同棲

同棲前に準備しておきたい
30のこと

  • 同棲の準備は5つある。
    意識合わせ、
    貯金、
    ご両親への挨拶、
    部屋探し、
    引っ越し。
同棲前に準備しておきたい30のこと

もくじ
  1. 同棲の準備は5つある。
    意識合わせ、貯金、ご両親への挨拶、部屋探し、引っ越し。

    同棲には、どんな準備が必要でしょうか。
    「同棲」と一言で言っても、それを実現させるにはいくつか準備が必要です。
    同棲の準備は、大きく分けて5つあります。

  2. 同棲の準備はいつから始めたほうがいいのか。

    同棲には多くの準備が必要です。
    意識合わせ・貯金・ご両親への挨拶・部屋探し・引っ越しなどです。
    失敗を防ぐため、同棲に必要な心構えも知識・教養として学ぶ必要があるでしょう。

  3. 同棲に誘うときのキーワードは「将来」。

    同棲の話は、どちらか一方が切り出すことになります。
    相手から誘われる場合もあれば、自分から誘う場合もあるでしょう。
    問題なのは、自分から誘う場合です。

  4. 覚悟と責任感のない同棲は、子供のままごとと同じ。

    同棲をするときに大切な意識が2つあります。
    覚悟と責任感です。
    だらだらした中途半端な気持ちで同棲を始めても、残念ながらうまくいかないでしょう。

  5. 同棲の経験者から、話を聞いておく。

    同棲をするなら、まず情報収集です。
    あなたの身近に同棲経験者はいませんか。
    友達に同棲経験者がいれば、実体験の生々しい話をしっかり聞いておきましょう。

  6. 同棲の本当のシミュレーションとは、結婚までの道筋を描くこと。

    同棲を始めるなら、同棲のシミュレーションをしておきましょう。
     
    さて、あなたが同棲のシミュレーションをするなら、どんな場面を想像しますか。

  7. 同棲するときに間違えてはいけない、3つの順番。

    同棲の成功には、正しい順番が大切です。
    順番は大切です。
    行為・行動は同じでも、行う順番を間違えると、うまくいくこともいかなくなります。

  8. 親に同棲を報告するとき「同棲」という言葉は使わない。

    同棲するなら、前もって親に報告が必要です。
    親に黙って同棲するのはよくありません。
    もちろん一定の年齢に達していれば、親に報告せず同棲できる場合もありますが、一言でも報告しておくのが礼儀です。

  9. 親に同棲を反対されたとき、どう対処するか。
    説得で心がけたい3つのポイント。

    同棲するなら、前もって親に相談が必要です。
    同棲の話を持ち出したとき、賛成する親もいれば、反対する親もいます。
    賛成した場合はいいのですが、問題は反対されたときです。

  10. 反対するご両親を説得する切り札は「条件」。

    親が同棲に反対するなら、説得です。
    ご両親の反対を無視して同棲するのはよくありません。
    親からのサポートが得られにくくなるばかりか、同棲や結婚の妨げになる可能性もあります。

  11. ご両親への挨拶ができれば、同棲は半分成功したようなもの。

    同棲を始めるなら、前もってご両親に挨拶をするのがいいでしょう。
    絶対必要なルールではありませんが、事情がないかぎり心がけたいマナーです。
    男性だけでなく女性も、相手のご両親に会って、きちんと挨拶を行うといいでしょう。

  12. 必需品リストを作ろう。

    同棲の準備として、生活必需品をリストアップしておきましょう。
    名付けて「必需品リスト」です。
    「同棲に必要なすべての生活用品」ではなく「最初に揃えるべき生活用品」で十分です。

  13. 同棲の初期費用は3種類ある。
    「賃貸契約の費用」「家財道具の費用」「引っ越しの費用」。

    同棲には、初期費用が必要です。
    初期費用の規模はカップルごとによって幅が大きいため、一概には言えません。
    また初期費用の内訳も、カップルによってずいぶん違います。

  14. 生活費の試算と比較は、必要不可欠。

    同棲を始める前に、必ずしておきたいことがあります。
    「生活費の試算と比較」です。
    同棲のメリットの1つとして「生活費の軽減」があります。

  15. 同棲するなら、ワンルームの物件には要注意。

    同棲が成功するかどうかは、部屋を探す段階ですでに影響しています。
    たとえ2人の相性がよくても、部屋の選び方を誤ると、うまくいかなくなるケースがあります。
    同棲で物件を探すときは、できるだけそれぞれの個室がある部屋を探しましょう。

