人生の教科書



子育て
子供のおねしょを叱るのは、意味がない。
なぜ子供にとって父は、母より遠い存在と感じてしまうのか。
子育て
子供に選ばせた靴は、自然と丁寧に扱うようになる。
子育て
淡泊な質問に対しては、淡泊な返事しかできない。
子育て
親の仕事は、子供が失敗したときこそ、褒めること。
子育て
存在を肯定しながら叱ると、子供は前向きになる。
子育て

子供の
「生きる力」を育てる
30のしつけ方法

お気に入り6 読んだ
29

自己評価が低い子供は、
不良に育ちやすい。
自己評価が高い子供は、
健全に育ちやすい。

自己評価が低い子供は、不良に育ちやすい。自己評価が高い子供は、健全に育ちやすい。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

  • 「どうせ俺なんて、役立たない人間だよ」

  • 「私は人間失格です」

  • 「自分がいなくても誰も困らない」

不良と呼ばれる子供に共通して見られるのは、こうした「自己評価の低さ」です。

自分への評価が低くて自信がなく、存在価値がないと思っています。

不良たちの態度や言葉の乱暴さは、自分の評価が低いがゆえに表れる「自暴自棄」です。

自分への評価が低いため「自分は生きる価値がない。守るものなんて何もない」と思い、あれこれと乱暴なことをしてしまいます。

子供は最初、自分への評価がない状態です。

 

では、どこで自己評価を上げるのか。

親から存在を肯定してもらえる言葉によって、自信をつけます。

親は、ただ子供の存在を徹底的に認めてあげましょう。

  • 「世界に1人だけの子供だよ」

  • 「代わりは1人もいない」

  • 「お父さんやお母さんたちの心の支えだよ」

そうした子供の存在を肯定する言葉を聞いて「自分は生きている価値がある」という自信をつけます。

健全に成長するようになるのです。

まとめ

子供の「生きる力」を育てるしつけ方法 その29
  • 子供の存在を肯定する言葉をかける。
「先生」と呼ばれる親は、子育てに注意せよ。

もくじ
(子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法)

同じカテゴリーの作品