人生の教科書



子育て
子育てにはチームワークが必要だ。
子育て
よその子と比べないほうがいい。
子育て
親も、子供から学んでいく。
子育て
子供は子供として、日々学ぶ。
親も親として、日々学ぶ。
子育て

子供の
「生きる力」を育てる
30のしつけ方法

お気に入り2 読んだ
26

夫婦が協力し合っている姿に、
子供は人間としてのあり方を発見する。

夫婦が協力し合っている姿に、子供は人間としてのあり方を発見する。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

  • 「子育てといえば、妻の仕事」

  • 「大黒柱といえば、夫の仕事」

世界的に見ても、多くの場合、子育てと言えば妻が担当している場合がよく見られます。

家庭によっては、夫が中心となって子育てや家事に従事することもありますが、世帯全体から見ればまだ少数のようです。

これは、仕方ない点があります。

収入には力と体力が必要であり、力と体力は男性が持ち合わせています。

生物学的に男女の体に大きな特徴があるため、一家の大黒柱は、男性が担当しているケースが大変多いです。

まれに夫より収入の多い妻もいて、妻が大黒柱を担当していることもありますが、まだ少ないのが現状です。

そうすると、必然的に「子育ては妻の仕事」「収入は夫の仕事」になります。

担当を分けているのはいいですが、大切なのはそこに「協力」があるかどうかです。

「子育てだけに専念する妻」と「仕事だけに専念する夫」。

一見すれば、問題ないように思えます。

 

しかし、本当にそれだけに専念しているのはよくありません。

それぞれが「自分がやるべきことさえしていればいい」と思い始め、相手のために協力しようとする気持ちが小さくなるからです。

そうではありませんね。

あくまで「家族」という大きな船を運航するために、夫の主担当があり、妻の主担当があります。

主担当とはいえ、それだけやればいいわけではありません。

夫が働いているのは、妻のためです。

妻が家事をしているのは、夫のためです。

2人の協力があってこそ、家族はうまく成り立ちます。

仕事の区分はあっていいですが、あくまで「協力」という意識が大前提です。

なによりこの「協力している2人の姿」こそ、子育てによい影響を与えます。

子供は思います。

  • 「お父さんはお母さんのために頑張っているし、お母さんもお父さんのために頑張っている」

  • 「人は、誰かのために頑張ると生き生きするのだ」

その夫婦が協力し合っている姿から、子供は人としてのあり方を発見します。

これは、学校の教科書やほかの場所では学べません。

家庭内の両親を見て学べることです。

理想的な父親像と母親像を、家庭内で吸収するのです。

まとめ

子供の「生きる力」を育てるしつけ方法 その26
  • 仲良く協力し合っている夫婦の姿を、
    子供に見せる。
父親と母親の違いは、あったほうがいい。
違いがあるからこそ、子供は多くのことが学べる。

もくじ
(子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法)

同じカテゴリーの作品