執筆者:水口貴博

面接で好印象を与える
30のテクニック

30
3

質問は、
1つより複数のほうが、
就業意欲が伝わりやすい。

質問は、1つより複数のほうが、就業意欲が伝わりやすい。 | 面接で好印象を与える30のテクニック

面接の最後は「何か質問はありますか」と聞かれるのが定番です。

自己紹介・自己PR・志望動機に続いて、面接で必ず聞かれる質問の1つと考えていいでしょう。

もちろん質問がなければ「特にありません」と答えることもできます。

しかし、少しでも就業意欲を見せたければ、何か1つは質問しておくほうがいいでしょう。

自分で調べればわかる質問は避け、就業意欲が伝わるような、鋭い質問をするのが得策です。

さて、この質問ですが、ありがちな先入観があります。

「質問は、1つでなければいけない」という思い込みです。

1つである必要はありません。

質問が、1つだけの人と3つある人がいるとしましょう。

客観的に比べて、どちらのほうが就業意欲を強く感じるか。

やはり3つ質問をする人ではないでしょうか。

たくさん質問したほうが、企業や仕事への興味関心や就業意欲が強く感じられるでしょう。

無理に複数質問をする必要はありませんが、準備に余裕があれば、心がけておくといいでしょう。

ささいな点ですが、ほかの応募者と差をつけるポイントです。

ただし、1つ注意があります。

いくら複数の質問が効果的とはいえ、多すぎるのはよくありません。

常識的な観点から、多くても3つまでが適切です。

質問をする前には、最初に数を宣言しておくと、面接官も答えやすくなります。

「ご質問が3つございます。順にお伺いしてもよろしいでしょうか」

面接官の許可があれば、質問が複数でも、スムーズに答えられるでしょう。

面接は、一瞬一瞬が重要場面です。

礼儀作法を重んじつつ、少しでも強く印象に残るような受け答えを心がけましょう。

面接で好印象を与えるテクニック(30)
  • 余裕があれば、1つより複数の質問をして、就業意欲をより強く伝える。
まとめ

面接で好印象を与える30のテクニック
面接で好印象を与える30のテクニック

  1. 「見た目が9割」は本当か。
    「見た目が9割」は本当か。
  2. コーポレートカラーを使った心理テクニックで、さりげなくアピール。
    コーポレートカラーを使った心理テクニックで、さりげなくアピール。
  3. 企業が求める人材を把握できなければ、ふさわしい受け答えができない。
    企業が求める人材を把握できなければ、ふさわしい受け答えができない。
  4. 面接で、ドアを開けたときの視線が重要。
    面接で、ドアを開けたときの視線が重要。
  5. どんな気持ちで「よろしくお願いいたします」と言っていますか。
    どんな気持ちで「よろしくお願いいたします」と言っていますか。
  6. 履歴書を面接に持参するときの注意ポイント。
    履歴書を面接に持参するときの注意ポイント。
  7. 自己紹介のときに、自己PRをしてはいけない。
    自己紹介のときに、自己PRをしてはいけない。
  8. 言葉と態度が一致してこそ、説得力が生まれる。
    言葉と態度が一致してこそ、説得力が生まれる。
  9. 面接は、自分を売り込む場。<br>もじもじしていると、立派に聞こえない。
    面接は、自分を売り込む場。
    もじもじしていると、立派に聞こえない。
  10. どの企業でも嫌がられる印象。<br>どの企業でも好まれる印象。
    どの企業でも嫌がられる印象。
    どの企業でも好まれる印象。
  11. どんなエピソードを交えて話すのが、最も効果的か。
    どんなエピソードを交えて話すのが、最も効果的か。
  12. すぐ答えられない質問でも、すぐ相づちは打ったほうがいい。
    すぐ答えられない質問でも、すぐ相づちは打ったほうがいい。
  13. 「姿勢は美しいが、どこか不自然」という人の原因とは。
    「姿勢は美しいが、どこか不自然」という人の原因とは。
  14. 地味でも、礼儀作法がきちんとしていれば、面接官の心を動かせる。
    地味でも、礼儀作法がきちんとしていれば、面接官の心を動かせる。
  15. 余裕があれば、自主的に企画書を持ち込もう。
    余裕があれば、自主的に企画書を持ち込もう。
  16. 自慢の印象を和らげるのは「○○のおかげ」という一言。
    自慢の印象を和らげるのは「○○のおかげ」という一言。
  17. 内容は同じでも、紹介する順番で、印象が変わる。
    内容は同じでも、紹介する順番で、印象が変わる。
  18. 第1志望であることを疑われないための3つのポイント。
    第1志望であることを疑われないための3つのポイント。
  19. 真面目かどうかより、真面目な顔ができるかどうか。
    真面目かどうかより、真面目な顔ができるかどうか。
  20. 聞かれてもいないのに、自分から欠点を言わない。
    聞かれてもいないのに、自分から欠点を言わない。
  21. 時事問題の知ったかぶりには、要注意。
    時事問題の知ったかぶりには、要注意。
  22. 否定や破壊的な意見より、肯定や建設的な意見。
    否定や破壊的な意見より、肯定や建設的な意見。
  23. 意味のわからない返事では、コミュニケーションが成立しない。
    意味のわからない返事では、コミュニケーションが成立しない。
  24. 就業意欲は、感情的ではなく、理性的に伝える。
    就業意欲は、感情的ではなく、理性的に伝える。
  25. 「熱意や意欲が大切」と言うが、どうすれば伝えられるのか。
    「熱意や意欲が大切」と言うが、どうすれば伝えられるのか。
  26. 面識ができても、なれなれしくならない。
    面識ができても、なれなれしくならない。
  27. 希望の勤務地を伝えると、選考では不利になるのか。
    希望の勤務地を伝えると、選考では不利になるのか。
  28. 面接の練習をしたかどうかは、言わなくても伝わる。
    面接の練習をしたかどうかは、言わなくても伝わる。
  29. 残業を嫌がっていると誤解されない聞き方。
    残業を嫌がっていると誤解されない聞き方。
  30. 質問は、1つより複数のほうが、就業意欲が伝わりやすい。
    質問は、1つより複数のほうが、就業意欲が伝わりやすい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION