人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
力仕事は、積極的に男性が名乗り出る。
ファッション
最低限の筋力は、男に必要だ。
ファッション
かっこいい男性は、ネクタイに力を入れる。
同棲
学生と社会人の同棲で心がけたい3つのポイント。
人付き合い
男性とうまく付き合う基本は、とにかくおだてること。
同棲
彼女の生理痛を理解する、シンプルな方法。

同棲のお生活費える
30ポイント

お気に入り0 読んだ
6

家事生活費は、
男性めに負担しておくとよい

棲の家事や生活費は、2人で負担するのが基本です。

普通に考えると、家事も生活費も2分の1で分けるのが公平と思われるでしょう。

 

たしかに数字上は公平ですが、現実上も公平かというと、疑問が残ります。

注目したいのは「現実上の公平」です。

男女を比較したとき、体力や経済力に差が見受けられます。

生物学的に、女性より男性のほうが体格は大きく、体力もあります。

社会的に見ても、男性のほうが高い経済力を持っている場合が目立ちます。

カップルによっては、収入格差が2倍以上という場合もあるはずです。

体力や経済力に差があるにもかかわらず、家事や生活費の分担が2分の1では、女性にとって不公平でしょう。

不公平が強いと、精神的なストレスも増え、体調不良につながることもあります。

したがって家事や生活費は、男性が多めに負担しておくとよいでしょう。

負担割合は、現状を考慮しながら2人で話し合って決めます。

大切にしたいのは「数字上の公平」より「現実上の公平」です。

男女の負担割合が「6対4」「7対3」「8対3」に偏っていても、現状を正しく反映しているなら公平と言えます。

女性の負担が軽くなれば、ストレスも減り、同棲も長続きします。

男性にとっても、男らしさや頼りがいをアピールしやすくなるでしょう。

同棲では助け合いの精神が大切です。

完全に同じでなくとも、できるだけ同じにしておくようにするのが、同棲の成功と円満のコツです。

 

ただし、例外もあります。

カップルによっては、経済力が男女で逆転していることもあるでしょう。

女性のほうが男性より高い収入なら、当然ですが、女性の負担割合を増やしておくのがいいでしょう。

同棲のお金と生活費を考えるポイント その6

  • 家事生活費は、
    しだけ男性負担する

同じカテゴリーの作品