人生の教科書



同棲
同棲中でも、たまには外でデートをしたい。
デート
「デート」を「出かける」に言い換えると、誘い出しやすくなる。
夫婦関係
「デート」は、昔にタイムスリップできるキーワード。
同棲
お金に関して、パートナーに甘えすぎない。
同棲

同棲のお金と生活費を考える
30のポイント

お気に入り0 読んだ
12

デート代は、
共通の財布から出すのがよい。

デート代は、共通の財布から出すのがよい。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

同棲を始めたら、デート代の出し方について考えましょう。

今までと同じでいいだろうと思いますが、同棲を始めたら、捻出の仕方を変えたほうがいいかもしれません。

別々に暮らしていたころのデートでは、おごったりおごられたりする関係が多いでしょう。

「今日はおごりだよ」と言われて嬉しくない人はいません。

「デート代は彼氏が負担して当然」と考える女性もいるでしょう。

「たまには彼女におごってもらいたい」と考える男性もいるでしょう。

おごったりおごられたりする関係を通して、愛情や思いやりを感じます。

2人の年齢や収入に差があるなら、おごりの習慣が日常になっていることもあるはずです。

もちろん自腹でデート代を出すのもいいですが、同棲を始めたら、デート代の出し方を変えてはいかがでしょうか。

同棲は、結婚に向かって進み始めている段階です。

まだ夫婦でなくとも「半夫婦状態」と言っていいでしょう。

相手がおごってくれても、結婚して生計が一になれば、最終的に自分に影響します。

そのため、デート代の出し方を変えてみるのも1つの選択肢になるでしょう。

おすすめなのは、デート代を共通の財布から捻出する方法です。

最初に共通の財布を作っておき、デートの食事代やチケット代は、そこから出すようにします。

これなら、デート代の負担が一方に偏ることがなくなります。

デートでけちることがあっても「あくまで未来につながる節約」という実感が湧くでしょう。

デートを通して2人で痛みを分かち合えば、2人の金銭感覚を磨くことにもつながります。

最初に共通の財布を作っておき、デート代は、そこから出すのが得策です。

2人で旅行をするときも、共通の財布から支出するといいでしょう。

まとめ

同棲のお金と生活費を考えるポイント その12
  • 共通の財布からデート代を出す。
共通の財布からプレゼント代を出すのは、マナー違反。

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品