執筆者:水口貴博

美術鑑賞を楽しむ30の方法

15

まずお気に入りを1つ見つける。

まずお気に入りを1つ見つける。 | 美術鑑賞を楽しむ30の方法

あなたはある日、美術館へ訪れた。

たくさんの絵が飾られている。

数多くの作品があって、すべてを鑑賞するのに時間がかかりそう。

そんなとき、あなたはまずどうしますか。

ぼうっと絵を眺めますか。

それとも一つ一つの絵を丁寧に見ますか。

お気に入りの絵を1つ見つければいいのです。

美術鑑賞を楽しむためには、お気に入りを1つ見つけることが大切です。

すべてを丁寧にじっくり見ていくのもいいですが、時間も体力も必要です。

私たちの集中力には限りがあります。

途中で集中力が切れてしまう可能性もゼロではありません。

だからこそ、選択と集中です。

「これは素晴らしい! 私の好みにぴったり!」というお気に入りの絵を1つ見つけるだけでいいのです。

1つ見つければ、その絵を集中的に鑑賞します。

説明もしっかり読んで、誰の作品なのか、いつ制作された作品か、どのような内容なのかを楽しみます。

説明を読んで、一呼吸してから、もう一度絵を鑑賞します。

すると、お気に入りだった絵が、さらに素晴らしく見えてきて、ますます好きになれます。

これが味わい深くなる鑑賞です。

たくさんの絵が、すべてあなたの好みに合うわけではありません。

好みに合うものもあれば、そうでないものもあり、さまざまです。

1つでいいですから、自分の好みに合った作品を見つけて、集中的に鑑賞すればいいのです。

お気に入りの作品を1つ見つけて、しっかり鑑賞を楽しめば、それで十分です。

美術館での絵画鑑賞の時間が、より豊かになります。

1つのお気に入りを見つけることで、鑑賞の時間が濃くなるのです。

美術鑑賞を楽しむ方法(15)
  • まず、お気に入りを1つ見つける。
すべての作品をじっくり鑑賞しなくていい。
ぴんときたものだけ、時間をかけてじっくり鑑賞する。

美術鑑賞を楽しむ30の方法

  1. 美術館は、心を豊かにする場所。
    入館の前と後のあなたは、別人になっている。
  2. 美術鑑賞は「見たいな」と思う展覧会を見つけることから始まる。
  3. ネットでの美術鑑賞で満足してはいけない。
  4. 美術鑑賞を高尚なものだと考えない。
    肩の力を抜いて、気軽に楽しむことが大切。
  5. 展覧会に足を運ぶ際は、予習をしておこう。
  6. 美術館は、できるだけ平日の朝一に行くのが良い。
    夜間に開館しているなら、ナイトミュージアムもおすすめ。
  7. 美術館は、身軽な服装で行こう。
    靴はスニーカーがベスト。
  8. 劇場や美術館に入るときは、入り口に注目しよう。
    芸術鑑賞の時間は、劇場や美術館の入り口から始まっている。
  9. 音声ガイドを借りると、理解がすいすい進む。
    美術鑑賞がもっと楽しくなる。
  10. 美術鑑賞中は、マナーモードが基本。
    できれば機内モードがベスト。
  11. 鑑賞中の会話は認められている。
    ただし、大きな声での会話は控えるのがマナー。
  12. 撮影禁止の作品は撮影しない。
    作品ごとに一つ一つきちんと確認する。
  13. 美術品を見る時間より、解説パネルを見る時間のほうが長くなっていませんか。
  14. 美術鑑賞をするときの3つの基本ステップ。
  15. まずお気に入りを1つ見つける。
  16. すべての作品をじっくり鑑賞しなくていい。
    ぴんときたものだけ、時間をかけてじっくり鑑賞する。
  17. 至近距離で見るのはいいが、全体を見ることも忘れてはいけない。
  18. 作品リストを活用した、美術鑑賞の楽しみ方。
  19. 「家に飾るならどれにするか」という視点で鑑賞すると、面白い。
  20. 着席スペースがあれば、無理をせず座ろう。
    着座位置から鑑賞するのも面白い。
  21. 単眼鏡は、美術鑑賞をより深く味わうためのアイテム。
  22. 美術品を見るときは「制作年」もチェックしよう。
    昔の作品が美しく残っていることは感動に値する。
  23. なぜスタッフに質問しても、きちんと答えてもらえないことが多いのか。
  24. 気になる画家や作品が見つかったら、後から深く調べよう。
  25. 常設展にも足を運ぼう。
    美術館の「核」に当たる作品と出会える。
  26. ガイドツアーがあれば要チェック。
    入館料以上の楽しみを満喫できる。
  27. 「このエリアで一番気に入った作品はどれか」「本展のマイベスト3はどれか」という視点で鑑賞すると、面白い。
  28. 美術鑑賞の最後は、ミュージアムショップを楽しもう。
    気に入ったグッズがあれば、迷わず買うのが吉。
  29. 気に入った展覧会は、図録の購入がおすすめ。
    図録の3つのメリットとは。
  30. 何度も鑑賞するのも、粋な楽しみ方。

同じカテゴリーの作品

2:22

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION