人生の教科書



就職活動
アルバイトの面接で、正社員になれる可能性を聞いていいのか。
就職活動
アルバイトから正社員になるのは、どのくらい難しいのか。
ニート
いきなり高みを目指さない。
できる範囲から活動しよう。
就職活動
アルバイト代の使い道について質問されたときの答え方。
就職活動
学生時代に頑張ったこととして、アルバイトを紹介してもいいのか。
就職活動
ライバルについて質問されたときの答え方。
就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

お気に入り2 読んだ
6

正社員ではなく、
アルバイトとして働いてほしいと言われたときの答え方。

正社員ではなく、アルバイトとして働いてほしいと言われたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

  • 「正社員ではなく、アルバイトとして働いてほしいと言われたら、どうしますか」

正社員を募集しているはずが、面接で「アルバイトはできないか」と打診される場合もあります。

「話が違うのではないか」と言いたくなりますが、とげのある発言には要注意。

冷静に落ち着いて回答しましょう。

堂々と正社員になりたいと答えてよい

面接官の提案に押され、希望を無理に変更する必要はありません。

正社員になりたければ、もちろん堂々と「やはり正社員が希望」と答えてかまいません。

正社員になりたい根拠も、しっかりアピールしましょう。

  • 「長く働きたいため、やはり正社員が希望です」

  • 「正社員であるほうが、経済的にも精神的にも余裕ができるため、仕事に専念しやすくなる」

正社員への意気込みを伝えれば、面接官も理解してくれるはずです。

アルバイトと答えることもできる

アルバイトでも大丈夫と考える人は、もちろん「アルバイトでもよい」と答えてもかまいません。

覚悟を決めた応募者の発言に、面接官は強い就労意欲を認めてくれるはずです。

 

ただし、アルバイトでもよいと答えたからには、本当にアルバイトになる可能性も覚悟する必要があります。

いずれ正社員になりたい希望があるなら、アルバイトから正社員になれる可能性も尋ねておくといいでしょう。

「可能」という答えが返ってくれば、アルバイトから正社員になった実績についても確認しておきましょう。

保留にする方法もある

アルバイトと正社員は、大きな違いです。

すぐ答えるのが難しければ、考える時間を申し出て、保留にする方法もあります。

すぐ答えなければいけないわけではありません。

将来にかかわる質問ですから「考える時間がほしい」とお願いすれば、面接官も受け入れてくれるはずです。

しばらく時間をもらい、じっくり考えてから答えるといいでしょう。

まとめ

答えるのが難しい面接の定番質問 その6
  • アルバイトでも働けるか聞かれたときは、
    覚悟を持って、
    慎重に答える。
付き合っている人について質問されたときの答え方。

もくじ
(答えるのが難しい30の面接の定番質問)

同じカテゴリーの作品