人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
奨学金による学費返済があるなら、毎月の固定費として考えておく。
同棲
家賃は固定費。
本当に払える家賃なのか、契約前にしっかり考える。
同棲
同棲の生活費は、食費によって大きく変わる。
同棲
食費を節約する3大ポイント。

同棲のお生活費える
30ポイント

お気に入り0 読んだ
8

同棲生活費は、
固定費変動費けてえる

活費には、大きく分けて2つあります。

 

「固定費」と「変動費」です。

 

生活費を考えるなら、まず固定費と変動費に分けるのがポイントです。

固定費とは、使用量の増減に関係なく一定額を要する費用です。

変動費とは、使用量の増減に比例して変化する費用です。

同棲の生活費を固定費と変動費に分けて考えた場合、以下のようになります。

固定費も変動費も節約が可能な費用ですが、性質が違います。

固定費は、手続きに手間暇はかかりますが、一度完了すれば、その後は努力しなくても継続的な節約が可能です。

 

たとえば、保険やインターネットを安いタイプに変更すれば、その後はストレスなく、毎月の発生費用を抑えられます。

つまり「いつの間にか節約できている」という状態にできるのです。

 

一方、変動費を節約したいなら、継続的な努力が必要です。

 

たとえば、食費・水道代・電気代を下げたいなら、毎日のこつこつした努力が欠かせません。

毎日スーパーの特売を確認したり、小まめに蛇口を閉めたり、電気を消したりなどです。

努力次第で節約できますが、手間暇を要するため、ストレスを感じやすいのです。

そのため、節約として取り組むなら、まず固定費です。

固定費の最適化が完了すれば、次に変動費に着手するのがいいでしょう。

生活費を固定費・変動費の両面から見ることで、お金に対する見方が深まります。

同棲のお金と生活費を考えるポイント その8

  • 生活費固定費変動費けてえてみる
    節約としてむなら、
    最初固定費
    変動費にする
同棲の生活費は、食費によって大きく変わる。

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品