人生の教科書



子育て
子供に選ばせた靴は、自然と丁寧に扱うようになる。
子育て
子供の「旺盛な好奇心」を、学校の勉強以上に重視する。
子育て
「先生」と呼ばれる親は、子育てに注意せよ。
子育て
「もう1人の自分を見ているようだ」と驚くのは、子供より親のほう。
子育て
10歳前後になれば、自分の部屋を持たせてもいい時期。
子育て
子供に押し付ける親は、失敗する。
子供に任せる親が、慕われる。
子育て

子供の
「生きる力」を育てる
30のしつけ方法

お気に入り2 読んだ
21

子供のおねしょを叱るのは、
意味がない。

子供のおねしょを叱るのは、意味がない。 | 子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法

男の子であれ女の子であろうと、10歳未満なら、しばしばおねしょをすることでしょう。

子供がおねしょをしたときは、どう対応していますか。

親としては、子供が悪いことをしたように見え、叱ってしまう親も多いのではないでしょうか。

  • 「ダメでしょ」

  • 「ダメな子ね」

  • 「またやったの。この前もおねしょはいけないって言ったでしょ」

もし他人に迷惑をかけたり、マナーの悪いことをしたりすれば叱る必要がありますが、おねしょの場合は例外です。

決して「しよう」と思ってしたわけではないからです。

寝ているとき、気づけばおしっこをしていた。

一番驚いているのは、子供です。

そもそもおねしょがなぜ起こるのかというと、筋肉が未発達のために起こる現象です。

幼児期は、ぼうこう周りの筋肉がまだ十分に発達していないため、寝ている間に緩みやすくなります。

睡眠中に夢を見ているときは筋肉が特に緩みがちになるので、お漏らしをしやすくなってしまいます。

こういうとき、叱るのではありません。

叱りそうになるところを、ぐっとこらえましょう。

「大丈夫。自分も子供のころ、よくやったものだ」と言ってあげましょう。

「許し」と「共感」の言葉があるかどうかです。

「大丈夫」と言われると許してもらえたと感じ「自分も子供のころ、よくやったものだ」と言われると共感されたと感じます。

そう言われると、子供は心からほっとできます。

子供に気にさせないようにする配慮をしてあげましょう。

まとめ

子供の「生きる力」を育てるしつけ方法 その21
  • 子供がおねしょをしても、
    叱らないようにする。
「もう1人の自分を見ているようだ」と驚くのは、子供より親のほう。

もくじ
(子供の「生きる力」を育てる30のしつけ方法)

同じカテゴリーの作品