人生の教科書



子育て
勉強は「知識」から教えるのではなく「楽しさ」から教える。
子育て
努力であれ我慢であろうと、目安があると継続しやすい。
ペットの種類によって、生活習慣はまったく異なる。
子育て
親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。
子育て
遊びも立派な勉強となる。
子育て
学生の仕事は「勉強」だ。
子育て

子供の
「生きる力」を育てる
30のしつけ方法

お気に入り1 読んだ
16

1つの夢が、
多くの要素を成長させる。

1つの夢が、多くの要素を成長させる。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

夢を持つことは、それだけで、生きる力をつけるきっかけになります。

果たしたい夢があると、多くの難問が多く立ちはだかります。

夢の達成は「これだけやればいい」という単純なものではありません。

1つの成功には、多くの要素が必要とされます。

金銭面・交友関係・仕事・家庭などが土台になるため、さまざまな難題を乗り越えていかなければなりません。

しかも、バランスも必要です。

夢を成し遂げるためには、これらすべての要素を向上させる必要があります。

親が一つ一つ丁寧に教えようとしても、限界があります。

そこで、子供が自分から進んで勉強して吸収しようとする、強いモチベーションや行動力が要求されます。

初めは、ささいな夢からでもかまいません。

「警察官になりたい」という夢を持ったとします。

すると「警察官になるには、自分が品行方正を身につけた人間でなければならない」と思うようになります。

すると、自分から礼儀や行儀などを意識するようになります。

警察官になるためには勉強も必要ですから、自分から勉強も一生懸命にするようになるでしょう。

「将来の夢」について質問を投げかけ、意識を促してあげましょう。

早くから夢を意識し始めて、早すぎることはありません。

夢は、人を大いに成長させるのです。

まとめ

子供の「生きる力」を育てるしつけ方法 その16
  • 夢を持たせる。
親の仕事は、子供が失敗したときこそ、褒めること。

もくじ
(子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法)

同じカテゴリーの作品