失恋・別れ

傷つけない振り方・別れ方の
30のポイント

  • 独身を貫くと決めているなら、
    早めに伝えておくのが賢明。
傷つけない振り方・別れ方の30のポイント

もくじ
  1. 独身を貫くと決めているなら、早めに伝えておくのが賢明。

    世の中には、さまざまな生き方があります。
    「結婚して子だくさんの家庭を持つのが夢」という人もいれば「一生独身を貫く」という人もいるでしょう。
    もちろん一生独身を貫くのも素晴らしい生き方です。

  2. 別れ話の前は、いくら迷ってもいい。
     ただし別れ話を切り出す場面になれば、もう迷ってはいけない。

    別れ話は、決意が固まった上で切り出すものです。
    「別れてみたい」「別れたほうがいいのではないか」という曖昧な考えはよくありません。
    曖昧な考えで別れ話を切り出しても、引き止められるでしょう。

  3. すべてを一度に進めようとしない。
    できることから少しずつ始めよう。

    別れでは、すべてを一度に進めようとしないことです。
    「短期集中で一気に終わらせたい」と思うかもしれません。
    もちろん短く終わらせられるならいいのですが、無理やり一度に進めようとするのは要注意。

  4. 参考にしたいのは、相手の過去の別れ。

    別れ話の段取りを考えるとき、参考にしたいことがあります。
    相手が以前に別れたときの状況を聞き出すことです。
    あなたが初めての交際相手なら別ですが、過去に何人かと交際したことがあるなら、別れもあったはずです。

  5. 別れた後の未来は、本当に明るいのか。

    別れは、どんなときにするものでしょうか。
    「別れたほうが明るい未来につながる」と確信したとき、するものです。
    一時的に「別れたほうがいい」と思うこともあるかもしれません。

  6. 交際の評価は、最後まで分からない。

    交際の評価が分かるのは、いつでしょうか。
    普通に考えれば、付き合っている最中だと思いがちです。
    どこにデートをしたか、いかに深く愛し合ったか、どれだけたくさん思い出を作ったか。

  7. 面接の練習はするのに、なぜ別れ話の練習はしないのだろう。

    別れ話の練習をしていますか。
    「したことがない」という人が大半ではないでしょうか。
    「単なる別れ話のために、練習なんておかしい」

  8. 別れ話で別れる方法と自然消滅で別れる方法。
    別れるなら、どちらがよいのか。

    別れ方には、大きく分けて2種類あります。
    (1)別れ話で別れる方法
    (2)自然消滅で別れる方法

  9. 別れ話を切り出すときに注意したい姿勢。

    別れ話を切り出すときは、姿勢が大事です。
    別れ話を切り出すときに注意したい姿勢があります。
    まず腕や足を組みながら別れ話を切り出さないこと。

  10. 恋人と別れるためには、喧嘩が必要なのか。

    「別れに喧嘩がつきもの」と思われがちです。
    ドラマや映画の別れのシーンでは、言い争う場面が定番です。
     

  11. 相手を傷つけたくなければ「自分が悪い」という理由にしておくのが無難。

    相手を傷つけずに別れるためには、別れる理由が大切です。
    基本的に別れる理由は正直でいいのですが「傷つけないこと」を優先して考えるなら、配慮も必要です。
    愚痴や不満を言いたくても、がつがつ言うのは控えたほうがいいでしょう。

  12. 「好きか分からなくなった」という言い方は要注意。

    「好きか分からなくなった」
    別れ話を切り出すときに、よく聞かれる言葉の1つです。
    特に相手を傷つけたくない気持ちが強いとき、自然に浮かびやすい言葉でしょう。

