公開日:2024年5月20日
執筆者:水口貴博

とことん趣味を楽しむ30の方法

18

「いいね」は、趣味を盛り上げる魔法の言葉。

「いいね」は、趣味を盛り上げる魔法の言葉。 | とことん趣味を楽しむ30の方法

自分の趣味に「いいね」と声をかけましょう。

料理を作りながら「いいね」です。

絵を描きながら「いいね」です。

楽器演奏をしながら「いいね」です。

いいとは思えないときや出来栄えに納得できないときもあるかもしれませんが、ひとまずそれは横に置いてください。

まず趣味を楽しめていることに「いいね」と声をかけるのです。

大なり小なり、趣味が前に進んでいることに「いいね」と声をかけるのです。

人に言われるのを待つのではなく、どしどし自分で自分に言ってください。

自分で自分の趣味を認め、褒めます。

自己承認・自己称賛の言葉は、自分で言っていいのです。

誰かに認めてもらうのを待つより、どしどし自分で自分を認めていくことが大切です。

「趣味に取り組めていること、楽しめていること、前進できていること」という、それ自体が素晴らしいのです。

言えば言うほど、気分が盛り上がります。

ますます趣味の時間が明るく楽しくなっていきます。

せっかく趣味を楽しむなら、明るい気持ちで楽しく、幸せにいきたいですね。

「いいね」は、趣味を盛り上げる魔法の言葉なのです。

とことん趣味を楽しむ方法(18)
  • 趣味を楽しみながら、自分に「いいね」と声をかけていく。
趣味を組み合わせると、時間あたりの密度が濃くなる。

とことん趣味を楽しむ30の方法

  1. これからは一生懸命趣味を楽しむ人が評価・尊敬される時代。
  2. 趣味で一番大切なこととは。
  3. 趣味を楽しむコツは「記録をつけること」にある。
  4. 趣味を楽しむコツは、完璧を求めないこと。
  5. 趣味にノルマは必要ない。
  6. 趣味に限界はない。
    趣味の点数は青天井。
  7. 身銭を切る行為は、趣味の質に転化する。
  8. 人と比較するから、趣味がつらくなる。
    過去の自分と比較すれば、趣味が楽しくなる。
  9. 趣味情報は、独り占めするのではなく、仲間とどんどん共有する。
  10. 自分の趣味のメリットをノートに書き出してみよう。
  11. 趣味のために会社を休むのは、特別なことではなく、普通のこと。
  12. 今すぐ趣味を楽しむ準備はできていますか。
  13. スマホの電源をオフにすると、没頭のスイッチがオンになる。
  14. 勝ち負けの結果は気にせず、プレイそのものを楽しもう。
  15. 趣味で使う道具は、丁寧に扱おう。
  16. 疲れているときは、癒やされる趣味を楽しもう。
    時間やお金がないなら、時間やお金がかからない趣味を楽しもう。
  17. 感謝は、趣味を豊かにするスパイス。
  18. 「いいね」は、趣味を盛り上げる魔法の言葉。
  19. 趣味を組み合わせると、時間あたりの密度が濃くなる。
  20. 興味のない誘い・行きたくない飲み会は、きっぱり断って趣味を楽しむのがいい。
  21. 予備知識がないと、楽しさが半減する。
    予備知識があれば、楽しさが倍増する。
  22. 自分の趣味のことを「くだらない趣味」と言ってはいけない。
  23. 先生やコーチに指導してもらうと、スムーズな上達を実現できる。
  24. 趣味仲間を作ってみると、新しい世界が開ける。
  25. 「高くて買えない」と思ったとき、どうするか。
  26. 天気や季節によって趣味を変えてみよう。
  27. 休日に遊ぶのはいいが、週明けに体調不良を起こさないよう注意する。
  28. ドタキャンをチャンスに変える人は、トラブルにも強くなる。
  29. 嫌なことがあったときは、趣味に没頭して忘れよう。
  30. ある程度のレベルに達したら、大会やコンクールにチャレンジしてみる。

同じカテゴリーの作品

1:42

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION