読み上げ動画・音声
同棲
お金の価値観は、必須の確認事項。
同棲
不明点に悩んだら、すぐ問い合わせる。
就職活動
採点大会として批評し合えば、ゲーム感覚になる。
恋愛トラブル
過失による補償制度があるか。

同棲のお生活費える
30ポイント

お気に入り0 読んだ
その14

2人公共料金確認して、
節約意識金銭感覚向上させよう

2人で公共料金を確認して、節約意識・金銭感覚を向上させよう。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

棲中は、きちんと公共料金を確認しましょう。

たとえば、電気代・水道代・ガス代です。

公共料金の金額について、あまり気にしていない人も多いのではないでしょうか。

もちろんきちんと請求金額を支払っていれば、いちいち確認しなくても問題ありません。

口座振替やクレジットカードによる決済なら、ほとんど意識することなく、支払いが完了しているはずです。

しかし、大切なのはそこではありません。

注目したいのは「毎月変わる公共料金の確認は、使用量を振り返る機会になる」という点です。

毎月自宅に送られてくる明細書は、いわば通知表です。

請求金額が小さいなら「節約の結果が出た」「頑張って節約したかいがあった」と嬉しくなるでしょう。

請求金額が大きいなら「使いすぎたかな」「もう少し節約を頑張ろう」と反省を促せるでしょう。

たとえ請求金額が同じであっても「十分努力ができなかったな」と気持ちを引き締められるはずです。

公共料金の金額は、生活のあり方を振り返る機会になります。

つまり、2人で公共料金を確認することで、節約意識・金銭感覚を向上させるメリットがあるのです。

自動で口座から引き落とされる場合でも、通帳や明細書を見て、きちんと金額を確認しておきましょう。

自分だけ確認するのではなく、きちんと2人で確認するのがポイントです。

2人で喜んだり反省できたりする機会にもなります。

万一、使途不明金や不正使用があった場合、発見が早くなるメリットもあります。

金額は小さくても、意味の伴った数字です。

2人で公共料金を確認すれば、節約意識・金銭感覚を向上させていけます。

同棲のお金と生活費を考えるポイント その14

  • 2人公共料金確認して、
    節約意識金銭感覚向上させていく

次の記事

同棲相手の浪費癖を治す、6つの取り組み。

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品