失恋・別れ

失恋直後の
30の苦しみと気づき

お気に入り36 読んだ
3

女性は、
男性より強い。

女性は、男性より強い。 | 失恋直後の30の苦しみと気づき

女性は、一見すると、いちずです。

恋愛中「あなたしかいません。あなたがいないと生きていけない」と言います。

付き合っているときも、1人の男性に徹底します。

いちずでも、大切な人を失ったときの切り替えは、早いものです。

「あなたしかいません。あなたがいないと生きていけない」と言っていたのに、実際に別れると、すぐ別の男性を見つけます。

引きずりはしますが、何だかんだで、生きようとします。

その結果、前より明るくなったり幸せになったりする場合が多いです。

不幸を転機に変え、幸せにつなげます。

それが女性の強さです。

精神的につぶれる前に、支えを見つけようとします。

自分と子供を養える、力や経済力のある男性を見つけようとします。

死んでしまうくらいなら弱いところを見せて、恥を感じてでも誰かを頼りにして、必死に生きていこうとします。

生きようとする力は、男性以上です。

バネにして、教訓にして、もっといい人生にしていこうとします。

弱そうに見えますが「生きてやるぞ」という気持ちの裏返しです。

しばらく引きずり、泣き続けはしますが、いずれ立ち直れるのです。

一方で男性は、なかなかそれができません。

恥を感じるなら、やめたほうがましだと思います。

泣くこともかっこ悪いことだと思っています。

泣けないから、なかなかストレスを吐き出せません。

プライドが邪魔をして、結果として、別れた女性のことを引きずってしまいやすいのです。

失ってしまったのは、自分の能力が乏しいからだと、うすうす気づいてはいます。

自分の能力の欠如を認めたくはないので、引き止めたり引きずったりします。

場合によっては、暴力で阻止しようとします。

それが一番恥じるべきことです。

本当に見習うべきは、男性のほうです。

女性の、恥を捨ててでも生きようとする力を見習う必要があります。

精神的に強いのは、倒れないことではありません。

倒れても、起き上がれる力なのです。

諦めたら、終わりです。

恥を感じながら頭を下げ、涙を流す顔を見られてでも生きようとする姿勢が、かっこいいのです。

まとめ

失恋直後の苦しみと気づき その3
  • 精神的に強い男性になる。
誰と付き合っても「もっといい人がいるかもしれない」と思うもの。

もくじ
失恋直後の30の苦しみと気づき
女性は、男性より強い。 | 失恋直後の30の苦しみと気づき

  1. 別れたくなくても、別れなければいけない恋愛もある。
  2. 男性から告白をして恋愛が始まり、女性から別れを告げて恋愛が終わる。
  3. 女性は、男性より強い。
  4. 誰と付き合っても「もっといい人がいるかもしれない」と思うもの。
  5. 男性と女性を、同じ条件で同じように考えてはいけない。
  6. 弱音の1つでも吐いていないと、長い人生、やっていけない。
  7. 恋愛はサイコロだ。
    思うような結果が返ってこないもの。
  8. 気持ちよく別れるのは、思ったより難しい。
  9. 友達より好きな人から約束を破られるほうが、ショックが大きい。
  10. 失恋の実感や苦しみは、時間が経ってからやってくるもの。
  11. 「好きになったら負け。
    好かれるのが勝ち」を考えすぎない。
  12. 他人の失恋を笑ったり非難したりする人は、無視していい。
  13. 失恋をして、ほっとしていい。
  14. 失恋をした直後こそ、無理にでも太陽に当たる。
  15. 失恋直後は、夜と接する時間をできるだけ短くする。
  16. 書くと、失恋からの立ち直りが早くなる。
  17. 何もせずにぼうっとしているのは、頭の中がエンストを起こしている状態。
  18. 振る側より、振られる側でよかった。
  19. なぜ、失恋をすると、食欲がなくなるのか。
  20. 嘘でもいいから、相手の新しい恋を応援する。
  21. 失ったことだけではなく、得られたことにも、目を向ける。
  22. 失ったことはつらいが、致命的ではない。
  23. 失恋をしたときこそ、歴史の本を読むべきだ。
  24. 男性は、付き合えないと分かった女性に対して、急に冷たい態度を取りやすい。
  25. 失恋直後、自然な自分の声に耳を傾けると、癒される。
  26. 失恋直後、何もしたくないと思う。
    恋愛に疲れた心と体を癒す時間と考える。
  27. 失恋直後は、なぜか不思議な勇気が出る。
  28. 寒い冬に失恋をすると、震えの本当の原因が分かりにくくなる。
  29. 寒い環境は、失恋からの立ち直りに時間がかかりやすい。
  30. 「男(女)が信じられなくなった」そう口にする独特の心理状態とは。

同じカテゴリーの作品