  16. 古い賃貸物件で家賃を抑え、内装やインテリアできれいにする。

    生活費の中で最も大きな割合を占めるのは、家賃でしょう。
    家賃は最重要です。
    同棲ではお金のやりくりをしますが、家賃次第で生活の苦しさも変わります。

  17. 同棲前には、ある程度の生活費を準備しておくこと。

    同棲をするなら、ある程度の生活費を準備しておきましょう。
    一緒に生活していく上で、お金は無視できないポイントです。
    同棲を始めたら、待ち受けているのは、夢ではなく現実です。

  18. お金の話ができないカップルは、長く続かない。

    「生活費の相談をしたいのに、相手が嫌がる」
    「お金の話を始めたとたん、相手の機嫌が悪くなる」
    「折半の話を持ち出すと、その場から逃げ出そうとする」

  19. 節約するなら、新品にこだわらないのが一番。
    新品にこだわらないだけで、購入費用は大幅に下がる。

    節約するなら、新品にこだわらないのが一番です。
    新品にこだわらないだけで、大幅に購入費用が下がります。
    同棲を始める際、足りない家具や家電は新しく購入することになるでしょう。

  20. 冷蔵庫と洗濯機を買うなら、ファミリータイプがおすすめ。

    同棲を機に冷蔵庫や洗濯機を買うことがあるでしょう。
    一人暮らしなら小型タイプで十分ですが、同棲は2人の生活になるため、食事や洗濯物の量も2倍になります。
    一人暮らしで使っていた冷蔵庫や洗濯機では大きさが足りないため、新しく購入する人もいるのではないでしょうか。

  21. もらえるものは、もらっておく。
    借りられるものは、借りておく。

    同棲を始めると、足りないものが出てくることがあります。
    家具や家電が足りないこともあれば、備品や料理器具が足りないこともあるでしょう。
    2人で新生活を始めると、可能性が広がったおかげで、新しいものが必要になる場合があります。

  22. 必要になるか分からないものは、ひとまず購入を後回しにするのが得策。

    同棲を始めるとき、足りない家電や家具を買い揃えます。
    明らかに必要なものなら、買い物に迷いません。
     

  23. 同棲は、結婚の予行演習。
    旅行やお泊まりは、同棲の予行演習。

    同棲の準備の一環として、事前に経験しておきたいことが2つあります。
    「旅行」と「お泊まり」です。
    それぞれ娯楽のイメージがあるかもしれませんが、同棲の準備になる大切な経験です。

  24. 「何でもいい」「どこでもいい」「どちらでもいい」という口癖は、相手を不機嫌にさせる一言。

    同棲中は、小さな一言で喧嘩になります。
    次の一言に心当たりはありませんか。
    ・「何でもいい」

  25. 収集癖のある人が同棲するなら、納得できる説明の準備が必要不可欠。

    人によっては、収集癖を持つ人もいるでしょう。
    趣味で切手を集めていたり、人気キャラクターの人形を集めていたりです。
    もしあなたに収集癖があるなら、前もって納得できる説明を考えておきましょう。

  26. 家事能力を高めるなら、同棲前がチャンス。

    同棲の準備の1つとして、今のうちに家事能力を高めておきましょう。
    同棲を始めたら、役割分担を通して、2人で家事を手分けすることになります。
    家事ができない人も、逃げるわけにはいきません。

  27. メンタルを鍛えておくことも、同棲の準備の1つ。

    同棲の準備の1つとして、メンタルを鍛えておきましょう。
    同棲を始めたら、強いメンタルが必要です。
    2人が生まれ育った環境は違います。

  28. 喧嘩と仲直りも、同棲の予行演習の一環。

    パートナーと、喧嘩と仲直りをしたことはありますか。
    一度も喧嘩をしたことがないまま、同棲を始めるのは理想的に思えますが、注意が必要です。
    喧嘩をしたとき、相手がどんな行動に出るのか分かりません。

  29. 同棲直前の喧嘩には要注意。

    同棲直前の喧嘩には注意しましょう。
    同棲の「前」ならまだいいですが「直前」には注意したい。
    もちろん喧嘩が絶対悪いわけではありません。

  30. 同棲の準備も思い出になる。

    「準備は大変」
    「準備なんてしたくない」
    「面倒で逃げ出したい」

同じカテゴリーの作品