同棲

同棲のお金と生活費を考える
30のポイント

お気に入り0 読んだ
8

同棲の生活費は、
固定費と変動費に分けて考える。

同棲の生活費は、固定費と変動費に分けて考える。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

生活費には、大きく分けて2つあります。

 

「固定費」と「変動費」です。

 

生活費を考えるなら、まず固定費と変動費に分けるのがポイントです。

固定費とは、使用量の増減に関係なく一定額を要する費用です。

変動費とは、使用量の増減に比例して変化する費用です。

同棲の生活費を固定費と変動費に分けて考えた場合、以下のようになります。

固定費も変動費も節約が可能な費用ですが、性質が違います。

固定費は、手続きに手間暇はかかりますが、一度完了すれば、その後は努力しなくても継続的な節約が可能です。

 

たとえば、保険やインターネットを安いタイプに変更すれば、その後はストレスなく、毎月の発生費用を抑えられます。

つまり「いつの間にか節約できている」という状態にできるのです。

 

一方、変動費を節約したいなら、継続的な努力が必要です。

 

たとえば、食費・水道代・電気代を下げたいなら、毎日のこつこつした努力が欠かせません。

毎日スーパーの特売を確認したり、小まめに蛇口を閉めたり、電気を消したりなどです。

努力次第で節約できますが、手間暇を要するため、ストレスを感じやすいのです。

そのため、節約として取り組むなら、まず固定費です。

固定費の最適化が完了すれば、次に変動費に着手するのがいいでしょう。

生活費を固定費・変動費の両面から見ることで、お金に対する見方が深まります。

まとめ

同棲のお金と生活費を考えるポイント その8
  • 生活費を固定費と変動費に分けて考えてみる。
  • 節約として取り組むなら、最初に固定費、次に変動費にする。
同棲の生活費は、食費によって大きく変わる。

もくじ
同棲のお金と生活費を考える30のポイント
同棲の生活費は、固定費と変動費に分けて考える。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

  1. 同棲生活は、節約生活。
  2. 家賃は固定費。
    本当に払える家賃なのか、契約前にしっかり考える。
  3. 同棲で一番大切なルールは、お金。
  4. お金の価値観は、必須の確認事項。
  5. 共通の財布を作って、お金の管理に役立てる。
  6. 家事や生活費は、男性が多めに負担しておくとよい。
  7. 家計簿は、節約の第一歩。
  8. 同棲の生活費は、固定費と変動費に分けて考える。
  9. 同棲の生活費は、食費によって大きく変わる。
  10. 食費を節約する3大ポイント。
  11. 収入別に生活費の内訳を考える、5つのシミュレーション。
  12. デート代は、共通の財布から出すのがよい。
  13. 共通の財布からプレゼント代を出すのは、マナー違反。
  14. 2人で公共料金を確認して、節約意識・金銭感覚を向上させよう。
  15. 同棲相手の浪費癖を治す、6つの取り組み。
  16. 同棲では、小遣い制を導入すべきか。
  17. 小遣い制を導入するなら、自分のルールや考え方を押し付けないこと。
  18. 同棲中の生活費に「予備費」を作っておこう。
  19. 節約をゲームとして受け入れると、楽しみは倍増して、苦しみは半減する。
  20. 雑誌に載っている同棲カップルを追いかけると、生活費はかさむ一方。
  21. 奨学金による学費返済があるなら、毎月の固定費として考えておく。
  22. お金に関して、パートナーに甘えすぎない。
  23. 貯金は、目標額を設定したほうが、貯まりやすくなる。
  24. 同棲の基本は共働き。
    子供がいない今のうちに、しっかり貯金を貯めておこう。
  25. 2人で貯めたお金は、引き出しにくい状況にしておこう。
  26. 浪費を減らし、投資を増やすと、幸せな同棲と結婚につながる。
  27. 同棲の生活費が足りない場合、どう補うか。
  28. 節約にも限度がある。
    本当に必要なことには、きちんとお金を使おう。
  29. パートナーが失業して無職になったとき、生活費をどうするか。
  30. パートナーが失業して無職になっても、無条件で生活費を出さない。

同じカテゴリーの作品