人生の教科書



自分磨き

完璧主義を治す
30の方法

お気に入り2 読んだ
8

相手に完璧を求めなければ、
自分も完璧に苦しまなくて済む。

相手に完璧を求めなければ、自分も完璧に苦しまなくて済む。 | 完璧主義を治す30の方法

完璧主義者は、人に対しても完璧を求める傾向があります。

お金を払っているなら、完璧な商品・サービスを手に入れたいと思います。

外注費を支払って、仕事を依頼しているなら、完璧な結果を出してもらうのは当然と考えるでしょう。

自分にできるなら、相手にもできてほしい期待もあるのかもしれません。

あくまで相手に求めていることであり、自分には無関係に思えます。

 

しかし、ここが落とし穴です。

実は、相手に完璧を求めると、自分の完璧主義を悪化させてしまいます。

相手に完璧を求めるとき、心の中で「私も完璧でなければいけない」と考えています。

人に厳しくするなら、主義・主張に矛盾がないよう、自分も厳しくなくてはなりません。

人に完璧を求めることは、自分にも完璧を求めているのと同じことになります。

相手に「絶対間違えるな」と言うとき、自分にも「絶対間違えるな」と言っているのと同じになります。

相手に「完璧にしてください」と言うとき、自分にも「完璧にしなさい」と言っているのと同じになります。

相手に与えたストレスやプレッシャーが、自分に跳ね返ってくることになる。

自分で自分の首を絞めることになる。

どんどん自分を追い込んでしまい、生きるのがつらくなります。

さらには人付き合いの摩擦が生じて、人間関係まで悪くなってしまう二重の苦しみです。

相手に完璧を求めるのは、自分のストレスが増えるだけでなく、人間関係にも悪影響なのです。

完璧主義を治したいなら、相手に完璧を求めるのはやめたほうがいいでしょう。

「少しくらい間違ってもいい。遅れてもいい。不備があってもいい」と考える。

限度を超えたものでなければ、多少のミスもよしと考えます。

うっかりということもあれば、勘違いということもあるでしょう。

ミスの許容範囲を広げておくほうが、自分にも優しくなれます。

相手に「完璧でなくてもよい」と言うことは、自分に対しても「完璧でなくてもよい」と言っているのと同じになります。

ストレスやプレッシャーが軽くなり、気持ちが楽になります。

まとめ

完璧主義を治す方法 その8
  • 相手に完璧を求めるのはやめる。
「白か黒か」「0か100か」という極端な考え方をやめる。

もくじ
(完璧主義を治す30の方法)

同じカテゴリーの作品