失恋・別れ
頑張れば可能性がある言い方は避ける。
失恋・別れ
感情的になると、きちんとした別れ話ができなくなる。
失恋・別れ
なかなか別れてもらえなくても、いらいらしない。
失恋・別れ
別れ話に礼儀は必要不可欠。
失恋・別れ

別れたいのに別れられないときの
30のポイント

  • なぜ別れ話は、
    こじれるのか。
別れたいのに別れられないときの30のポイント

もくじ
  1. なぜ別れ話は、こじれるのか。

    別れ話はこじれやすい。
    もちろんあっさり別れが成立するケースもありますが、まれです。
    もともと別れ話はこじれやすい要因があります。

  2. 引き止められやすい理由は、あらかじめ論理武装が必要。

    別れたい理由は自由ですが、注意したい内容があります。
    それは、引き止められやすい理由です。
     

  3. なかなか別れてもらえなくても、いらいらしない。

    なかなか別れてもらえないと、いらいらしてしまいがちです。
    「別れたい」と何度言っても納得してもらえないと、時間の無駄のように感じるでしょう。
    同じことを何度も言わせられると「前にも言った」と言い返したくなるのも仕方ありません。

  4. 別れ話を切り出したとき、相手が半狂乱になれば、どうするか。

    別れ話を切り出したとき、相手が半狂乱になれば、対応に困ります。
     
    たとえば、刃物を向けてきたり、自分の手首を切ろうとしたり、薬を大量に服用しようとしたりなどです。

  5. 別れてすぐ友達関係に戻るのは、意外と難しい。

    「別れた瞬間から友達関係に戻る」
    言うのは簡単ですが、実際は難しいのが現実です。
    付き合っていた期間が短く、恋愛関係が深くなる前ならまだいいのです。

  6. ストーカーをされて、別れたくても別れられない。

    「別れを切り出しても、なかなか応じてくれない」
    相手に別れを拒まれて別れられない事例があります。
    愛している人から急に別れを告げられれば、誰でも驚きます。

  7. こそこそ別れようとするから、どろどろになる。
    はっきり別れようとすると、スムーズになる。

    こそこそ別れようとすると、別れはどろどろになります。
    音信不通で別れようとすると、相手は心配して、話が大きくなるでしょう。
    もじもじしながら別れ話を切り出すから「頑張れば可能性がある」と思われ、相手から引き止められるでしょう。

  8. 「別れるくらいなら殺してやる」と「別れるくらいなら死んでやる」。

    「別れるくらいなら殺してやる」
    「別れるくらいなら死んでやる」
    この2つは、映画やドラマで、恋人との別れ話がこじれたときによく聞かれるセリフです。

  9. 「別れるくらいなら死んでやる」と言われたときの返事に注意。

    「別れるくらいなら死んでやる」と言ったとき、どう返事しますか。
    このとき、よく聞かれる返事があります。
    「勝手に死ねば」「早く死ねよ」「さっさとどうぞ」などです。

  10. 会って話そうとしない人の心理とは。

    「別れ話があるから、会って話がしたい」
    別れ話をするため、恋人に会って話そうと提案したところ、意外な反応が返ってくることがあります。
    「会いたくない」という返事です。

  11. 状況によっては、手切れ金の活用もあり。

    スムーズに別れられる工夫の1つにあるのが、手切れ金です。
    手切れ金とは、恋人関係を終わりにする償いとして、相手に支払うお金のことです。
    夫婦が離婚するときの慰謝料や和解金に近い存在と考えれば、分かりやすいでしょう。

  12. 感情的になると、きちんとした別れ話ができなくなる。

    別れ話のとき、感情的になるのはよくありません。
    泣きわめく。
    大声で怒鳴る。

  13. 頑張れば可能性がある言い方は避ける。

    別れる理由を伝えるとき、気をつけたい言い方があります。
    頑張れば可能性がある言い方です。
    「今、気持ちが冷めかかっている」

  14. 同情と愛情は違う。
    何回も別れ話をするカップルは、長続きしない。

    別れ話と復縁を繰り返すカップルがいます。
    一度別れ話をして別れかけたものの、情に流されて復縁する。
    しばらくして再び仲が悪くなって別れ話になるが、最後は情に流されて復縁する。

