失恋・別れ

失恋から立ち直れないときの
30の言葉

読んだ お気に入り1
11

振られたときの苦しみは、
振られた人しか味わえない。

振られたときの苦しみは、振られた人しか味わえない。 | 失恋から立ち直れないときの30の言葉

振られた後にやってくるのは、失恋の苦しみです。

中には「振られてすっきりした」という人もいるかもしれませんが、少数でしょう。

やはり実際は、苦しく感じる人が大半でしょう。

恋人から振られたときの苦しみは、告白して振られたときの苦しみとはひと味違います。

好きな人から「別れたい」と言われることほど、つらいことはありません。

振られて大事な人を失うと、心に大きな穴がぽっかり空きます。

生きがいを失い、ぼうっとして、立ち上がるのさえやっと。

振られても、好きな人のことがなかなか忘れられず、しばらくもんもんとした日々が続くでしょう。

 

しかし今のうちに、振られたときの苦しみをしっかり味わってください。

振られたときの苦しみは、振られた人しか味わえません。

「振られた苦しみを味わう貴重な機会」と思い、今のうちにしっかり体験しておきましょう。

中途半端に悲しむより、しっかり悲しんで涙を流しておくほうが、すっきりします。

ハンカチがびしょびしょになるまで、泣いてもいい。

自分の悪いところを反省するなら、しっかり反省します。

汚い字でもいいので、反省点や改善点をノートに書き留め、忘れないようにしておくといいでしょう。

指が痛くなるまで、書きまくります。

振られる経験は、人生でほんの数回しかない貴重な機会。

悔しさ・恥ずかしさ・情けなさという負のパワーが、後から「二度と経験したくない」というバネに変わります。

振られた苦しみを今のうちに味わった分だけ、あなたは強くなります。

これからの新しい人生を歩むときの、大事なモチベーションに変わります。

まとめ

失恋から立ち直れないときの言葉 その11
  • 振られた後は「振られた苦しみを味わう貴重な機会」と思い、しっかり体験しておく。
別れを引きずっているから、まだ好きであるとは限らない。

もくじ
失恋から立ち直れないときの30の言葉
振られたときの苦しみは、振られた人しか味わえない。 | 失恋から立ち直れないときの30の言葉

  1. 「失恋で落ち込んで当たり前」と考えたほうが、早く立ち直れる。
  2. 交際は、新しい世界への入り口。
    失恋も、新しい世界への入り口。
  3. 失恋の苦しみは、必ず乗り越えられる。
    時間は、すべての人が持っている資源だから。
  4. 失恋における「粘る」という意味を、誤解していませんか。
  5. あなたは、すでにアクセルを踏んでいる。
    前に進まない理由とは。
  6. 別れは苦しい。
    苦しいから「新しい人生が始まった」という実感が湧く。
  7. 失恋とは、トンネルを進んでいるのと同じ。
    新しい場所への近道。
  8. 成長できる恋愛には、3つの条件がある。
  9. 失恋から立ち直ろうとする瞬間のあなたが、一番輝いている。
  10. 失恋ができるのは、まだ若い証拠。
    はるか年上の人からすれば、贅沢な悩み。
  11. 振られたときの苦しみは、振られた人しか味わえない。
  12. 別れを引きずっているから、まだ好きであるとは限らない。
  13. 失恋で苦しんでいるときに励ましてくれるのが、本当の友達。
  14. なかなか失恋から立ち直れない状態すら、楽しんでしまおう。
  15. 失った自信を取り戻すのは、時間がかかっていい。
    むしろ時間をかけたほうがいい。
  16. 別れの苦しみを癒やすのは、新しい出会いなのか。
  17. 失恋をして、ますます恋愛力が強くなる。
  18. 本当は失恋に逃げているだけではないのか。
  19. その人に恋をしているのか。
    思い出に恋をしているだけではないのか。
  20. 「失恋が少し長引いているだけ」と笑い飛ばせばいい。
  21. 失恋で精神科に行くのは、おかしなことではない。
  22. 前を向いているつもりになっているだけではないか。
  23. 「振った」「振られた」と考えるから、苦しみが強くなる。
    「別れた」と考えればいい。
  24. 失恋は、お付き合いをしたことがある人なら、大半が経験すること。
  25. 失恋とは、数多くある人生経験のうち、しくしくする出来事が起こっているだけ。
  26. 「もうあの人以上の人は現れない」と思うのはやめる。
  27. 「人生は別ればかり」と思ったときに気づきたいこと。
  28. 「もう二度と恋愛をしたくない」と思ったとき。
  29. 人生には数多くの別れがある。
    今回もその1つにすぎない。
  30. 失恋は通過点。
    その先には、まだまだ道が続いている。

同じカテゴリーの作品