生き方

大学生がしておきたい
30のこと

お気に入り2 読んだ
11

アルバイトを経験して、
社会と仕事の実情を知る。

アルバイトを経験して、社会と仕事の実情を知る。 | 大学生がしておきたい30のこと

大学生になれば、アルバイトを経験しておきましょう。

大学を卒業して、いきなり社会に出て仕事を始めるのもいいですが、少しリスクがあります。

社会のことを何も知らないままいきなり仕事を始めると、想像していた世界とは違い、驚くことがあるのです。

人によっては、大きなショックで仕事についていけず、会社を辞めてしまう人もいるでしょう。

そうしたことを防ぐために、学生のうちにアルバイトを経験しておくと、無難です。

アルバイトとはいえ、社会経験です。

社会や仕事の実情を、本だけで学ぶには、限界があります。

働くとは、どういう流れで進めるものなのか。

社会人としての振る舞い方。

社会人としてのマナー。

こうしたことを具体的に知るには、やはり実際に仕事を経験したほうが確実です。

アルバイトを経験する中で、意外なことも分かるでしょう。

思ったほど稼げなかったり、社内規則が想像以上に厳しかったり、思うように仕事が進まなかったりなどです。

そういうマイナスの一面を知ることも、社会勉強です。

プラス面だけでなく、マイナス面も知っておけば、社会人になるための心の準備ができます。

 

ただし、1つ注意があります。

アルバイトのやりすぎはよくありません。

大学生の本業は、学業です。

学生生活の大半がアルバイトで、学業にまで支障が出ては、本末転倒です。

社会勉強のアルバイトとはいえ、最低限に抑えることが大切です。

学業に専念することが、本当の意味で、社会人になる準備になります。

まとめ

大学生がしておきたいこと その11
  • アルバイトを、経験する。
大学時代は、勉強に専念できる、人生最後のチャンス。

もくじ
大学生がしておきたい30のこと
アルバイトを経験して、社会と仕事の実情を知る。 | 大学生がしておきたい30のこと

  1. 人生を変える出会いは、大学時代にある。
  2. ある大学教授が語った「人生の優先順位」の話。
  3. 自分は今、何にでもなれる可能性があることに気づく。
  4. 「自分がやりたいことは何だろうか」と、徹底的に考える。
  5. 大学時代には、卒業に必要のない勉強も必要。
  6. 大学生のうちに、本を200冊は読んでおきたい。
  7. 昔に読んだ偉人の伝記を、もう一度読み返してほしい。
  8. 評価の高い映画を、50本は見ておく。
  9. 一番前に座る生徒が、一番頑張る生徒。
  10. 働く喜びを知るには、ボランティア活動が一番。
  11. アルバイトを経験して、社会と仕事の実情を知る。
  12. 大学時代は、勉強に専念できる、人生最後のチャンス。
  13. いろいろな人と接するだけで、人生の肥やしになる。
  14. 外国人の友達を作るだけで、世界観を広げることができる。
  15. 大学生のうちに、社会人の友達を作ろう。
  16. 大学生のうちに旅行をしておかないと、次のチャンスは遠い先になる。
  17. 「団体で行く旅行」と「1人で行く旅行」は、まったく別物。
  18. 大学時代こそ、人生計画を立てるベストタイミング。
  19. 実家から通える大学でも、一人暮らしはしたほうがいい。
  20. 外国語の習得は、人生を変えるほどのメリットがある。
  21. 余裕があれば、海外留学を経験しておきたい。
  22. 大学時代のうちに敬語を習得しておけば、社会に出てから楽になる。
  23. 特殊技能は、学生のうちに身につけておくと、便利。
  24. ティーンエージャーに別れを告げるから、20代への覚悟が生まれる。
  25. 中学や高校で恋愛に失敗した人でも、大学ならうまくいく。
  26. 親の大学時代の過ごし方を聞いて、参考にする。
  27. 大学時代は、深い友達を作る、最後のチャンス。
  28. 友達と夢を語り合うと、実現しやすくなる。
  29. 大学時代の料理経験には、人生を変える力がある。
  30. 親に感謝の手紙を書けるようになることが、大学生としての1つの成長。

同じカテゴリーの作品