失恋・別れ

別れる勇気が出る
30の言葉

  • 我慢しながら付き合っていても、
    本当の幸せにはなれない。
別れる勇気が出る30の言葉

もくじ
  1. 我慢しながら付き合っていても、本当の幸せにはなれない。

    我慢しながら付き合っていても、幸せになれるのでしょうか。
    もちろん苦痛が伴う交際にも、小さな幸せはあるでしょう。
    一緒に過ごすことで思い出ができたり、楽しみを共有できたり、気持ちを分かち合えたりできるはずです。

  2. 「恋人と別れたい」と考えるのではない。
    「本来の自分を取り戻したい」と考える。

    「別れを切り出す勇気が出ない」
    そんなときは、少し発想を変えてみましょう。
    「恋人と別れたい」と考えるのではありません。

  3. 別れたら、楽しいことが待っている。

    別れた後はどうなるでしょうか。
    しばらく落ち込む日々が続くかもしれませんが、意外とすんなり立ち直れるかもしれません。
    悲しんだり落ち込んだりするかもしれませんが、意外と平気かもしれません。

  4. 「お互い新しい人生を始めようよ」と提案するのが別れ話。

    「別れたいが勇気が出ない」
    それは、別れ話が終わりだと考えているからではないでしょうか。
     

  5. 計画と準備がきちんとできていれば、別れ話は怖くない。

    「別れ話を切り出すのが怖い」
     
    たしかに別れ話は、誰にとっても嫌な仕事です。

  6. 別れとは、お互いの関係が変わるだけのこと。

    別れには、どのような印象がありますか。
    相手がいなくなり、もう二度と会えなくなるかのように受け止めていませんか。
     

  7. 失恋の苦しみは、転んで膝を擦りむいたようなもの。
    気にするから、余計に痛む。
    気にしなければ、いつの間にか治っている。

    道ばたで転んで膝を擦りむくと、傷口から血が流れ、じんじん痛みます。
    「痛いな」「ひどい傷だな」「早く治らないかな」
    気にするからいけない。

  8. 相手を悲しませると分かっていても、別れ話は必要。

    「相手を悲しませるから、別れ話を切り出せない」
    そう思う人もいるでしょう。
     

  9. 謝らない人とは、さっさと別れたほうが、あなたのため。

    残念ながら世の中には、謝らない人が存在します。
    どんなに迷惑をかけても謝ろうとしない。
    確実に自分が悪いと分かっていても、意地でも認めようとしない。

  10. 信用できない人とは、別れるしかない。

    恋人は、どのくらい信用できる人ですか。
    信用は、人間関係で最も大切な要素の1つ。
    普段の人間関係でも信用は大切ですが、恋人関係や夫婦関係となると、ますます大切な要素です。

  11. DVをする恋人なら、恋愛感情にかかわらず、別れたほうが身のため。

    恋愛感情にかかわらず、別れたほうがいいケースがあります。
    DV、いわゆるドメスティック・バイオレンスです。
    日常的に恋人から暴力を振るわれている。

  12. 別れるときには、心を鬼にすることが必要。

    「相手を傷つけないようにしよう」
    もちろんできるだけ穏便に別れられる方法を考えることは大切です。
    思ったままをストレートに発言するのは避けたほうがいいでしょう。

  13. 気が弱くても、勇気を振り絞って別れ話を切り出す。

    「臆病だから別れられない」
    「気弱だから別れ話を切り出せない」
    相手を気にしたり、自分に自信がなかったりすると、別れ話もなかなか切り出せないでしょう。

  14. 心が強いから、別れ話を切り出すのではない。
    別れ話を切り出すから、心が強くなる。

    「心が弱いから、別れ話を切り出せない」
    そんな弱音を吐いていませんか。
     

  15. 自分の印象が悪くなることを恐れていませんか。

    別れを切り出した側は、印象が悪くなりがちです。
    もちろん別れを切り出す側にも事情はあるでしょうが、何も知らない第三者から見ると、大切な人を捨てる様子に見えやすい。
    泣きながら引き止める相手を振り切るとき、自分は悪者であるかのように感じるでしょう。