  15. 別れの言葉は、うっすら伝えるものではなく、はっきり伝えるもの。

    別れの言葉をうっすら伝えるのはよくありません。
    コミュニケーションの1つに「以心伝心」があります。
    言葉に頼るのではなく、お互いの心から心に伝わるコミュニケーションのことです。

  16. 理由を伏せたまま別れ話に納得させるのは、現実的に難しい。

    別れ話のとき、理由を伏せたい人もいるでしょう。
    「説明が面倒」という人もいれば「言いにくい」という人もいるはずです。
    「相手を傷つけるのではないか」と思えば、ますます言いにくくなるでしょう。

  17. 納得できない別れ話は、納得できるまで話し合ったほうがいい。

    別れ話に納得できないとき、どうするか。
    納得できない別れ話は、納得できるまで話し合ったほうがいい。
    納得しないまま別れると、後から悔やむ可能性が高いからです。

  18. 自分が悪くなくても、素直に謝っておくほうが、スムーズに別れられる。

    自分は悪くないから、謝らない。
    そんな状態では、別れ話がスムーズに進まないことがあります。
     

  19. 曖昧な恋人関係は麻薬のようなもの。
    いつでも別れられると思いながら、別れられない。

    恋人との関係が曖昧になったとき、関係改善を期待します。
    「もしかしたら相手が変わってくれるのではないか」
    「もう少し頑張れば、何か奇跡が起こるのではないか」

  20. 「あなたがいないと生きていけない」と言われたときの返事。

    別れ話を切り出して引き止められるとき、よく言われる言葉があります。
    「あなたがいないと生きていけない」です。
    同情の心をくすぐる言葉。

  21. 「別れたくない」と拒む人は、否定することで、心の準備をしている。

    「嫌だ、嫌だ。別れたくない」
    別れ話を切り出して拒まれたとき、こう考えてください。
    「否定することで、心の準備をしている」と。

  22. よい友達関係を維持したければ、適度な距離感が大切。

    別れた後、友達関係に戻ることは可能です。
    難しいですが、正しい手順と時間をかければ、不可能ではありません。
    以前付き合っていた人とは、お互い気兼ねなく話しやすい関係になれるでしょう。

  23. 別れがこじれたら「こんなこともあるのだな」と思って、たくさん学べばいい。

    別れがこじれたら、こう思いましょう。
    「こんなこともあるのだな」と。
    誰もが避けたい別れのこじれ。

  24. 自分の浮気が原因で別れ話を切り出し、なかなか応じてくれないとき。

    確実にこじれる別れの原因。
    それは、自分の浮気です。
    相手の浮気ではなく、自分の浮気によって恋人と別れたくなった。

  25. 別れ話を切り出したとたん、音信不通になったとき。

    別れ話を切り出したとたん、音信不通になるケースがあります。
    メールを送っても、返信がない。
    電話をかけても、出てくれない。

  26. お互いの距離が近すぎて、別れにくいとき。

    お互いの距離が近すぎて、別れにくいときがあります。
     
    たとえば、職場が同じ場合です。

  27. 別れなかったときのデメリットと最悪の状況を把握していますか。

    「なかなか別れの決意が固まらない」
    そんなときは、別れなかったときのデメリットと最悪の状況を書いてみてください。
    頭の中で考えるだけではいけない。

  28. 別れに伴う変化は、怖がるものではなく、楽しむもの。

    別れには、変化が伴います。
    恋人と別れれば、まず心に大きな変化が現れるでしょう。
    心にぽっかり穴が開いてぼうぜんとする人もいれば、あまりの寂しさにわんわん泣く人もいるはずです。

  29. 恋人が別れてくれない悩みは、警察に相談できるのか。

    「恋人が別れてくれない悩みを、誰かに相談したい」
    そんなとき、ふと思い浮かぶのが、警察です。
    警察は、最も身近な国家権力の1つ。

  30. 徹底的に接触を断つと決めたら、徹底的に貫く。

    別れ方は自由です。
    別れた後、友達関係に戻る人もいれば、縁を切る決断をする人もいるでしょう。
    もちろん徹底的に接触を断つのも、上手な別れ方の1つです。

同じカテゴリーの作品