人生の教科書



読み上げ動画・音声
子育て
お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。
生き方
もっとお小遣いが欲しいときの正攻法。
生き方
20代は、いかに親がすごいのか、あらためて知る時期。
同棲
同棲するなら、ワンルームの物件には要注意。

同棲のお生活費える
30ポイント

お気に入り0 読んだ
16

同棲では、
小遣導入すべきか

  • 棲では、小遣い制を導入したほうがいいのだろうか」

同棲を始めたら、小遣い制の導入に迷うカップルも多いのではないでしょうか。

小遣い制とは、生活費とは別に、相手が自由に使えるお金を渡す制度です。

与えられた金額の範囲なら、買い物や娯楽など、自分の好きな使い方できます。

小遣い制には、3つメリットがあります。

  1. 無駄遣いが減る
  1. 使途不明金がなくなる
  1. お金が貯まりやすくなる

生活費の無駄を省き、節約を徹底したいなら、小遣い制は役立ちます。

小遣い制は、多くの家庭が導入している家計管理の方法です。

同棲を始めれば、結婚の準備として、小遣い制の導入を検討するカップルも多いのではないでしょうか。

同棲の小遣い制について、まず知っておきたい考え方があります。

小遣い制の導入は、あくまで自由

まず基本的な考え方として、小遣い制の導入は必須ではありません。

小遣い制を導入するなら、前提として財布を1つにする必要があります。

あくまで同棲の段階です。

まだ結婚しているわけではないため、共通の財布は作っておくと便利ですが、無理やり財布を1つにする必要はありません。

そのため、小遣い制を導入の賛否に正解はなく、カップルによって異なります。

小遣い制の導入に迷ったら、財布は別々にしておくのが無難です。

財布は別々にしておくほうが、自由の範囲が広がるため、何かと便利です。

たとえ夫婦になったとしても、小遣い制を導入しなければいけないルールはありません。

実際のところ、小遣い制を導入していない夫婦もたくさんあります。

小遣い制を導入しなくても、金銭感覚の優れた夫婦なら節約は十分可能です。

小遣い制は、あくまで1つの案なので、よく話し合った上で導入すべきか決めるといいでしょう。

同棲のお金と生活費を考えるポイント その16

  • 小遣導入は、
    よくっためる
小遣い制を導入するなら、自分のルールや考え方を押し付けないこと。

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品