  16. 別れるのは恥ずかしいことではない。
    必要な別れを先延ばしにしているほうが、恥ずかしいこと。

    別れることは恥ずかしいことだと思っていませんか。
     
    たしかに別れには、暗くてネガティブな印象もあるでしょう。

  17. 早く苦しみから解放されたければ、早く別れるのが一番。

    別れの苦しみから解放されたければ、早く行動に移しましょう。
    もちろん別れるべきかという判断は、慎重に考える必要があります。
    今後の付き合いだけでなく、結婚も視野に入れて考える必要があるでしょう。

  18. 相手が孤独になるのは、あなたの責任ではない。

    「別れたら、相手は孤独になるだろう」
    別れてしまうと、相手が1人になって、かわいそうに思うかもしれません。
     

  19. 別れ話から逃げると、ますます別れがややこしくなる。

    「別れ話が面倒」
    そう思ったとき、別れ話から逃げようとする人がいるかもしれません。
    別れを、電話やメールで簡単に済ませようとする。

  20. 失恋を前向きに受け止めれば、失う以上に得られることが増える。

    大きな失恋をしたときは、喜びましょう。
    「大きな成長ができる」と。
    失恋をして、本当に失う一方だったのでしょうか。

  21. 別れた後の寂しさを大げさに考えすぎていませんか。

    「別れたくても、別れた後の寂しさが怖い」
    別れた後の寂しさが怖くて、なかなか別れを切り出せない人がいます。
     

  22. 相手に結婚する気がないのは、別れる理由になる。

    恋人に結婚の話を持ちかけたとき、意外な返事が返ってくるかもしれません。
    「結婚する気はない」という返事です。
    普通、恋愛を続けていれば、最終的には結婚を目指します。

  23. 別れの前に、失恋を乗り越えられるかどうか考えても仕方ない。

    別れの前に、失恋を乗り越えられるかどうか考えないことです。
    もちろん別れた後の計画や費用などを考えることは大切です。
    別れには、無理のない計画が必要です。

  24. 傷つけない方法を諦めると、別れ話を切り出す勇気も出る。

    別れを切り出せないのは、傷つけない方法を探しているせいかもしれません。
    もちろんできるだけ傷つけない方法を探す姿勢は素晴らしい。
    別れ話を切り出す際、できるだけ相手のショックが小さくなるよう、言葉や態度には配慮したほうがいいでしょう。

  25. 別れないと、次の恋愛に進めない。

    1つ言えることがあります。
    別れないと、次の恋愛に進めないということです。
    気になる人がいても、すでに恋人がいるなら、二股は厳禁です。

  26. 別れたからとはいえ、恋人との思い出を捨てるわけではない。

    恋人と別れると、恋人との思い出も捨てるように感じるかもしれません。
     
    たしかに写真を捨てれば、目の前から消えます。

  27. 諦めないのは大切。
    引き際はもっと大切。

    恋人関係がこじれて、すぐ別れ話を切り出すのはよくありません。
    まず大切なのは、諦めない気持ちです。
    恋人関係にひびが入っても、関係改善に向けて努力する。

  28. 何かを捨てないと、新しい道は歩めない。

    何かを捨てないと、新しい道は歩めません。
    大きなものを背負ったまま新しい道を選ぶこともできますが、無理が生じます。
    必要ないものを背負っていると、フットワークが悪くなる。

  29. 別れとは、幸せのタネを植えること。
    今しておかないと、いつまで経っても幸せの芽が出ない。

    幸せのタネを植えていますか。
    別れが不幸のタネだなんてとんでもない。
    別れとは、幸せのタネを植えることです。

  30. 別れた後のあなたは、もっと成長している。
    だからもう一踏ん張り。

    別れ方は、悩んで悩んで悩みまくるもの。
    本気で付き合いたくて悩むのが恋愛なら、本気で別れに悩むのも恋愛です。
    あなたは以前「どうすれば付き合えるだろうか」と悩んでいた時期があったでしょう。

同じカテゴリーの作品