人生の教科書



子育て
子供の悩みに親が共感するか否かが「話してよかった」と「話さなければよかった」を分ける。
子育て
卵1つで、子供に自信をつけさせられる。
子育て
「まだ早すぎる」は、できるだけ言わないほうがいい。
子育て
子供が理解できないニュース番組は、親が分かりやすく説明する。
子育て
「なぜ」は、魔法の言葉。
子供に質問すると、成長が促される。
子育て
「痛み」を経験することで、免疫ができる。
子育て

子供の
「生きる力」を育てる
30のしつけ方法

お気に入り9 読んだ
30

「先生」と呼ばれる親は、
子育てに注意せよ。

「先生」と呼ばれる親は、子育てに注意せよ。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

不良と呼ばれる子供には、自己評価の低さが目立ちます。

「自分は人として失格だ」「自分には生きている価値がない」という発言が多く、自己評価が低いです。

 

では、なぜ、このように育ってしまったのか。

一概には言えませんが、大きな原因の1つが考えられます。

 

「幼少期に受けた親からの厳しい言葉」です。

 

実は、こうした不良の親を見てみると、多くの場合「厳しい親」という共通点が多く見られます。

社長・学校教師・学習塾の先生・宗教家・コンサルタント・会計士。

親が「先生」と呼ばれる職に就いている場合が多いです。

当然「わが子にも立派に育ってもらいたい」という気持ちが人一倍強いですから、子供に対して厳しくなろうとします。

親が厳しすぎると、子供に対してどんな言葉になると思いますか。

  • 「そんなこともできないのか」

  • 「動きが遅いぞ」

  • 「本当にダメな子だ」

  • 「この前も同じことを言っただろう」

  • 「情けないなあ」

口にすることと言えば、子供が自信をなくすような言葉ばかり。

親が優秀で子供への期待が大きすぎるため、めったに褒めることがありません。

親の期待が大きすぎるがゆえに、子供にかける言葉といえば、厳しい言葉ばかりになりやすい。

もちろん子供に対して将来はきちんと育ってほしい気持ちがあってのことでしょう。

 

しかし、その気持ちが強すぎると、逆に子供は自己評価を落としかねません。

当てはまるケースは多いのではないでしょうか。

ここが教育の難しさです。

甘やかしすぎてもいけないが、厳しすぎてもいけない。

大切なのは「厳しい言葉の中に子供を肯定する言葉があるかどうか」です。

厳しいことは言ってもかまいません。

子育てのしつけでは、やはり厳しくならなければいけないときもあります。

 

ただし、必ず厳しい言葉の中に、子供の存在価値を肯定する言葉を含めることです。

  • 「大切な存在だからこそ、わざわざ怒っているんだぞ」

  • 「親も怒るのは大変。でも、わが子のために一生懸命になっているんだ」

こういう言葉には、叱っている厳しさの中に、愛が含まれています。

叱っていても、子供は自分が認められていると感じ、嬉しくなります。

子供への肯定が込められた厳しい言葉なら、子供は不良になることはありません。

叱られれば叱られるほど「認められている」「大事にされている」「生きる価値がある」という自己肯定を高めるのです。

まとめ

子供の「生きる力」を育てるしつけ方法 その30
  • 厳しい言葉には、
    必ず子供を肯定する言葉を含める。
まとめ

もくじ
(子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法)

同じカテゴリーの作品