子育て

子供の
「生きる力」を育てる
30のしつけ方法

3
24

「まだ早すぎる」は、
できるだけ言わないほうがいい。

「まだ早すぎる」は、できるだけ言わないほうがいい。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

子供は日常生活の中で、強く興味を引かれるものを発見することがあります。

興味を引かれた子供は、素直に「やってみたい」と言います。

その際、矛盾が発生しやすい状況があります。

「あれ、やってみたい」という子供。

「まだ早すぎるからいけません」という親。

そんな会話に、心当たりはありませんか。

子供がやってみたいことを、拒む親がいます。

理由はさまざまです。

「まだ子供だから無理」

「どうせ長続きしないだろう」

「万が一のことが心配だ」

親はとっさに「まだ早すぎます」と言って、子供の要求をはじいてしまいます。

もし大きな危険が伴うことなら、たしかに避ける必要があるでしょう。

私は昔、チェーンソーで木を切っているところに興味を引かれ、親に「自分も使ってみたい」と言いました。

「危ないから絶対ダメ」と固く否定されたことがあります。

万が一、間違った使い方をすれば、取り返しのつかないことになりかねません。

親の言い分もわかります。

 

しかし、危険なことではないなら、できるだけ子供の意思は尊重させてあげることが大切です。

興味を持てば、できる範囲のことからやらせていけばいい。

 

たとえば、5歳の子供が「ピアノを弾いてみたい。ピアノ教室に通いたい」と言い始めたとします。

ピアノは、間違った使い方をしても、大けがをすることではありません。

親としては、鉛筆で自分の名前すらまだきちんと書けないのに、ピアノなんてとうていひけるはずがないと思います。

 

たしかに早い段階でピアノを習っても、曲がひけるのはまだ先のことになるでしょう。

 

しかし、それでもいい。

まだ、初めから曲がひけなくても、キーを押すと音が奏でられる楽しみから始めさせればいい。

楽しみながら指先を動かす機会が生まれ、次第に手先が器用になります。

手先が器用になってからピアノを習わせるのではなく、ピアノを習わせるから手先が器用になります。

その中で、音楽に対する何らかの才能や適正を見いだす可能性もあります。

たとえ5歳からでも、子供がピアノを習いたいと言い始めれば、ベストタイミングです。

大切なことは「今、子供が興味を示している」ということです。

子供が早い時期に興味を引かれることを発見し、やりたがろうと積極的になっていますから、歓迎しなければなりません。

「いいよ」と言って、行動を促すのか。

「まだ早すぎる」と言って、行動を妨げるのか。

ここで、子供の成長の行く末がわかれてしまうのです。

子供の「生きる力」を育てるしつけ方法(24)
  • 「まだ早すぎる」を、禁句にする。
「やってみると、思ったより○○だった」手応えの蓄積が、ゆくゆく子供の財産になる。

もくじ
子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法
「まだ早すぎる」は、できるだけ言わないほうがいい。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

