夫が心がけたい夫婦円満の
30の心得

27
8

夫婦生活では、
二者択一ではなく、
グレーということもある。
曖昧な答えは、
実ははっきりした答えだった。

夫婦生活では、二者択一ではなく、グレーということもある。曖昧な答えは、実ははっきりした答えだった。 | 夫が心がけたい夫婦円満の30の心得

夫婦の関係が悪化する際に、よく見られるのが「考え方の違い」です。

頭の固い人は「二者択一の選択」を好みます。

Aなのか、Bなのか。

白なのか、黒なのか。

できるのか、できないのか。

そういうはっきりした答えを求めたがります。

数学のように、はっきりした答えが出ることを好む人がいるのもたしかです。

そういう考え方が悪いと言っているのではありません。

そういう考え方を、相手に押し付けるのがよくありません。

自分が二者択一で物事を考える性格だから、相手にも二者択一で物事を考えるような注文を押し付けようとします。

もし、夫がはっきりした考えの性格で、妻が曖昧な答えを求める性格の場合なら、お互いの考え方ですれ違います。

はっきり物事を考える性格は「はっきりしているほうが楽だから」と言います。

矛盾しているようですが、二者択一で考えるのは楽である一方、ストレスにもなります。

夫婦生活には、はっきりした答えが出せないことがあります。

白でもない、黒でもない、灰色の答えです。

夫は、妻の誕生日にほしいプレゼントを尋ねます。

「何色の服が好きか?」と尋ねたとき「気分によって使い分けている」と曖昧な答えが返ってくることがあるでしょう。

「今日の調子はどう」と言えば「いいと言えばいいし、悪いと言えば悪い」という曖昧な返事をすることもあるでしょう。

はっきりした答えを求める人の場合、この返事にいらいらを感じてしまいます。

しかし、ちょっと待ってください。

実は大きな誤解を抱いています。

曖昧な表現でも、実ははっきり答えています。

「何色の服が好きか?」と尋ねたとき「気分によって使い分けている」というのは、曖昧な答えではなく、事実そうです。

色は気分によって使い分けているというはっきりした答えを言っています。

「今日の調子はどう」と尋ねたときです。

「いいと言えばいいし、悪いと言えば悪い」という曖昧な返事でも、その人なりに、はっきり答えています。

それはつまり「自分でもよくわからない」ということです。

自分でもわからないことは、誰にでもあるはずです。

曖昧な表現だからとはいえ、考え方も曖昧ではありません。

実のところ、素直でストレートに表現している。

曖昧に思えますが、曖昧ではありません。

「はっきり言ってくれ!」

曖昧な表現を使って、はっきり答えています。

それに気づいてほしい。

お互いに、もやもやした気持ちを残すことがなくなります。

曖昧な表現から、はっきりした答えを感じ取りましょう。

これは練習です。

夫が心がけたい夫婦円満の心得(27)
  • 白でもない、黒でもない、グレーを受け入れるようになる。
男性は低いところを好む。
女性は高いところを好む。

夫が心がけたい夫婦円満の30の心得
夫が心がけたい夫婦円満の30の心得

  1. 会社を出たタイミングで、家で待つ妻に電話をすればいい。
    会社を出たタイミングで、家で待つ妻に電話をすればいい。
  2. 高級なプレゼントで、本気の気持ちを伝えることができる。
    高級なプレゼントで、本気の気持ちを伝えることができる。
  3. 夫婦関係は、夫は独裁的にならないように気をつける。
    夫婦関係は、夫は独裁的にならないように気をつける。
  4. すぐ謝ると、逆に相手を怒らせてしまう?
    すぐ謝ると、逆に相手を怒らせてしまう?
  5. 喧嘩の火は、小さければ小さいほど消しやすい。
    喧嘩の火は、小さければ小さいほど消しやすい。
  6. 会社を出たら、仕事のことは忘れる。
    会社を出たら、仕事のことは忘れる。
  7. 「いただきます」と「ごちそうさま」は、立派な褒め言葉だった。
    「いただきます」と「ごちそうさま」は、立派な褒め言葉だった。
  8. 妻の食事を褒めるほど、料理の腕も味も向上する。
    妻の食事を褒めるほど、料理の腕も味も向上する。
  9. 食事を褒めながらコメントを残すと、より夫の舌に特化した味に近づく。
    食事を褒めながらコメントを残すと、より夫の舌に特化した味に近づく。
  10. 衝突はいいが、絶対に暴力だけはいけない。
    衝突はいいが、絶対に暴力だけはいけない。
  11. 夫としてヒーローになれるかどうかは「力の使い方」が鍵を握る。
    夫としてヒーローになれるかどうかは「力の使い方」が鍵を握る。
  12. お風呂を一緒に入る夫婦に、仲の悪いカップルはいない。
    お風呂を一緒に入る夫婦に、仲の悪いカップルはいない。
  13. どんなに感情的になっても、絶対に言ってはいけない禁句が1つだけある。
    どんなに感情的になっても、絶対に言ってはいけない禁句が1つだけある。
  14. 家族の写真は、やる気と元気の源になる。
    家族の写真は、やる気と元気の源になる。
  15. 妻のご両親を褒めるには、妻を褒めるだけでいい。
    妻のご両親を褒めるには、妻を褒めるだけでいい。
  16. 妻を大事にするからこそ、仕事も安定する。
    妻を大事にするからこそ、仕事も安定する。
  17. 妻が何度も同じ話をするのは、強調しているというサイン。
    妻が何度も同じ話をするのは、強調しているというサイン。
  18. 夫と妻とでは、仕事の「種類」や「立場」が異なるだけで、大変さに大きな差はない。
    夫と妻とでは、仕事の「種類」や「立場」が異なるだけで、大変さに大きな差はない。
  19. もしかしたら、夫より妻のほうが大変かもしれない。
    もしかしたら、夫より妻のほうが大変かもしれない。
  20. 「手伝って」より「手伝わせて」で、夫婦関係はうまくいく。
    「手伝って」より「手伝わせて」で、夫婦関係はうまくいく。
  21. 男が偉そうにする時代は、とっくに終わっている。
    男が偉そうにする時代は、とっくに終わっている。
  22. 無意識のうちに、自分の母親と妻とを比べていませんか。
    無意識のうちに、自分の母親と妻とを比べていませんか。
  23. 夫は嘘をついても、勘の鋭い妻は、すぐ見抜く。
    夫は嘘をついても、勘の鋭い妻は、すぐ見抜く。
  24. マザーコンプレックスから、早く卒業せよ!
    マザーコンプレックスから、早く卒業せよ!
  25. 夫婦関係は、量より質を重視しよう。
    夫婦関係は、量より質を重視しよう。
  26. 理想の妻を求める前に、理想の夫から演じること。
    理想の妻を求める前に、理想の夫から演じること。
  27. 夫婦生活では、二者択一ではなく、グレーということもある。<br>曖昧な答えは、実ははっきりした答えだった。
    夫婦生活では、二者択一ではなく、グレーということもある。
    曖昧な答えは、実ははっきりした答えだった。
  28. 男性は低いところを好む。<br>女性は高いところを好む。
    男性は低いところを好む。
    女性は高いところを好む。
  29. 夫が見落としがちな、妻が喜ぶプレゼント。
    夫が見落としがちな、妻が喜ぶプレゼント。
  30. 責任感の強い夫ほど、控えがちな有給休暇をきちんと消化する。
    責任感の強い夫ほど、控えがちな有給休暇をきちんと消化する。

同じカテゴリーの作品

3:43
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION