手を傷つけないという気持ちは大切です。 お互い少しでも別れの傷が小さいほうが、気持ちよく別れられます。 しかし、本当に自分の変な優しさのせいなのでしょうか。 自分の優しさを言い訳にする人は「自分を守りたい気持ちの裏返し」という傾向が目立ちます。 たとえば、次のような気持ちに心当たりはありませんか。 「自分は悪者になりたくない」 「責任を取りたくない」 「面倒なことはしたくない」 「性格が悪いと思われたくない」 「できれば相手から振ってほしい」 どれか1つでも当てはまる気持ちがあれば要注意。 自分の変な優しさの正体は「保身」である可能性が高い。 実際は、相手に優しくしているのではなく、自分に優しくしているだけかもしれません。 すでに気持ちがなくなっているにもかかわらず、相手を付き合わせているのはよくありません。 自分の優柔不断な性格のせいで別れ話を切り出せないと、相手も迷惑です。 別れたいと思ったときは、勇気を持って別れを伝えましょう。 別れたければ、勇気を持って意志表示をすること。 別れに痛みはつきものです。 いつか経験しなければいけない痛みは、早いほうがいい。 早く別れ話を切り出せば、それだけ早く別れられます。 自分の変な優しさの正体は、保身であることに気づく。

23
★0

別れ話に才能は必要ない。
必要なのは、決断力と勇気。

別れ話に才能は必要でしょうか。 いいえ、別れ話に才能は必要ありません。 優れた能力も、生まれつきの資質も必要ありません。 当然ですが、運動神経も反射神経も必要ありません。 もし才能が必要なら、世界は大変です。 別れられないカップルであふれ、大混乱になっているでしょう。 難しそうに思えますが、難しそうに見えるだけ。 大変そうに見えますが、正しい手順と方法に従えば、才能はなくても、誰でも別れることは可能です。 別れに伴う悲しみも苦しみも、何度か経験していくうちに慣れていきます。 では、別れ話には何も必要ないかというと、そうではありません。 決断力と勇気は必要です。 別れることを決断して、勇気を持って別れ話を切り出す。 決断力がなくても、決断しなければいけません。 勇気がなくても、強い気力を振り絞らなければいけません。 才能を心配するくらいなら、決断力と勇気を高めたほうが近道です。 別れ話に才能を求めず、決断力と勇気を求める。

24
★1

「1年後は、もっと幸せになっている」と信じることが大切。

恋人と別れて1年後は、どうなっていると思いますか。 別れる前より、孤独な日々を送っているかもしれません。 別の人と付き合い、新しい恋愛が始まっているかもしれません。 やりたい仕事で大きな成果を上げ、もっと幸せになっているかもしれません。 いろいろな1年後が想像できるでしょう。 もちろん実際の1年後は、1年後になってみないと分かりません。 しかし、実際のところ、考えたいことは1つだけ。 「1年後は、もっと幸せになっている」と信じることが大切です。 自分の決断で別れることができれば、あなたは1年後、もっと幸せになっているでしょう。 1年後はもっと幸せになっているといえる根拠は、どこにあるのか。 根拠は自分です。 少なくとも自分が下した決断ですから、自分らしい選択であるのは間違いありません。 自分が下した決断なら、どんな状況であっても、1年後はもっと幸せになっているはずです。 恋人と別れると新しい人生が始まります。 大変なこともあるでしょうが、その困難も自分が選んだ道だからこそ、前向きに楽しめるはずです。 1年後の幸せを信じれば、自分の決断に自信が出てくるでしょう。 もちろん1年後は、今回の別れ話もいい思い出に変わっているに違いありません。 こじれた別れ方も、終わってしまえば、ただの過去。 1年後には「あのとき別れてよかった」と笑顔で語れるようになっているはずです。 今はただ「1年後は、もっと幸せになっている」と信じることに集中しましょう。 信じることで、勇気も出てきます。 「1年後は、もっと幸せになっている」と信じて、別れ話を切り出す。

25
★0

受動になると、別れの恐怖は倍増する。
能動になると、別れの恐怖は半減する。

どちらから先に別れ話を切り出すかが大切です。 もし状況が許すなら、別れ話を切り出す側になったほうがいい。 同じ別れでも、受動と能動とでは、恐怖の感じ方がまったく変わるからです。 受動になると、別れの恐怖が倍増します。 「いつ言われるのだろうか」 「どう切り出されるのだろうか」 「おかしな条件を突きつけられるのではないか」 いつ来るか分からない別れのアプローチにおびえることになります。 さまざまな妄想が膨らみ、不必要な心配が増えるでしょう。 しかし能動になると、別れの恐怖は半減します。 いつ、どこで、どう別れ話を切り出すか、状況をコントロールしやすくなります。 自分の意志で別れることになるため、未練も断ち切りやすい。 自分が別れの主導権を握ると、余裕も大きくなります。 もちろん完全に恐怖が消えるわけではありませんが、大幅に小さくなるのは間違いありません。 受動になるくらいなら、能動になることです。 逃げるくらいなら、体当たりして行きましょう。 早まった行動はいけませんが、決意が固まれば、できるだけ行動を心がけます。 自分から別れ話を切り出そうとすれば、心の準備をしやすいため、心の傷を抑えやすくなります。 別れは、受動より能動を意識して行動する。

26
★2

恋人と別れるのは、生い茂った森から抜け出すようなもの。
視界が広がり、気分が爽快になる。

別れたいときの恋人関係は、生い茂った森に似ています。 空気が悪くて、息苦しい。 雰囲気が悪くて、どんよりしている。 明るい要素が少なく、先が暗くてよく見えない。 方向感覚がはっきりせず「本当にこの方向でいいのだろうか」という不安もある。 しかし、別れてしまえば、もうごちゃごちゃはありません。 世話をする必要もない。 余計な心配もいらない。 喧嘩をすることもなくなる。 ぱっと視界が広がり、気分が爽快になります。 あなたは今、生い茂った森の中をさまよっている状態です。 不安があっても立ち止まってはいけません。 立ち止まっていて、自然に森から抜け出せることはありません。 あなたの心の中には、幸せの方向を指し示す羅針盤があります。 そのまま自分が信じる方向に歩き続けてください。 いずれ生い茂った森から抜け出せます。 森から抜け出した瞬間から、新しい人生の幕開けなのです。 恋人と別れる様子を、生い茂った森から抜け出すようなものだと考えてみる。

27
★1

別れとは、スケッチブックをめくるようなもの。
ページをめくって、新しく始める。

絵を描くときに必要なのは、スケッチブック。 美術に携わる人には欠かせない道具の1つ。 スケッチブックは、手軽で使いやすいからちょうどいい。 気楽な気持ちで描けるので、発想が浮かびやすくなります。 スケッチブックを開いて、対象物を描きます。 絵が完成して新しくページをめくることもあれば、書きかけの状態でページをめくることもあります。 新しくページをめくれば、新鮮な気持ちになって、最初から絵を描けます。 そんなスケッチブックは、別れと似ています。 別れとは、スケッチブックをめくるようなものです。 「ページをめくって、新しく始める」という意味です。 恋人と別れても、過去を捨てるわけではありません。 ページをめくるだけであり、きちんと過去は残っています。 後から思い出そうと思えば、いつでもどこでも思い出せます。 新しくページをめくれば、また真っ白な状態から始められます。 どんな生き方を描こうと、あなたの自由。 さあ、次はどんな恋愛・どんな生き方を描きますか。 ページをめくって、新鮮な気持ちで描こうではありませんか。 真っ白で退屈ではありません。 真っ白だからあらゆる可能性が広がっているのです。 別れとは、スケッチブックのページをめくるようなものだと考える。

28
★2

いっときの寂しさより、今後の自分を大切にしよう。

別れの勇気が出ないときは、次の言葉で自分を奮起させてください。 「いっときの寂しさより、今後の自分を大切にしよう」と。 たしかに別れには、寂しさが伴います。 一度愛した人と別れることになるのは、誰でもつらいこと。 しかし、寂しくなるのが嫌で、無理に付き合いを続けていても、お互いのためになりません。 こうしている間にも、時間が刻一刻と過ぎていき、自分の可能性が小さくなるばかり。 いっときの寂しさに耐えられないため、今後の自分をダメにするのはもったいない。 寂しさより、今後の自分を大切にすることです。 別れの寂しさは、いっときです。 しばらく経てば癒され、別れた人のことを何とも思わなくなります。 むしろ「なぜあれほど悩んでいたのだろう」と不思議に思うでしょう。 自分に鞭を打つことも必要です。 「いっときの寂しさより、今後の自分を大切にする」 自分に言い聞かせ、奮い立たせましょう。 「このままではいけない」という気持ちを盛り上げて、前に進みましょう。 今苦しんだ分だけ、後から楽になります。 心が熱くなっているうちに行動を起こすことです。 「いっときの寂しさより、今後の自分を大切にする」と自分に言い聞かせ、奮い立たせる。

29
★4

相手が嫌いでなくても、別れ話を切り出したほうがいい場合もある。

別れ話を切り出すといえば、どんな状況を思い浮かべますか。 相手を嫌いになったり失望したりしたときが一般的ではないでしょうか。 相手の非常識な言動に気分を害して、我慢の限界に達したとき、別れを考えることが多いでしょう。 しかし、例外もあります。 相手が好きであっても、別れ話を切り出さなければいけない場合もあります。 それは、相手を幸せにできる自信がない場合です。 複雑な事情があって、自分の力では解決できない問題に直面することもあるでしょう。 たとえば、家庭の問題、お金の問題、健康の問題です。 「自分には相手を幸せにする力がない。むしろ不幸にさせてしまう。別の人と付き合ったほうが相手の幸せになる」 心配が確信に変わったとき、自分から別れ話を切り出したほうがいい場合もあります。 相手を幸せにするどころか、かえって不幸にさせるなら、早めに別れたほうがお互いのためになるでしょう。 早めに別れ話を切り出し、相手に新しい道を示したほうが、お互いのためになります。 自分と付き合い続けることで、相手を不幸にさせる可能性があるなら、好きであっても別れたほうがいい場合があります。 相手の幸せを願って別れ話を切り出すのも、愛の形です。 「自分の力では幸せにできない」と正直に伝え、お互い納得した上なら、よい別れ方ができるでしょう。 まれなケースですが、そうした別れも世の中には存在します。 自分では相手を幸せにする力がないと確信している場合、別れ話を切り出す。

30
★0

あなたの未来は、雨のち晴れ。

私たちが、1日の終わりに見るもの。 それは、天気予報です。 天気予報を見て、翌日以降の天気を確認します。 今日の天気が悪くても、明日が晴れだと分かると、うきうきした気分になるでしょう。 雨の翌日が快晴だと分かれば、ギャップがあってますます快感です。 さて、天気予報を信じるなら、自分の未来も信じませんか。 天気予報を信じるなら、自分の未来も信じていいのではないでしょうか。 あなたの未来は、雨のち晴れです。 今は少しだけ暗くて寂しい日々が続いているかもしれません。 ため息が出たり、元気が出なかったり、涙が流れたりしているかもしれません。 しかし、もう少しの辛抱です。 もう少し経てば、何かいいことが起こります。 根拠はなくても「もうすぐ明るい出来事がやってくる」と信じましょう。 まだ嬉しい出来事が起こっていなくても、だんだん明るい気持ちになっていきます。 「明るい気持ちになろう」と思うことが、すでに明るい出来事だからです。 過去は終わりましたが、未来はこれからです。 自分の可能性を引き出すなら、まず自分の可能性を信じることから始めるのが大切です。 明るい気持ちになれば、その勢いで何か行動を起こしましょう。 心に火がついている瞬間を大事にしてください。 火がついているうちに取り組めば、いつもよりスムーズに進みます。 明るい気持ちになると、それが嬉しい出来事を引き寄せる力になります。 自分の未来は「雨のち晴れ」と信じる。

同じカテゴリーの作品