読み上げ動画・音声
同棲
パートナーが失業して無職になったとき、生活費をどうするか。
同棲
お金に関して、パートナーに甘えすぎない。
夫婦関係
結婚生活は、制限が多くてつらい。
同棲
パートナーを苦労させるような発言は控える。

同棲のお生活費える
30ポイント

お気に入り0 読んだ
その30

パートナー失業して無職になっても、
無条件生活費さない

パートナーが失業して無職になっても、無条件で生活費を出さない。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

棲中、パートナーが失業して無職になったとき、どうするか。

基本的にパートナーが職を失っても、生活費の折半は続けたほうがいいでしょう。

最初に生活費の折半を約束したなら、ルールにしたがって折半を続けるのがベストです。

ただし、パートナーの貯金が厳しい状況もあります。

一時的に生活費の折半は取りやめ、仕方なく自分がパートナーの分まで生活費を出すこともあるでしょう。

安易に生活費を出しそうになりますが、ここが注意ポイントです。

パートナーに投資をすれば、再就職もスムーズになるはずですが、現実では思うようにいかないことがあります。

働かなくても生活が続けられるのは、さぞ楽な環境でしょう。

全額負担を続けると、パートナーは気持ちに緩みが生じるかもしれません。

生ぬるい環境に甘えてしまい、再就職への意欲を失う可能性があります。

パートナーを信じて生活費を出すのはいいですが、甘えさせるのは本人のためになりません。

パートナーを助けるつもりが、かえって惰性に導いてしまうことがあります。

経済的な負担が偏れば、2人の人間関係まで悪くなるでしょう。

最終的に2人とも貯金がなくなって破局までしてしまえば、最悪の状況です。

こうした事態を避けるため、あなたがパートナーの分まで生活費を負担するなら、心がけておきたい工夫があります。

失業したパートナーの分までお金を出すなら「期限付き」という条件を加えておきましょう。

  • 「こちらの貯金にも限界がある。今は仕方ないから代わりにお金を出すけど、○○月までが期限です」

少し厳しいようですが、自分のためだけでなく、パートナーのためでもあります。

期限付きは、2人の将来を決める条件と言っても過言ではありません。

期限付きと分かれば、将来への危機感と緊張感を保てるので、再就職への意欲を保ちやすくなります。

今後の2人の成り行きにも関係することですから、心を鬼にして、期限付きにしておくのがよいでしょう。

再就職は、景気や時代に影響されることでもありますが、本当に必要なのは、本人の意思と行動力です。

どんなに景気や時代が悪くても、本気で働きたい気持ちがあれば、就職先はあります。

本気で本人の再就職を応援したいなら、期限付きにしておくのが得策です。

同棲のお金と生活費を考えるポイント その30

  • 失業中パートナー生活費すなら
    「期限付にしておく

次の記事

まとめ

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品