  13. 相手がしつこい性格なら「ほかに好きな人ができた」という理由には注意する。

    「ほかに好きな人ができた」
    この理由で別れるときは、言い方に要注意です。
    もちろん別れたい理由は、正直に言うのが基本です。

  14. 別れ話は、涙を流しながら話し合ったほうがいいのか。

    「別れ話で涙を流せば、説得力が増すのではないか」
    女性の中には、涙の力を利用しようと考える人もいるかもしれません。
     

  15. 不器用だから努力をしないのは違う。
    不器用であっても、努力は必要。

    「不器用だから、スムーズに別れられない」
    「要領が悪いから、きっと相手を傷つけてしまうだろう」
     

  16. けなしながら別れようとすると、こじれる。
    褒めながら別れようとすると、うまくいく。

    けなしながら別れようとするのはよくありません。
    「好きになった私がばかだった」
    「あなたは最低の人。だから別れたい」

  17. 傷つけまいとして別れ話を切り出さない人が、一番嫌われる。

    傷つけまいとして、別れ話を切り出さない人がいます。
    別れ話を切り出すと、相手を悲しませたり苦しませたり落ち込ませたりします。
    時には恨まれたり怒らせたりするかもしれない。

  18. 体験談やマニュアルから得られるのは、正解ではなく、ヒント。

    「自分たちにとってどんな別れ方がベストだろうか」
    別れ方の正解を探し求めて、体験談やマニュアルを読みあさることもあるでしょう。
     

  19. 別れ話がこじれやすい3つの言葉。
    「いつも」「必ず」「絶対」。

    別れ話がこじれやすい3つの言葉があります。
    「いつも」「必ず」「絶対」です。
    どれも「100パーセント」という意味です。

  20. かっこいい失恋をしたければ「自分は悪者でもかまわない」と思うのがコツ。

    かっこいい失恋をしたいとき、かっこつけると逆効果です。
    堂々とするのはよくても、かっこつけるのは要注意。
    かっこつけようとすると、自己中心的な行動になるからです。

  21. すべて言いたくても、すべて言ってはいけない。

    「もう最後だから、すべて言ってしまえ!」
    別れ話のとき、そんな大胆な考えを浮かべる人もいるでしょう。
    愚痴・不平不満・恨み・後悔・憎しみ。

  22. 別れ話を切り出したとき、取り乱す相手を見下さない。

    別れ話を切り出すと、相手は焦って取り乱すでしょう。
    別れ話に取り乱すのは当たり前。
    しかも特別な状況なので、今まで見たこともないような取り乱し方をすることがあります。

  23. ひどい別れ方をして苦しむのは、相手だけではない。
    自分も苦しむ。

    交際中にひどいことをされると、別れ際に仕返ししたくなるかもしれません。
    「どうせ別れるのだから、ずたずたに心を引き裂いてやろう」
    「早く別れたいから、とどめの一言を言ってやろう」

  24. 最も無難な別れの理由。

    最も無難な別れの理由とは何でしょうか。
    もちろん別れの理由は、人それぞれです。
    基本的に別れの理由は正直に言えばいい。

  25. 「別れた後、誰かと付き合うのか」と聞かれたときのベストアンサー。

    別れの話し合いで、別れた後について聞かれることがあります。
    その1つが「別れた後、誰かと付き合うのか」です。
    「別れたら、私がどうしようと関係ない」と思いますが、恋人としては別れた後、相手の様子が気になるところ。

  26. いらいらした瞬間こそ、別れ方を決める大切な場面。

    別れ話では、いらいらすることがあります。
    相手の言い分が幼稚。
    引き止め方が乱暴。

  27. 別れの締めくくりは「さようなら」より「またね」。

    別れの場面では「さようなら」という言葉が聞かれます。
    お別れするときの、代表的な言葉。
    別れの意味を強調するときに使われる言葉です。

  28. 別れ話を切り出させるように仕向けるのは、ありか。

    「別れ話を切り出させるように仕向けたい」
    「自分から別れ話を切り出す勇気がないから、相手から別れ話を切り出してもらいたい」
    自分から別れ話を切り出しにくいときは、よく考えがちです。

  29. 別れた理由は、むやみに言いふらさない。

    恋人と別れた後、周りの人から聞かれるのが、別れた理由です。
    「仲良くしていたのに、何があったの? なぜ別れたの?」
    別れの理由を聞かれるのは、ごく自然な流れでしょう。

  30. 付き合ってすぐ別れることも、あっていい。

    付き合ってすぐ別れたくなることもあるかもしれません。
    付き合う前はすてきな人だと感じていても、付き合い始めてから本性を知り、印象が変わることがあります。
    世間では「付き合ってすぐ別れるのはいけない」という風潮が漂っています。

同じカテゴリーの作品