  1. 子供の健全な成長に欠かせない3つの要素。<br>「健全な家庭環境」「栄養バランスの取れた食事」「親からの愛情」
    子供の健全な成長に欠かせない3つの要素。
    「健全な家庭環境」「栄養バランスの取れた食事」「親からの愛情」
  2. 無理やり伸ばそうとするのではない。<br>自然に伸ばそうとする心がけが大切。
    無理やり伸ばそうとするのではない。
    自然に伸ばそうとする心がけが大切。
  3. 勉強は「知識」から教えるのではなく「楽しさ」から教える。
    勉強は「知識」から教えるのではなく「楽しさ」から教える。
  4. 料理上手は、素材の味を引き出すのがうまい人。<br>子育て上手は、子供の可能性を引き出すのがうまい人。
    料理上手は、素材の味を引き出すのがうまい人。
    子育て上手は、子供の可能性を引き出すのがうまい人。
  5. 最初は平凡なことを褒めるだけでいい。<br>褒めているうちに伸びていく。
    最初は平凡なことを褒めるだけでいい。
    褒めているうちに伸びていく。
  6. 子供は、自分ではなかなか自分の長所に気づけない。<br>気づかせるのが親の仕事。
    子供は、自分ではなかなか自分の長所に気づけない。
    気づかせるのが親の仕事。
  7. 子供の悩みに親が共感するか否かが「話してよかった」と「話さなければよかった」を分ける。
    子供の悩みに親が共感するか否かが「話してよかった」と「話さなければよかった」を分ける。
  8. 淡泊な質問に対しては、淡泊な返事しかできない。
    淡泊な質問に対しては、淡泊な返事しかできない。
  9. ぜひ、夕食のときに子供へ質問したい、魔法の言葉。
    ぜひ、夕食のときに子供へ質問したい、魔法の言葉。
  10. 「本当に気が利く親」というのは、あえて子供の面倒を見すぎない。
    「本当に気が利く親」というのは、あえて子供の面倒を見すぎない。
  11. 幼少のころ、苦しんだり悩んだりした経験は、意外なところで役立つ。
    幼少のころ、苦しんだり悩んだりした経験は、意外なところで役立つ。
  12. 遊び道具は、なくても成長できるが、あったほうがもっと成長できる。
    遊び道具は、なくても成長できるが、あったほうがもっと成長できる。
  13. 思考力は「広く浅い体験」より「1つの深い体験」をするとき、養われる。
    思考力は「広く浅い体験」より「1つの深い体験」をするとき、養われる。
  14. 「これだけは誰にも負けない」という自信がほかへと波及し、生きる力につながる。
    「これだけは誰にも負けない」という自信がほかへと波及し、生きる力につながる。
  15. 早起きするといいことがある実感をさせれば、自然と早起きが習慣になる。
    早起きするといいことがある実感をさせれば、自然と早起きが習慣になる。
  16. 1つの夢が、多くの要素を成長させる。
    1つの夢が、多くの要素を成長させる。
  17. 親の仕事は、子供が失敗したときこそ、褒めること。
    親の仕事は、子供が失敗したときこそ、褒めること。
  18. 子供の部屋を持つと、自立心が促される。
    子供の部屋を持つと、自立心が促される。
  19. 10歳前後になれば、自分の部屋を持たせてもいい時期。
    10歳前後になれば、自分の部屋を持たせてもいい時期。
  20. 努力であれ我慢であろうと、目安があると継続しやすい。
    努力であれ我慢であろうと、目安があると継続しやすい。
  21. 子供のおねしょを叱るのは、意味がない。
    子供のおねしょを叱るのは、意味がない。
  22. 「もう1人の自分を見ているようだ」と驚くのは、子供より親のほう。
    「もう1人の自分を見ているようだ」と驚くのは、子供より親のほう。
  23. 卵1つで、子供に自信をつけさせられる。
    卵1つで、子供に自信をつけさせられる。
  24. 「まだ早すぎる」は、できるだけ言わないほうがいい。
    「まだ早すぎる」は、できるだけ言わないほうがいい。
  25. 「やってみると、思ったより○○だった」手応えの蓄積が、ゆくゆく子供の財産になる。
    「やってみると、思ったより○○だった」手応えの蓄積が、ゆくゆく子供の財産になる。
  26. 夫婦が協力し合っている姿に、子供は人間としてのあり方を発見する。
    夫婦が協力し合っている姿に、子供は人間としてのあり方を発見する。
  27. 父親と母親の違いは、あったほうがいい。<br>違いがあるからこそ、子供は多くのことが学べる。
    父親と母親の違いは、あったほうがいい。
    違いがあるからこそ、子供は多くのことが学べる。
  28. 子供に選ばせた靴は、自然と丁寧に扱うようになる。
    子供に選ばせた靴は、自然と丁寧に扱うようになる。
  29. 自己評価が低い子供は、不良に育ちやすい。<br>自己評価が高い子供は、健全に育ちやすい。
    自己評価が低い子供は、不良に育ちやすい。
    自己評価が高い子供は、健全に育ちやすい。
  30. 「先生」と呼ばれる親は、子育てに注意せよ。
    「先生」と呼ばれる親は、子育てに注意せよ。

同じカテゴリーの作品