人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
同棲では、小遣い制を導入すべきか。
夫婦関係
夫も妻も、お小遣いは多めのほうが、夫婦関係がうまくいく。
子育て
お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。
生き方
もっとお小遣いが欲しいときの正攻法。

同棲のお生活費える
30ポイント

お気に入り0 読んだ
17

小遣導入するなら、
自分ルールけないこと

棲における小遣い制を導入は、任意です。

同棲中、2人の財布を1つにするのが悪いわけではありません。

同棲では財布を別々にしておくのが基本ですが、2人の希望によっては、財布を1つにするのもありでしょう。

小遣い制には「無駄遣いが減る」「使途不明金がなくなる」「お金が貯まりやすくなる」という3つのメリットがあります。

生活費の無駄を省き、節約を徹底したいなら、小遣い制は役立ちます。

もともと浪費癖のある人なら、小遣い制を導入によって無駄遣いを減らせます。

 

ただし、小遣い制を導入するなら注意点があります。

自分のルールや考え方を押し付けないように注意してください。

「自分のほうが正しい」「」と思っても、強引に押し付けるのは不適切です。

一方的に金額や渡し方を決めるのは、トラブルに発展します。

小遣い制で節約や貯金ができても、喧嘩別れになっては意味がありません。

2人の事情ですから、きちんと2人で話し合った上で決めるようにしましょう。

2人が納得した上で始めるなら、小遣い制は、節約を促す強力な制度になるでしょう。

また、小遣い制を始めてから不都合が出てくれば、途中でルール変更もありです。

もともと小遣い制は、ストレスが伴いやすい特徴があります。

初めて導入する制度なら、不慣れな点や想定外のトラブルもあるでしょう。

柔軟にルールを変えていくことで、2人にとってよりよい制度へと築いていけます。

小遣い制を導入した結果、限界を感じたなら、もちろん途中でやめる選択肢もありです。

同棲のお金と生活費を考えるポイント その17

  • 小遣導入するなら、
    自分ルールけないように注意する
同棲中の生活費に「予備費」を作っておこう。

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品