人生の教科書



子育て
無理やり伸ばそうとするのではない。
自然に伸ばそうとする心がけが大切。
子育て
卵1つで、子供に自信をつけさせられる。
父親が育児をする、子供は自分に自信を持つ。
子育て
「もう1人の自分を見ているようだ」と驚くのは、子供より親のほう。
子育て

子供の
「生きる力」を育てる
30のしつけ方法

お気に入り2 読んだ
27

父親と母親の違いは、
あったほうがいい。
違いがあるからこそ、
子供は多くのことが学べる。

父親と母親の違いは、あったほうがいい。違いがあるからこそ、子供は多くのことが学べる。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

子育ての教育方針は、父親と母親の考えを統一している家庭も多いことでしょう。

父と母の子供に対する教育方針の違いで揉める、という話はよく耳にします。

腰をすえてじっくり話し合い、子供にはこういう方針で教育を進めていこうと、意識合わせをします。

やはり子育てに対する大まかなポリシーは、ずれがないよう夫婦間で統一させておくことが必要です。

その基本的な教育方針さえ合っていれば、母らしさや父らしさはどんどん見せていったほうがいい。

あえて母は母らしく、あえて父は父らしく、見せていきます。

父は、母とは違った言葉遣い・反応・対応の仕方などがあります。

ある問題を、母は「愛嬌」で解決しようとする一方、父は「度胸」で解決するかもしれません。

またある問題を、母は「コミュニケーション」で解決しようとするところを、父は「お金の力」で解決するかもしれません。

料理に強い母がいる一方、機械に強い父がいる。

小食の母がいる一方、大食の父がいる。

そうした2人のさまざまな違いがいい。

父親が子育てに参加するからこそ、子供は父親からも学べます。

子供は両者から、いいところを学んだり比べたりします。

吸収したことをもとに、臨機応変に対応できるようになります。

あるときは、母らしい解決法に頼ったり、あるときは父らしい解決法に頼ったりします。

母親らしい考え方だけでなく、父親の考えに触れることで「なるほど。そういう考え方もあるなあ」と思います。

勉強量が2倍に増え、子供の視野が広がりやすくなるのです。

まとめ

子供の「生きる力」を育てるしつけ方法 その27
  • 夫婦の違いを、
    子育てに生かす。
子供に選ばせた靴は、自然と丁寧に扱うようになる。

もくじ
(子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法)

同じカテゴリーの作品