人生の教科書



子育て
子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。
子育て
「先生」と呼ばれる親は、子育てに注意せよ。
猫は子供が苦手というより、落ち着きのない人が嫌い。
子育て
「もう1人の自分を見ているようだ」と驚くのは、子供より親のほう。
子育て

子供の
「生きる力」を育てる
30のしつけ方法

お気に入り8 読んだ
7

子供の悩みに親が共感するか否かが
「話してよかった」と
「話さなければよかった」を分ける。

子供の悩みに親が共感するか否かが「話してよかった」と「話さなければよかった」を分ける。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

親の子供への会話は、往々にして説教のような雰囲気が漂いがちです。

子供が学校で悩みを話したとき、強気の親なら「あなたがしっかりしないからでしょ」と逆に叱られることがあります。

子供に強く育ってもらいたいからこそ、つい、厳しい言葉を投げてしまいます。

しっかりした子供に育つためには、子供を叱るように励まし、気持ちを奮い立たせようとします。

「もっとしっかりした子に育つはずだ」と思います。

 

しかし、実際のところ、必ずしもそうなるとは限りません。

親の願いもむなしく、子供は逆に、心の距離を離してしまうことのほうが多いのが現実です。

  • 「親は自分の気持ちを分かってくれない。逆に叱られた。話さなければよかった」

悩みを話すことで、子供は親に弱みを握られている感じがしてしまい、話したことを後悔してしまいます。

そのうち子供は、悩みがあっても、親に何も言えなくなります。

しかも親とは毎日顔を合わせることになります。

一番頼りになるはずの親が、最も相談しにくい対象になってしまいます。

親子のコミュニケーションで大切なのは、子供に「話してよかった」と思わせることです。

親は、そういうおおらかな反応を見せることです。

 

では、どうすれば、子供に「話してよかった」と思える会話ができるのでしょうか。

それは「共感」です。

子供が打ち明けた悩みに対して、共感すればいい。

「親は自分の気持ちを分かってくれる」と思い「話してよかった」と感動します。

もちろんすべての会話が共感できるものばかりではないでしょう。

中にはどうしても子供の考えに反する内容もあるはずです。

そういうときでも、まず「そうね」「なるほど」「気持ちは分かるよ」と言って、一度受け入れることが大切です。

受け入れた後に反することを言えば、子供は親の言い分を聞きやすくなります。

親と子のコミュニケーションでは、何でも言い合えるのが理想です。

その鍵は、コミュニケーションに「共感」があるかどうかなのです。

まとめ

子供の「生きる力」を育てるしつけ方法 その7
  • コミュニケーションに共感を取り入れ
    「話してよかった」という会話を心がける。
淡泊な質問に対しては、淡泊な返事しかできない。

もくじ
(子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法)

同じカテゴリーの作品